FC2ブログ
2010 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 09
【雪風流・コスプレ】緊縛志願隷嬢Ⅵ
2010/08/29(Sun)
 こんにちわ、雪風です。
 残暑が厳しいですね。
 昨日、秋葉原の「ラブメルシー」に行き、課題であった「フェアリー(電マ)」を買いました。スイッチを入れると、ローター、バイブの比ではない振動。
 いや~、これじゃあ、敏感な隷嬢さんだと、5分と持ちません。
 やはり多少崩れてもいいように緊縛してから、あそこに電マ縛り付ける。
 そして、隷嬢に「スイッチを入れて、感じさせてください」と求めさせてスイッチオン、したいですね。
 おまけのアタッチメントも付いてきました。
 まだ、未使用ですので、体験ご希望の方は、ご連絡くださいね(笑)。
 それでは、前回の続きを、ご覧ください。
 
緊縛志願隷嬢Ⅰ


緊縛志願隷嬢Ⅱ


緊縛志願隷嬢Ⅲ


緊縛志願隷嬢Ⅳ


緊縛志願隷嬢Ⅴ




【公園の水やり】
 晴れ渡った公園には、まだ朝早いせいか、誰もいない。
 ベンチは、ちょうど日差しが遮られるようで、風も心地よい。
 美鈴の荒い息が、落ち着きを取り戻してきた。
「せ、先生。美鈴のはしたない、ひとり遊び、いかがだったでしょう」
「よかったよ。良い表情だったね。堪能させてもらったよ」
 ほっとしたのか、軽く笑顔を見せる美鈴。
「さあ、ではもう少し、美鈴君に恥ずかしい姿を見せてもらおうと思う」
「はい」
「今は、誰もいないから、公園の緑に、君の聖水を恵んであげてほしいんだが」
「せ、い、す、い?」
「そう、聖水。きみがいつも、お手洗いで出して流してしまっているもの」
「お、おしっこ、ですか」
「そうとも言うね」
「こ、ここでですか」
「そう、ここの緑に、少し潤いを与えてほしいんだ」
「わ、わかりました」
「芝生の中に入って、しゃがんでごらん」
「はい」
 美鈴は立ち上がると、芝生の中に入って行った。
 そして、パンティを外した腰を沈め、しゃがみこんだ。
「こちらを向かないと、見えないよ」
「は、はい」
 しゃがんだまま、足をずらして、こちら向きになった。
「股をもう少し開いて、そうそう」
 言われる通り、美鈴は両足を開く。
「そう、じゃあ、笑顔をこのカメラに留めておこう。聖水を出すときは、きちんとご挨拶するんだよ」
「は、はい」
「じゃあ、笑顔で」
 そう言うと、作り笑いながら、美鈴はしゃがんだままに、笑顔をこちらに向ける。
 シャッターが、何度か切られる。
「そう。いい表情だね」
「そ、そろそろ、出そうです」
「ご挨拶だね」
「は、はい。先生。美鈴は、これから、芝生にお、聖水を出します」
「それで」
「はい。どうか、この姿を、ご覧になってください」
「よし、よし。出すときは、もう一度言うんだよ」
「は、はい…」
 少しすると、美鈴の秘丘が、わずかに膨れるような感じがした。
「せ、先生。で、出ます。ご覧なって…」
 そういうと、秘園から、ポタポタと滴が、出始めた。
 その滴は、段々水勢を増して、1つの半円、そう弧を描くように、勢いをつけて放たれた。
 シャーーー。
 カシャ、カシャ。
 シャッター音が、続く。
「緑の芝生に、黒の芝生からあふれ出る聖水の恵みがかけられている、というところだな」
 私は、ひとりで納得していた。
 水勢が弱くなり、そして放出が終わりを迎えた。
 私は、ティッシュの包みを渡し、秘園を拭うように勧めた。
「よくできたね」
 私は、美鈴を褒めた。
 そう、やらせるだけやらしても、褒めることを忘れては、チャレンジしている美鈴に、安心、安堵の感は与えられない。
 それが、隷嬢に対する心遣いの一つだ。
 最近のS氏と名乗る方々の一部には、そのような心配り、気遣い、そして隷嬢の奉仕に対する感謝の気持ちが欠落していると、よく聞く。
 Sと名乗る以上、隷嬢に対して、最大限の心配り、気遣いをしなくてはならない。
 私は、そう感じている。
0045.jpg

 さて、朝の水やりもそろそろ良いだろう。
 これから、ホテルに向かうか。
「さあ、今度は2人きりになれるところへ行こう」
「は、はい」
 服装を整えた美鈴に声をかけ、車に戻るよう促した。

【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース

エログランキング【ブロブロ】

【バーナー】
 これまで使用バーナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバーナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | コスプレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・雑記】今年の秋はガーターに挑戦?
2010/08/27(Fri)
 おはようございます、雪風です。
 今朝は、少し時間があるので、毎度おなじみの新聞記事から。

 昨日の夕刊、朝日新聞3面に、「下着、クラッシック回帰」の記事が掲載されています。
 女性の反応やデパートでの品ぞろえなど、カラーページで、思わずおじさんは目を引いてしまいました。
 確かに着用する女性にとっては、大変手間な肌着であることは事実ですが、着用されている姿を見ると、いいですね。
 こんな姿で迫られると、思わずロープを手にしてしまいます。
 私の場合は、裸体そのものに緊縛することもしますが、嗜好は「着衣緊縛」。
 女性をさらに際立たせる、服、肌着などのアイテムを着用した姿を緊縛するのは、心の高まりを感じざるを得ません。
 着用する女性にとっては、確かに手間がかかりますが、さらに魅力をアップさせるためですから、主が望めば、手間をいとうことはないでしょう。
 ビジネススーツ、ナース白衣などのアイテムとしては、ガーターベルトは欠かせませんね。
 こんな素敵な女性が、私の意のままになる、そして素晴らしい(緊縛された)姿を披露してくれる。
 主、冥利に尽きると言うものです。
641fc897.jpg


 【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース

エログランキング【ブロブロ】

【バーナー】
 これまで使用バーナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバーナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 雑記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・コスプレ】緊縛志願隷嬢Ⅴ
2010/08/22(Sun)
 こんにちわ、雪風です。
 私の夏休みは、今日が最後です。
 ほーーとしてますが、明日からは久しぶりの会社。しっかりしないといけませんね~。
 それでは、前回の続きを、ご覧ください。
 
緊縛志願隷嬢Ⅰ


緊縛志願隷嬢Ⅱ


緊縛志願隷嬢Ⅲ


緊縛志願隷嬢Ⅳ



 
【ドライブ】
 2人を乗せた車は、郊外に向かっていた。
 朝の日差しが社内の美鈴を照らしている。
(「輝く」という言葉が似合いそうな感じ)
 私はそう感じたが、口に出すことはなかった。
 車内は、軽快音楽をFMが奏でている。
 美鈴は、パンティの中にピンクのローターを入れ、手のリモコンをギュッと握っている。
「美鈴さん、手にしているリモコンのダイヤルを少し回してみましょうか」
「は、はい」
 美鈴は、リモコンを見つめると、手でダイヤルを少し回した。
 ローターの振動音は、車のエンジン音がかき消しており、聞こえない。
「入れましたか、スイッチ」
「は、はい。入れました」
「どんな気分ですか」
「…あ、あの、パンティの中で…、ぶるぶる、しています」
「その振動を受けて、どうですか」
「な、なんか、あやし…い、気持ち…」
「ローターが当たっているところは、何て言うんでしたかね~」
「パ、パンティの中…」
「ローターの当たっているところですよ」
「あ、あそこ…です」
「あそこって言うのは、具体性に欠けますね。人の体には、全て名前がついていますよね」
「は、はい…」
「何と言うところに、ローターが当たっているんですか」
「ク、クリちゃん、です…」
 そういうと、美鈴は俯き加減になった。
「その、クリちゃんのあるところは、全体で何と言うんでしたかね」
「…お、おま○…こ…、です」
「そう、その美鈴さんのおま○こは、まだ拝見していませんが、どんな風になっているんですか」
「ロ、ローターが、当たって、き、気持ち、いい、です」
「ダイヤルをもう少し、回してください」
 そう言われ、美鈴は、さらにダイヤルを回した。
「うっ…」
「感じているんですか」
「は、はい…」
 車は、信号で停止している。
「では、ダイヤルをマックスにしましょう」
「えっ…」
「もっと、気持ちよくなれますよ」
「あ、歩いている人に…、見られて、恥ずかしい…」
「何気ない、ふりをしてください」
「は、はい」
 そう言われ、美鈴は、ローターのダイヤルを回した。
「あっ~」
「どうです、良い気持ちでしょう」
 車が発進した。
「は、はい…。あ~」
 美鈴は、我慢している表情を見せているが、しっかりと感じている。
「もうすぐ、公園ですよ」
「…」
 車は、人気のない公園に止まった。
 車内には、低く唸るローターの音が聞こえている。
「さあ、朝の公園の空気を満喫しましょう」
 美鈴は、外に出ることを促された。

【先生、どうぞご覧になって下さい】
「あそこまで歩きましょうか」
 美鈴は、促されて公園の中を歩いているが、ローターの動きに気を取られ、目がトロンとしている。
「スイッチを切ってください」
「…は、はい」
「それとも、そのままがいいですか」
「き、切ります」
 スカートから伸びる細いコード、そばに人がいれば、興味を抱かざるを得ない光景だ。
「さあ、ベンチで記念撮影しましょう。あそこに腰掛けて」
「はい」
 美鈴はベンチに腰掛けた。
 デジカメを取り出し、腰掛けている姿を1枚撮影した。
「さあ、まずはブラジャーを見せてください」
「こ、ここで…」
「そうですよ。自然な光の中のほうが、ブラの色が鮮やかに写ります」
 美鈴は、ぎこちなくニット時の上着をたくしあげた。
「こ、これで、よろしいですか」
「美鈴さん、今日は私に身も心も尽くしていただく1日です。言葉が違いませんか」
「先生、ど、どうぞ、ご覧になってください」
「そうですね。ホスピタリティ、おもてなしの心ですね」
「よ、よろしければ、どうか、先生の手で、お確かめください」
「何を確かめればよいのですか」
「み、美鈴のバスト…」
「触れと」
「どうか、その、先生の手で、お、おっぱいを、揉んでください」
「その前に、1枚撮りましょう。笑顔になってください」
「は、はい」
 美鈴は、ぎこちないが、作り笑いをした。
「そうそう、きれいですよ」
 シャッターが続けて切られた。
「では、少しお望みのおっぱいを、揉んでみましょうか」
「ぜ、ぜひ、お願いします」
 美鈴の横に腰掛けると、体を私のほうに向けた。
「そうですね、揉みやすいように体を向かせましたね。そういう気持ちが大切なんですよ」
「ありがとうございます」
 ゆっくりと手を伸ばし、ブラジャーの上から、バストを揉んでいく。
「あっ~」
 思わず声が漏れた。
(なかなか張りのあるバストだ。後のお楽しみが増えたな)
「ど、どうか、ブラジャーの中にも、手をお差し入れください」
 横から、手を滑り込ませると、乳首の先端に指が当たる。
「おや、すでに乳首が立っていますね~」
「は、はい。か、感じてます」
「そうでしたか。先端がコリコリして、早くいじめてって言ってるようですね」
「あっ~、き、気持ちいい~」
 しばらく乳首とバストの感触を楽しむ。
yagai10081205.jpg


「今度は、パンティを見せていただきましょうか」
「は、はい。先生」
「ローターは取り出していいですよ。スカートを持ち上げて、よく見えるようにしてください」
「は、はい」
 美鈴は、言われたとおりにローターを取り出してバックにしまい、スカートの端を掴み、腰までずらした。
「このくらいで、いかがでしょうか」
「まだ、よく見えないね。股も開いてくれますか」
「は、はい」
 腰を少し前にずらし、スカートを持ち上げて、股を開いた。
「ど、どうぞ、ご覧ください」
「そのパンティは、何を隠しているんですか」
「み、美鈴の、お、おま○こ、です」
「芝生は生えていますか」
「は、はい」
「おや、さっきローターの入っていたところに、何かシミがありますよ」
「おっ、おっしゃらないで…」
「さあ、パンティを少しずらして、芝生を見せてください」
 おずおずと、片手でパンティをずらすと、光沢のある芝生が目の前に現れた。
「立派な生え具合ですね。よく成長している」
「は、恥ずかしい…」
「もっと、恥ずかしいことができますか」
「な、何なりと、お申し付け、ください」
「パンティを片足だけ脱いで、両方の足を、ベンチにあげて、M字になってください」
「は、はい…」
 パンティを片足だけ抜き、そして足をベンチに上げた。
「こ、これで、よろしいですか」
「そうそう、良い眺めですね」
「…」
 ここでシャッターを何度か切る。
「今度は、その芝生の奥を見せてください」
 美鈴は、おずおずと手を添えて、秘園を左右に広げた。
「ど、どうか、ご覧下さい」
「ほ~、艶めかしい景色ですね。おま○この中が、ヌルヌルになって光ってますよ」
「は、恥ずかしい…」
「おま○この中で感じるところ、そう何て言いましたかね」
「ク、クリちゃん、です」
「そう、そのクリちゃんを、見せてくれますか」
「は、はい」
 皮を被ったクリ○リスを、指で剥いて、晒した。
「い、いかがでしょうか」
「外の空気に晒したクリちゃん、良い気持ちでしょう」
「普段と、ちがう感じです」
「では、クリちゃんを自分の指で、触ってみてください」
「…は、はい…」
 人差し指がクリトリスに伸び、ゆっくりと円を描くように動き出した。
「あ~~、き、気持ち、いぃ~」
「ほら、おま○この中のヌルヌルが増えてきましたよ」
「い、いやらしいです~。で、も、気持ちいぃ~。あぁ~ん」
 公園のベンチで、パンティをはずして、ひとり遊びを見せつける美鈴。
「いつものひとり遊びは、おま○こに指を入れて、かき混ぜていますか」
「あぁ~、は、はい、たまに」
「では、入れてみてください」
「か、かしこまりました」
「何を想像していますか」
「せ、先生が、美鈴のお、おま○この中に、ゆ、指を入れて、か、かき混ぜてくれてます~」
 ヌルヌルになった秘園に、人差し指がゆっくりと沈んでいく。
 そして、中でかき回し、そして出し入れを繰り返す。
「せ、先生~。い、いきそう、です」
「まだ、だめですよ。我慢しなさい」
「は、はい…」
 しばらく、ひとり遊びを続けさせる。
「だ、だめ~。も、もう…。い、逝きたい…」
「仕方のない美鈴さんですね。では、思いっきり逝っていただきましょう」
「あ、ありがとうございます」
 指の動きが一段と激しくなった。
「い、逝きます~~。あぁぁぁ~」
 上り詰めるように、美鈴は上半身をのけぞらすと、ビクン、ビクンと上り詰めた。
 その途端、わずかだが秘園から、水滴が散った。
 逝った後、崩れそうな美鈴を支えると、ベンチに深々と腰かけさせた。

【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース


【バーナー】
 これまで使用バーナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバーナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | コスプレ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・雑記】「小さく見せたい」新発想ブラ
2010/08/20(Fri)
 こんにちわ、雪風です。
 毎日、暑いが続いていますが、体調はいかがですか。
 冷たいものばかり飲んでいると、どうしても体がだるくなり、やる気も失せると言うもの。
 しかし、汗ダラダラでも、やはりやる気がなくなります。

 今日は、新聞の記事を拝借。
 東京新聞、8月18日(水)朝刊8面に、ワコールの記事が掲載されています。
 見出しの通り「小さく見せたい」「新発想ブラ」とのこと。
 どうしても人間の心理として、【無いものねだり】がありますが、これもその一つかもしれません。
 大きいと「太って見える」ことを心配してのものとか。
 女性のスリム志向も、大きく影響しているとのこと。
 バストか小さい人にとっては、憧れになるのに。

 ただ、大きなバストの方は、よく「肩が凝る」という言葉を聞きます。
 男性にとっては、その苦労は分かりませんが、確かに大きなバストはは、体の負担になることは間違いないと思います。
 小さい人は、大きな胸に憧れるとのことですが、肩こりのことまで考えているのか、聞いてみたい気もします。
 美容外科で、豊胸術をする方もいらっしゃいますが、あのシリコンはいけません。
 人によりますが、体が拒否反応を示したり、下手な藪に当たったりしたら、希望しないようなバストに変形。
 「元通りにしろ」と裁判している方もいらっしゃいます。

 弁護士さんの世界でも、この美容外科については、ちょっと話題があるんですが、それはお会いした人にだけ、お教えしますよ~(笑)。
 話が脱線気味、失礼しました。

 私は、バストはきちんとブラが着用できている状態であれば、こだわりはありません。
 バストは、大小よりも「感度」、「触り心地」に尽きるのではないでしょうか(笑)。

【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース


この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・雑記】残暑お見舞い申し上げます
2010/08/15(Sun)
 こんにちわ、雪風です。
 暑い毎日ですね。お見舞い申し上げます。
 夏休みは、みなさん取られましたか?
 私は、14日(土)から1週間、22日(日)まで、お休みすることにしました。
 車で、信州に行ってきます。
 盆地ですから、昼間は東京以上に暑いのですが、夜になると山から冷たい空気が吹き降りてきます。
 なんたって3000m級の山々ですから、一部には万年雪もあるはず。
 ですので夜具をかけないで寝ていると、しっかり冷え込んで、風邪をひきます。
 久しぶりの休みですので、のんびり過ごせるるといいのですが。

 さて、以前にこのブログで、DVDの女優さんと題名が知りたいとお願いしました。
 先日、やっと見つけました。
 女優は「堤さやか」。
 題名は「トランクの中の少女」でした。

 秋葉の中古DVDショップを探したのですが、なかなか見つかりません。
 ヤフオクも見ましたが、出てまいりません。
 また、行ったときに探してみましょう。
 相当以前の作品なので、500円均一のところにあるかも知れません。
 早く、全編が見てみたいと思っています。

sod_0037_l.jpg


【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流】ハンドルネーム
2010/08/03(Tue)
 おはようございます、雪風です。
 OFF会や同行の士の飲み会に行くと、尋ねられる質問「なぜ、雪風って名前なんですか」。
 今回は、これにお答えしたいと思います。

 私は、SM以外のことも、色々と楽しんでいます。
 元来、どうも物を集めるのが好きらしく、そろえないと気が済まない性格です。
 そのひとつが切手収集(郵趣とも呼びますね)、また歴史、特にミリタリー系のものは良く読み、集めます。
 そんな中で、太平洋戦争(大東亜戦争と呼ぶ動きもあるようですが)に従事した日本海軍艦艇の中で、最大の幸運艦として有名なのが、雪風です。
 私のハンドルネーム「雪風(ユキカゼ)」の名前は、旧日本海軍の艦艇(駆逐艦)に由来しています。最大の幸運艦である、その名前にあやかり、安全航行かつ色々な苦難を乗り越えられればとも思っています。
 (意外と単純?)
 SMには、合わないと言われるかもしれませんが、これも、私流です。
 今日は、この船が竣工した翌日です。

【駆逐艦・雪風】
 [起工]1938(昭和13)年8月 2日
 [進水]1939(昭和14)年3月24日
 陽炎型の8番艦として、佐世保海軍工廠で竣工しました。
 太平洋戦争を戦い抜き、日本海軍保有の駆逐艦計50隻の中で唯一終戦まで生き残った艦と言われています。
 大戦を通じて、日本海軍の駆逐艦は、激戦区に投入され非常に損耗率が高かったが、本艦は16回以上の主要な作戦に参加し、戦果を上げつつほとんど無傷で終戦を迎え「奇跡の駆逐艦」と呼ばれたと言われています。
 終戦後も、復員船として活躍。延べ13千人以上の帰国の任務についたとのこと。雪風で復員した方の中に、かの有名な「水木しげる氏」もいたとのことです。
 1947(昭和22)年7月、戦時賠償艦として中華民国(台湾)に引き渡されましたが、「丹陽(タンヤン)」(DD-12)と名を改め、駆逐艦ながら中華民国艦隊旗艦として迎えられています。
 その後老朽化が進み、1966(昭和41)年11月に除籍、1970(昭和45)年に解体されましたが、舵輪と錨のみが返還され、舵輪は江田島の旧海軍兵学校・教育参考館に、錨はその庭に展示されています。

800px-Yukikaze_21.jpg

今回の記事は、ウィキペディアから写真をお借りいたしました。また、記述についても、参考とせていただきました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E9%A2%A8_(%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6)


【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース
 
この記事のURL | 御挨拶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・コスプレ】緊縛志願隷嬢Ⅳ
2010/08/01(Sun)
 こんにちわ、雪風です。
 今日も暑いですね。
 表では、蝉が鳴いています。これが、暑さを倍増させますね。
 今日は、前回の続編。
 いよいよプレイに出発です。
 
緊縛志願隷嬢Ⅰ


緊縛志願隷嬢Ⅱ


緊縛志願隷嬢Ⅲ



【前夜の二人】
 美鈴との約束。
 そうプレイは、明日に迫った。
 先日、私の家を訪ねてきたときは、何を言い出すかと思ったが、ずいぶん悩んだ末の決断であったのだろう。
(心に残るプレイをしてあげることが、私にできることだ)
 そう思い、普段は別の間にしまってあるアイテム類を取り出し、手入れと動作チェックをを始めた。
 いよいよ、明日は美鈴とのプレイ。
「だいたい、そろったな。これでよし」
 ひとりで納得し、早めに就寝することにした。

 その頃、美鈴は…。
 やはり、ベットの中で休もうとしていた。
(先生に、あんなこと頼んでしまって…。どうにかしてたのかしら…)
 そう思いながらも、明日のプレイを期待していない、というとウソになる。
 心の中で、2つの考えが浮かぶ…。
(今から、お断りしても、大丈夫かしら。先生は「無理だと思ったら、携帯にメールを入れておくように」とおっしゃったけど…。気まぐれな生徒と思われるかしら…)
(明日は、これまでのひとり遊び゛思い描いていたことが現実になる日。はやく、美鈴のあそこを先生に触ってもらいたい…。そして、いっぱい、いろいろなことをされてみたい…)
 いろいろ考えると、ますます目がさえてくる。

 しばらくして美鈴は携帯を手に取ったが、結局、メールは打てなかった。
(やっぱり先生にお願いしよう…)
 そう心に決めると、いつの間にか深い眠りの世界に導かれていった。

【その日の朝】
 美鈴は、今ひとり暮らし、マンションに住んでいる。
 いつもどおりに起きると、いつもの軽い朝食を摂り、出かける支度を始めた。
 今日は、久しぶりに学生時代の制服を着ることになる。
 そう、美鈴は私立高校で、セーラー服ほ着ていた。
 多くの女性は、大学に進学するときに制服は実家に置いたままというのが普通。
 しかし、美鈴は思い出がいっぱい詰まったこの制服を大学進学の時に、持って来ていた。
 黒いボストンバックの中に、すでに制服は詰められている。
 そして、先生に言われた替えのブラとパンティ、などなど…。
 テレビをつけると、平日であればニュース番組の時間であるが、休日なので、子供向けの番組が多い。
(時計代わりにはなる)
 1時間ほどして、マンションの前に静かに車が1台停車した。
 そう、迎えに来たのだ。
 美鈴は、帝国の5分ほど前に、部屋を出でエレベータに向かう。
 玄関を出ると、1台の車が止まっているのを確認した。
(先生だ)
 美鈴は、駆け寄るようにその車に近づいていった。
 美鈴を確認した私は、助手席のパワーウィンドウを下げた。
「おはようございます」
「おはよう、バックは後ろに。美鈴さんは助手席へどうぞ」
「はい、ありがとうございます。失礼します」
 美鈴は、後部座席にボストンバックを入れると、助手席に乗り込んだ。
「昨日は、よく休めましたか」
「はい、ちょっと興奮して、寝つきは悪かったんですけど、しばらくしたら寝てました」
 そう笑顔で答えた。
「それは、よかった。調子が悪い、特に睡眠不足はプレイに大きな支障が出ますからね」
「はい」

「それでは、今、車に乗った瞬間、ここからプレイが始まることを言ってありましたね」
「はい、先生。何なりと、お申し付けください」
「正式なご挨拶は、後ほど受けるとして…」
「はい」
「早速ですが、簡単なボディチェックを行います」
「…は、はい」
 美鈴は、今までの笑みが消え、真剣にこちらを向いている。
「簡単なことです。スカートを少し上にあげて、今日着用しているパンティを私に見せてください」
「…は、はい」
 おずおずとスカートをたくしあげた。
 スカートの下には、ピンクのパンティが見えた。
「今日のパンティは、お気に入りですか」
「は、はい。色も肌触りも気に入っています」
「そうですか、良いものを見せていただけました」
「こ、これでよろしいのですか」
 私は、ここで手を出さない。
20100801.jpg

「ええ、では、これをパンティの中に入れていただけますか」
 私は、ゴムに包んだピンクのローターを美鈴に手渡した。
「は、はい…」
 受け取った美鈴は、パンティを少し持ち上げ、ローターを秘園の中に入れた。
「スイッチは、あなたが持っていてかまいません」
「はい」
「それでは、最初はドライブにお付き合いいただきましょうか」
 車が滑り出すように、美鈴のマンションから離れて行った。

【続編をお楽しみに】


【体験を志願される方へ】
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース
この記事のURL | コスプレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |