FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
【ご挨拶】SM雪風流へようこそ
2030/12/31(Tue)
★最新記事は、この次に掲載されています!

【お断り】
 当サイトはアダルトコンテンツであり、ことにSM、SEXなどを含む成人向けの内容を公開しています。
 18歳未満(含:高校生)の方やSM、SEX、不倫などに嫌悪感をお持ちの方の閲覧はご遠慮下さい。

【ご挨拶】
 【SM雪風流】は、私の思うソフトSMの異次元世界を、空想小説にして書き綴っています。
 実際はあり得ない人、環境なども登場しますが、空想の世界としてお楽しみいただければと思います。

 実際にの内容を体験してみたいと思われる方は、次の「志願者心得の条」をご覧ください。

志願者心得の条



 「志願者心得の条」を理解された方は、次のバナーをクリックしてください。それが、貴女を変える第一歩。入り口なのです。




【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/

【相互リンク】☆SM関係のブログ&HPをメインとしてお受けしております。是非ご連絡ください。
 ご訪問させていただき、小生ブログとお心の合う部分部ありましたら、是非お願いいたします。
★スクロールしなければリンク先が表示されないページ設計の場合は、相互リンクはご遠慮させていただきます。
☆広告依頼も、お受けしておりません。
★前記のご依頼を何度いただいても、広告はお受けしませんし、スクロール式のリンク表示の場合は、表示方法が変更されなければ、お受けいたしかねます。
 また、ご返信しないこともございますので、予めご承知置きくださいますよう、お願い申し上げます。
 私のブログは、一個人のSM羞恥遊戯のページてございます。
この記事のURL | 御挨拶 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
【SM雪風流・ご挨拶】年頭に当たり
2016/01/01(Fri)
あけましておめでとうございます

雪風(ユキカゼ)です。
いつも、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
時折読み返して、拙い文面と思いますが、興味が続く限り今後も掲載していきたいと思いますので、どうか、お付き合いのほど、お願い申し上げます。

現在、あるブログ読者のご要望により、何年か前のSMプレイの模様を、空想部分を含めて連載させていただいております。

現在、特定のプレイメイト、こちらでは隷嬢と言った方が似合いかもしれませんが、現在0名。
本年の目標としては、ブログに掲載できることを前提に、特定、場合により複数になることも覚悟のうえで、ぜひSMを前提とした交際をスタートさせてみたいと思っています。
「空想・妄想」から「実際・現実」の記録に進めることが、ブログの幅を広げることはもちろんですが、私が叶えてみたい夢を実際のものとしてみたいと考えているからです。
私に仕えてくださる「隷嬢」は、ひとり、街を歩いていたとして、誰かが振り向く、そして誰かが声をかけてしまいそうな雰囲気を醸し出す、磨き上げられた女性を育ててみたいとの想いです。
過去に交際した女性の一人が、やはりその雰囲気を出し始め、そう1年ぐらいたったでしょうか。彼女は、私にきちんと申し出て、私の下を離れていきました。
最初に会った時は、誰が見ても、失礼ですが「どこかのオバサン」という雰囲気でしたが、最後に会った時は全くの別人、「艶やかな光り輝く女性」となっていたのです。
私の下を離れること、それは悔しさと言うよりは、ここまで私が育て上げることができた、という気持ちを強く持つことになりました。

私なりの考え方ではありますが、今年は「一」(いち)から始めてみたいと思っています。

皆様のSMライフでのご活躍をお祈りするとともに、本年もこちらのブログをご愛顧くださいますよう、お願い申し上げます。

2676年元日 自宅のデスクにて
この記事のURL | 御挨拶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【御挨拶】2015年の年頭に当たって
2015/01/01(Thu)
あけましておめでとうございます。

 昨年は、私の拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 何人かの体験のお申し込みが、昨年はありましたが、お互いのタイミングが合いませんでした。
 私のSMは、自己流ではありますが、今まで経験をされなかった世界を直接、体感いただくとともに、何度かの体験を重ねることによって、女性の素敵な部分を伸ばし、一層、魅力ある隷嬢に磨き上げたいと願っています。
 今年も、自己流のプレイではありますが「SM雪風流」をお読みくださる方に、体験談、空想小説ともども、何かしら感じていただけるような日記をアップするよう努めたいと思います。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 管理人 雪風
この記事のURL | 御挨拶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流】ハンドルネーム
2010/08/03(Tue)
 おはようございます、雪風です。
 OFF会や同行の士の飲み会に行くと、尋ねられる質問「なぜ、雪風って名前なんですか」。
 今回は、これにお答えしたいと思います。

 私は、SM以外のことも、色々と楽しんでいます。
 元来、どうも物を集めるのが好きらしく、そろえないと気が済まない性格です。
 そのひとつが切手収集(郵趣とも呼びますね)、また歴史、特にミリタリー系のものは良く読み、集めます。
 そんな中で、太平洋戦争(大東亜戦争と呼ぶ動きもあるようですが)に従事した日本海軍艦艇の中で、最大の幸運艦として有名なのが、雪風です。
 私のハンドルネーム「雪風(ユキカゼ)」の名前は、旧日本海軍の艦艇(駆逐艦)に由来しています。最大の幸運艦である、その名前にあやかり、安全航行かつ色々な苦難を乗り越えられればとも思っています。
 (意外と単純?)
 SMには、合わないと言われるかもしれませんが、これも、私流です。
 今日は、この船が竣工した翌日です。

【駆逐艦・雪風】
 [起工]1938(昭和13)年8月 2日
 [進水]1939(昭和14)年3月24日
 陽炎型の8番艦として、佐世保海軍工廠で竣工しました。
 太平洋戦争を戦い抜き、日本海軍保有の駆逐艦計50隻の中で唯一終戦まで生き残った艦と言われています。
 大戦を通じて、日本海軍の駆逐艦は、激戦区に投入され非常に損耗率が高かったが、本艦は16回以上の主要な作戦に参加し、戦果を上げつつほとんど無傷で終戦を迎え「奇跡の駆逐艦」と呼ばれたと言われています。
 終戦後も、復員船として活躍。延べ13千人以上の帰国の任務についたとのこと。雪風で復員した方の中に、かの有名な「水木しげる氏」もいたとのことです。
 1947(昭和22)年7月、戦時賠償艦として中華民国(台湾)に引き渡されましたが、「丹陽(タンヤン)」(DD-12)と名を改め、駆逐艦ながら中華民国艦隊旗艦として迎えられています。
 その後老朽化が進み、1966(昭和41)年11月に除籍、1970(昭和45)年に解体されましたが、舵輪と錨のみが返還され、舵輪は江田島の旧海軍兵学校・教育参考館に、錨はその庭に展示されています。

800px-Yukikaze_21.jpg

今回の記事は、ウィキペディアから写真をお借りいたしました。また、記述についても、参考とせていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E9%A2%A8_(%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)


【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース
 
この記事のURL | 御挨拶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【御挨拶】10,000ヒット
2009/09/22(Tue)
【雪風流調教とは】私「雪風」の自己流のSMパターンを指す。具体的なイメージを持ってもらうために、色々な話題で何回かに分けて書いている。


 まずは、ご来訪者10,000回を経過いたしましたことに、お礼を申し上げます。
 右も左も分からず、勝手に始めた拙いブログですが、多くの皆様から励まし、ご叱咤、ご意見などをいただき、今は始めて良かったと思っております。
 実体験によるものが少なく、数度訪問されている方にとっては、「つまらない」と言われるかもしれません。
 相変わらずの、妄想日記主流のブログですが、これも一つの世界として、ご理解いただければと思います。
 
 今後は、HPの開設も検討するとともに、思い出、妄想日記だけにこだわらず、幅広く書いてゆくことができればと思います。
 引き続き、よろしくお願いいたします。

 
【このブログをご覧の貴女に】
 私にとってSMとは、性的な表現の一つであり、単にSからMに対する一方的な加虐という理解はしていない。
 女性の感じている姿はとても美しく、また妖しい。また、私もその姿を見て、感じたいと思う。
 縛りを受ける側は、常に不安がよぎっていると思う。私もそれは心得ている。また、乱暴にされたらどうしよう、と考えることもあるだろう。
 私のプレイは、相手を傷つけることを主眼としたものでは絶対ない。相手に感じてもらうためのプレイ、そして私も感じることのできる納得したプレイを目指している。
 私は、できる限り相手の不安を取り除きながらプレイを進めていくように、いつも考えながらその場に臨んでいる。
 このメールは、相談も兼ねているので、真実を語るならば、真剣に相談に乗ることもできるだろう。

 【体験志願者へ】 

雪風流SM調教志願 mail


 初対面でいきなりのプレイはしない。必ず面談を行い、志願者と私のSM感とが合うかどうかを判断する。その上で、プレイを行うかどうかを決めさせていただく。あらかじめ了知のこと。
 志願者は、【志願者心得の条】を、必ず一読すること。
志願者心得の条



 写真は、SMマガジン(S51.3コバルト社)美処女(キムスメ)飼育地獄から。



この記事のURL | 御挨拶 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
【SMマガジン】
2009/01/18(Sun)
197603_convert_20090118214321.jpg

御挨拶でも書きました、これが「SMマガジン」の表紙です。
この中に、衝撃の写真や興味津津の小説がいっぱい詰まっていました。
この記事のURL | 御挨拶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【最初の御挨拶】みなさま はじめまして
2009/01/18(Sun)
みなさま、はじめまして。
「雪風」と申します。先日50になった、ソフトSオジサンです。

【このブログ】
ここは、私、雪風が思っているSM観を、アップしていきたいと思います。
そして、私のSM観を知っていただき、理解を得て、SMの価値観と時間を共有してくださる方と知り合いたいと思い、開設いたしました。
当面の目標は、多くの皆様との交流です。
もし、プレイメイトができたら、その様子はここで日記としてアップしていきたいと思います。

【これまで】
いままで、いろいなSMを体験してきました。プロも、アマも。
これまでの経験から、ハード&アナル系のプレイは、あまり自分には合わないみたいです。
性格的には、何事にも前に進みたいと思うことから、控えめである「M気」は自分にはないようですね。やんわり、ねっちりとしたソフトSプレイを、したいな~と思う日々です。

SMの目覚めは、高校時代に、書店でで見つけた「SMマガジン」。
今は廃刊してしまいましたが、夢中で読んだ記憶があります。
元々、好奇心旺盛だったのかもしれません(でも、本屋さんで良く売ってくれたなと思います)。
以前は鶯谷は、よく出没していました。Tさんには、色々とお世話になっておりました。
このところ、クラブというところには、すっかりご無沙汰しています。
しかし、はじめてのプレイから、すでに20年以上たっているんですね。

【これから】
自分が思うプレイや、物語など、色々と思うことを書いていきたいと思います。
常時、プレイメイトを募集しています。
ただ、どうしても自分の気分を盛り上げないと、お互いに満足するプレイができないと思うので、
きちんとお話しながら、メイトになっていただければ幸いです。
メッセージで、色々とお話しましょう。

写真は、拾いものが中心になりますが、著作権を主張される場合はご一報ください。オリジナル以外は、速やかに対応させていただきます。

なお、この世界は初めてなので、万一、失礼がありました節は、平に御容赦のほど。
この記事のURL | 御挨拶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |