FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【ご挨拶】SM雪風流へようこそ
2030/12/31(Tue)
★最新記事は、この次に掲載されています!

【お断り】
 当サイトはアダルトコンテンツであり、ことにSM、SEXなどを含む成人向けの内容を公開しています。
 18歳未満(含:高校生)の方やSM、SEX、不倫などに嫌悪感をお持ちの方の閲覧はご遠慮下さい。

【ご挨拶】
 【SM雪風流】は、私の思うソフトSMの異次元世界を、空想小説にして書き綴っています。
 実際はあり得ない人、環境なども登場しますが、空想の世界としてお楽しみいただければと思います。

 実際にの内容を体験してみたいと思われる方は、次の「志願者心得の条」をご覧ください。

志願者心得の条



 「志願者心得の条」を理解された方は、次のバナーをクリックしてください。それが、貴女を変える第一歩。入り口なのです。




【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/

【相互リンク】☆SM関係のブログ&HPをメインとしてお受けしております。是非ご連絡ください。
 ご訪問させていただき、小生ブログとお心の合う部分部ありましたら、是非お願いいたします。
★スクロールしなければリンク先が表示されないページ設計の場合は、相互リンクはご遠慮させていただきます。
☆広告依頼も、お受けしておりません。
★前記のご依頼を何度いただいても、広告はお受けしませんし、スクロール式のリンク表示の場合は、表示方法が変更されなければ、お受けいたしかねます。
 また、ご返信しないこともございますので、予めご承知置きくださいますよう、お願い申し上げます。
 私のブログは、一個人のSM羞恥遊戯のページてございます。
この記事のURL | 御挨拶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・空想小説】 静かなる隷嬢⑧
2018/11/10(Sat)

「それでは、後から入りたいので、バスルームの用意をしてください」
「はい、かしこまりました」
 正座しているあやはそう言うと、深々と頭を下げ、そして直ってから立ち上がり、バスルームへ向かった。
 備え付けのハンドタオル、バスタオル、そして足ふきなどを、かごから取り出して、包まれたビニールを外し使えるように揃え、並べ始めた。
 そしてバスルームに入り、湯を張るため、蛇口を開けた。
 普通のホテルは、タイマーと一体になっているので、MAXまで回すと、勢いよく湯が入り始めた。
 ザーーー。
「温度はどの程度にされますか」
「そうだね。43度くらいがいいと思う。ちょっぴり熱いぐらい、かな」
「かしこまりました」
 流れている湯の温度を手で確認する。
 一通りの用意が終わると、バスルームのドアを閉めると、流れるお湯の音が曇って聞こえる。
そしてあやは、こちらに戻ってきた。
「ご用意ができました。後は、バスにお湯がたまるのを待つだけです」
「ありがとう。では、お湯がたまる、それまでの間に、あやのいろいろなと心を見させてもらおう」
「はい。何でもお言いつけの通りにいたしますので、おっしゃってください」
「では、最初は私の前に立ってもらいましょう」
「はい」
 そう言うと立ち上がり、数歩進み、椅子に腰かけている私の前に立った。
 そして、前に手を組み、姿勢を正す。
「こちらでよろしいでしょうか」
「結構です。それでは、ゆっくりしスカートを上げてもらいましょう」
「はい」
「何か添える言葉がありませんか」
「は、はい。あの、これからあやは、スカートを持ち上げますので、どうかご覧になってください」
「そうだね。まずは及第点かな。では、続けて」
「は、はい」
 そう答えると、あやは、スカートの端を持ちゆっくりと上に持ち上げ始めた。
 あやの太ももが、だんだんと露わになっていく。
 ガーターをつけているということで、腰の下あたりの止め金具が見える。
 そして30センチほど上げると、手が止まった。
「おや、止まりましたね。もう上げないのですか」
「は、はい…」
 さらに一段と持ち上げるスピードが落ちる。
 秘苑を包む布がチラリと覗くところで、また手が止まる。
「あや、さらに上げると、何が見えますか」
「は、はい。あやのパンティ…」
 だんだんと声が小さくなり、また震えも見える。
「では、その、あやのパンティを見せていただきましょうか」
「か、かしこまりました、ご主人様…」
「では、続けて」
「はい。あやのパンティをご覧になってください…」
「そうだね。きちんと言えるようになったね」
隷が緊張しているときには、少し、些細なことでも褒めることで、さらに従順度が増し、主の求めることを進んで行うようになっていく。
 ゆっくりとスカートが持ち上げられ、パンティの前面がすべて晒される。
PCIN0881.jpg

「ご主人様、ここまで持ち上げればよろしいでしょうか」
「よく見えるよ、あやのパンティ」
「は、はい…。ご主人様に、見ていただいて、あ、あや、うれしいです…」
「今履いているパンティは、あやのお気に入りなのかな」
「はい。いくつか持っているうちの、好きなものを、履いてきました」
「どこのメーカーのものかな」
「私、ショップでも買いますが、通販も使っているので。今日のは、セシールです」
「なかなか良いセンス、色合いですね」
「ありがとうございます」
「その態勢で、足を少し広げてみて」
「は、はい…」
 おずおずと左右に、少し足を広げる。そう、15センチぐらいだろうか。
「もう少し、広げて」
「は、はい…」
 さらに広げて、30センチぐらいになっただろうか。
「そのぐらいで。さて、素敵なパンティをしっかり見させてもらったけれど、さらに言うことがないかな」
「は、はい…。ご主人様、あ、あやのパンティ、さわって感触を、お楽しみいただけますか」
「そうだね。見ているだけでなく、実際に触って感触は確かめたいね」
「は、はい…。どうぞ、さわって感触をお確かめください」
「ストッキングも素敵だね。私の手が伸ばせるところまで、前に出て」
「は、はい…」
 おずおずと、前に進み、そして再度足を広げた。
「ご主人様、お願いいたします」
「では、あやを感じさせてもらうね」
「は、はい…」
 そう言うと、あやは上を向いて目をつぶったようだ。
「目を閉じてはダメですよ。私があやを触っているところをきちんと見ていないと」
「は、はい。申し訳ございません」
「では」
 そう言うと、ゆっくりと手を伸ばし、あやの太ももの内側に、そっと手を当てる。
 あやは、ビクンと微動した。
「動かないで」
「は、はい」
 当てた手に、あやの体温を感じる。そして、ドクンドクンと心臓の動きまで聞こえてきそうだ。
 あやののどはカラカラだろう。
当てた手で、ゆっくりとストッキングの上から、撫でていく。徐々に上下に。
さらに、その範囲を少しずつ広げていく。
 あやは「ゴクリ」と唾液を飲み込んだ。
この記事のURL | 静かなる隷嬢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・空想小説】 静かなる隷嬢⑦
2018/11/01(Thu)
 おしっこの後処理をして部屋に戻ると、あやは部屋の隅で正座して待っていた。
「ご主人様、あやのおしっこのあと片付けをしていただき、ありがとうございます。また、申し訳ございません」
「いや、気にしないで」
「ご主人様、勝手ながらお尋ねしてもよろしいでしょうか」
「何でしょう」
「これまで、あやの拙い経験では、自分のおしっこを飲み干すように命令されていましたが、ご主人様は、それを命じませんでした。勝手ながら、お教えいただきたく、お願いをいたします」
「そうでしたか。それまではすべて飲み干していたのですね。」
「はい」
「飲み干させるのも、その時仕えた主の趣味嗜好かもしれないね。ただ、私はそれは求めない。なぜかといえば、冷静に考えれば、排出されるものは、身体の中で処理された、身体の中に残してはならないものではないですか?」
「…」
「ですから、身体の中に残しておく必要のないものを、再度入れることはない、という単純な考えです」
「ありがとうございます。ご主人様は、あやの身体のことを考えてくださっているのですね。なんと、お礼を申し上げたらよいか…」
「感謝の気持ちは、この後に体現してもらいましょう」
「はい。喜んでご奉仕させていただきます」

※今回は短いですが、追記していきたいと思います。
この記事のURL | 静かなる隷嬢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・空想小説】 静かなる隷嬢⑥
2018/09/29(Sat)
 靴を脱ぐと、あやは、揃えて出口の真ん中に置き出船の状態にしてから、自分の靴を脱いだ。
自分の靴をどうするかを見ていると、揃えて脇に置いた。
主の靴を出やすく履きやすい位置に置き、自らは、脇に控えて置く、なかなか良い心がけだ。
隷嬢志願者の多くは、ここまではなかなか気を回すことはできないだろう。そういう意味では、一ランク上の志願者とみてよいだろう。
「さあ、入って」
「はい」
私は、室内に置かれた和テーブルに、窓を背にして腰掛ける。
あやは、しずしずと部屋に入り、背もたれ付きの座椅子には座らず、手にした紙袋(たぶん、私の指定した着替えなどが入っていると思われる。)を置き、脇に腰を下ろした。もちろん正座で。
「Y様、ご挨拶をさせていただきます」
「では、お受けいたしましょう」
「Y様、本日は大変お忙しい中を、あやのためにご調教のお時間をいただき、ありころががとうございます。きちんとお言いつけを守り、ご命令に従い、全身全霊でお仕えし、Y様に喜んでいただけるよう、しっかりとご奉仕をさせていただきます」
そう言い切ると、きちんと三つ指を突き、頭を畳につけた。
当然、しばしの沈黙が続く。
この挨拶があって、主と隷、お互いの立場が明確となる。またこの頭を下げたところから許しを得て持ち上げるまでが隷嬢にとって、一番長く、そして心が苦しくなる時間であることは誰しもが知っているだろう。
「もとに直ってください」
 許しを得たあやは、ゆっくりと頭を上げ、元の姿勢に戻った。
「さて、ではこれからの時間は、今のあいさつでお互いの立ち位置がはっきりしました。私なりに、この時間を進めさせていただくことにしましょう」
「はい。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。いかようなご命令でも」
「では最初に、私が言った、本日の持参品から点検させていただきましょう」
「はい。こちらに用意してまいりました」
 そう言うと、脇に置いた紙袋を引き寄せ、中から、あらかじめ言われた品物を取り出し、目の前に並べ始めた。
 ブラジャー、パンティ、ストッキングなどの肌着が並ぶ。
「あやは、ガーターベルトは持っていないのかな」
「数組持っておりますが、本日は普通のストッキングを身に着けてまいりました」
「そうですか。後でゆっくりと見せていただきましょう」
「は、はい、かしこまりました」
「あと、あなたが普段使っているアイテムもあれば持参するように言ってありましたね」
「は、はい。こちらです」
 そう言うと、小さな赤い巾着を取り出し、中からローターを取り出し、肌着の上に乗せた。
 また、別の小袋の中に、小型の電マが入っている。
「1人の時には、バイブは使わないのかな」
「はい。ローターと電マで、ほとんど満たされてしまうので…」
「そうですか」
「あの…」
「何ですか」
「実はご挨拶の前に申し上げればよかったのですが…」
「何でしょう」
「お手洗いに行かせていただいて、よろしいでしょうか」
「お手洗いに行って、どうするのですか」
「は、はい。あの…、おしっこを…」
「おしっこを、したいと、いうことですか」
「はい。先ほどのビールが効いたようで…」
「あや、私はこの時間は、あなたのすべてを見ることも主としての務めだということはご理解いただいていますか」
「は、はい」
「ということは、私は、あやのおしっこの様子も見なければならない、ということです」
「私のおしっこする姿を、ですか」
「そうです。ですから、これも主に対して、お願いをしなければなりません。お分かりですね」
「は、はい。で、ではご主人様、あ、あやのおしっこをする姿を…、ぜ、ぜひご覧いただけませんでしょうか」
「では、しっかりと拝見しましょう。お手洗いでもよいのですが、よく見えるように、大きな鏡がある洗面台の上に乗って洗面器の中におしっこを出していただきましょうか」
「は、はい。ご主人様がお望みでしたら。させていただきます」
「では、行きましょうか」
 立ち上がって浴室に行くと、ラブホ特有の銀色の洗面器があり、それを取り上げ、あやに手渡す。
 あやは両手で受け取り、洗面場所の脇に置いた。
 洗面台の上に上るためには、踏み台が必要だが、この部屋には湯飲みなどを置くための、小さなテーブルが1つあったので、それを洗面台の脇に置き、それを踏み台にして洗面台に上がらせた。
 天井に頭が当たりそうになるが、少しかがめば、当たらなくできる。
「では、おしっこできる体勢になって」
「は、はい。では失礼して…」
スカートの中に手を入れて、ストッキングとパンティを同時に膝まで下げた。
股間をチラリと見たが、手入れしているようで、きれいに毛波が整えられている。
スカートをたくし上げて、ゆっくりとしゃがみ、そしておしっこを受け止めるために、洗面器を手前に置いた。
「そ、そろそろ出ます…」
 そう言うと、股間からポタポタとおしっこが滴り、そして徐々に量が増し、シャーという音が部屋に響く。
 あやは片手で顔を隠し、羞恥でゆがむ顔を見られないようにしている。
「あや、顔を隠してはいけないよ」
「は、はい。も、申し訳ございません」
「勢いが良いようで、跳ね返っていないかな」
 シャーという放出音は続いているが、徐々におしっこは直線から勢いを失いつつ、収まっていった。
「お、終わりました」
「洗面器の中身を見せなさい」
「は、はい。こちらです」
 おずおずと洗面器を差し出す。
 私は代わりにトイレットペーパーを渡し、股間を拭くよう指示する。
「匂いは強くない。色も悪くないね。健康というところかな」
「は、はい」
「では、拭き終わったら、肌着を元に戻して、気をつけて洗面台から降りて部屋に戻っていなさい」
「はい。ありがとうございます」
 服装を元に戻し、そして洗面台から降りたあやは、そのまま部屋に戻って座った。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・空想小説】 静かなる隷嬢⑤
2018/09/23(Sun)
 あやさん、いや、これからは私の隷嬢候補だから「あや」と呼ぶことにしよう。
 前回の面談から1週間が過ぎ、本部から正式に「あやの調教」を行ってほしい旨の連絡があった。
 あわせて、あやのメールアドレスが付記されてあった。
 それでは、あやの都合もあると思うが、まずはコンタクトを取ってみよう。
 先日のお礼、正式に調教を行うことになったこと、また近日中に半日以上開けられるときは、いつかを返事するように伝える。
 20分ほどでiPhonに着信音が。
 先日のお礼も含め、私が調教を担うことになったことに対しての喜びと、心して尽くしていきたいとの文字が並ぶ。そして半日以上空けられる、調教候補日がいくつか書かれていた。
 一番早いのが、明日、土曜日の午後からとのこと。
 場所は、先日あやと会った蕎麦店を指定することにした。
 そして用意するものとして、着用しているものとは別にはだきを1組、またストッキングの新品を1足、持参するように伝える。
 最近のホテルは、コスチュームもドン・キホーテで売っているような安物ではなく、より実物に近いものを貸してくれるようになった。以前は、秋葉原や池袋などを隷嬢と回って、どんなものが良いか選ばせていたが、今はそこまで苦労せずに借りられる。
 以前コスチュームの充実度№1といえば、アルファー・インだったが、順次、入替えをしているようで、お気に入りの「JAL」のコスチュームがなくなってしまった。
 などと思いを巡らしていたが、「さて、久しぶりにアイテムの手入れをするか」と自分に言い聞かせて、物入の一角に格納している黒のバックを取り出した。
 以前に7泊の遠征調教から1年以上、久しく使用していないバックだ。
 当然アイテムに入れている電池は抜いてあるので、正常に稼働するかどうかを、電池を入れて確認する。ローター、バイブの低い唸り音が部屋に響く。
そしてアイテムの電池を装着し、準備万端。
次は麻縄だ。もう一度麻縄を解き、そしてアルコール消毒のウェットティッシュで丁寧に拭き清める。
 「パン、パン」と麻縄を両方に引き伸ばし、軟度を確かめる。使い込んだ麻縄もよい感じだが、多少芯が残っているほうが、私は好きだ。
 麻縄5本、ローター、バイブ、電マ、筆、洗濯ばさみ、細やかなアイテムもしっかりと確認していく。
「大体よさそうだな。よし、明日に備えるか。よし休もう」
 明日に期待して、ベッドに横になった。

 調教当日となった。
 アイテムを満載したバックを担ぎ、指定した蕎麦店に向かう。
 蕎麦店の営業は11時からだが、指定した時刻は12時半。
 大体10分前に暖簾をくぐる。
「いらっしゃ~い」
 いつも元気な奥さんだ。この明るい声を聞くと「今日も何かいいことがありそう」な気持ちになってくる。
「ビール、お願いします。それとカツ煮ね」
「はーい」と快活な返事とともに、板場に向かって注文を伝える。
「お待ちどう様。最初はビールね。今、用意してますから」
「ありがとう」
 早速手酌で、一杯飲む。
「う~~ん。うまいね」
「こちらもどうぞ」
 小皿に、沢庵が盛られて出された。
「ありがたいね、これを待ってました」
「どうぞ、ごゆっくり」
 そのような会話を楽しんでいると、入り口がゆっくりと開いた。
 淡い水色のワンピースに紙袋を持ったあやが立って、店内の私を探している。
「こちらに」
 声をかけると、一瞬「ほっとした」表情を浮かべて、こちらに向かって歩き出した。
「Y様、こんにちは」
「はい、こんにちは。どうぞ、おかけください」
「ありがとうございます」
 そう言って、あやは向いの席に腰を下ろした。
 やっと「さん」から「様」に変わったな。
「本日は、お忙しいところ、あやのためにお時間を作っていただき、ありがとうございます」
 そう言って、深々と頭を下げた。
「まあ、こちらでは軽く食事をして、そうしたら向かいましょうか」
「はい、よろしくお願いいたします」
「ビールもう1本と、コップ、お願いします」
「はーい」
「お待たせしました。こちらもできました」
そう言って、カツ煮とビールが運ばれてきた。
 コップを持たせ、ビールを注ぐ。
「乾杯。よろしくね」
「よろしくお願いいたします」
 カチンと心地よいグラスの音が響く。
「何か軽くおなかに入れてください。あっ、おなか一杯になると後が辛いから、適度にね。それと、あとこれも食べてください」
「はい。ありがとうございます」
 あやは、モリを注文した。
 あの面談から1週間、その後今日までの間にあったことなど、たわいもない会話で、食事を済ませた。
「そろそろ行きますか」
「はい。よろしくお願いいたします」
「じゃあ、お勘定、お願いします」
「は~~い、ありがとうございます~」
 支払いを済ませ店を出て、連れ立って駅とは反対側にあるホテル街に向かう。
「この辺は知っているところはありますか?」
「いえ。ありませんので、Y様のお好きなところへお願いいたします」
ホテルの看板だけしかない狭い小路に入り、さっそくホテルを選ぶ。
プレイは和室が似合うと思っているが、このホテル街で和室を備えているのは2つだけのようだ。
「こちらでよいですか」
「はい。Y様のお好みで」
広めの和室を売り物にしている、ホテルWに入ることにする。
 よかった。1つだけ空いていた。
 フロントで支払いを済ませ、キーをもらいエレベータで部屋に向かう。
 あやは、もちろん無言だが、多少緊張しているようだ。
「504号室だったね。こちらへ」
 私が先導して廊下を進み、あやを部屋に導いていく。
 504号室の前に立ち、キーで部屋を開け、あやを誘う。
「こちらです。中に入りましょう」
「はい」
 いよいよ、あやの調教が始まる。
この記事のURL | 静かなる隷嬢 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。