FC2ブログ
2013 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2013 10
【雪風流・空想小説】奉仕の宿・5日目・最終日 修了試験 緊縛技能2
2013/09/25(Wed)

前回  奉仕の宿・5日目・最終日 修了試験 緊縛技能1

「それでは、組み合わせを発表していただきましょう。すみれさん、お願いします」
「かしこまりました。それでは組み合わせですが、1番テーブル・・・」
 1番テーブル みずき、一美
 2番テーブル 菜穂子、由美
 3番テーブル 宏美、アスカ
「以上です」
「今回は、受け手として、こちのホテルのアスカさんをお願いしていますので、みなさんよろしくお願いします」
「アスカでございます。よろしくお願いいたします」
 アスカの挨拶に、きちんと礼を返す5名。
 よし、これなら、大丈夫だ。
 最高の隷嬢を、東南アジアの主のところへ送り込めるぞ。

「注目してください。それでは、試験の内容を説明します。」
 6名が一斉にこちらを向く。
 当然、待機姿勢も点数の内に入っているので、素早く動作、待機姿勢も含めて試験官のペンが走る。
「それでは、最初は、みずきさん、菜穂子さん、宏美さんが縛り手です。そして、一美さん、由美さん、アスカさんが受け手です」
「先生、質問よろしいでしょうか」
「どうぞ、一美さん」
「あの、申し上げにくいとですが・・・」
「ご遠慮なく、どうぞ」
「もし、縄に感じてしまって・・・、声とか出てしまったら・・・」
 その言葉に、他の全員が苦笑する。
 しかし、一美は真顔で、真剣に私を見ている。
「一美さんは、正直ですね。試験ですから真剣勝負なことはよくご存じのはず。きちんと縛られた縄に感じないというのは、縛りがまだイマイチということです。声が出るほど良い縛りを見せていただきましょう」
「ありがとうございます」
 1、2、3、4のリズムで最敬礼。
 ここで、これは高得点のはず。
「みなさんも、一美さんに負けないような、素晴らしい縛りをぜひ見せてください」
「はい」
「それでは、最初の課題は、緊縛の第一歩「後手縛り」から始めます。テーブルのわきに受け手の方が立ち、そしてその後ろに、縛り手の方が入ってください。使うものは「麻縄2本」です」
「はい」
「制限時間は5分。アレンジも可能です。」
「はい」
「よろしいですか。それでは、第一縛はじめ!」
 その言葉を合図に、みずき、菜穂子、宏美が一斉に麻縄を手にして、まずまとめを解き、そして2本取り。
 ここまでは、誰も一緒だ。
 そして、受け手が後ろで組んだ腕に向かって、縄を施す。
 上から入れる、下から回す、そして2重、さらには3重の研修生も。
 これは、個性豊かだ。
 みずきが、一美に声をかけている。
「このくらいの強さで大丈夫?」
「ええ」
「15分くらい、保ちそう?」
「いけそうよ」
「ありがとう。続けるね」
 この配慮は、なかなかだ。
 奈津美は気づいているようだ。
 それぞれ、後手の中心点から、左回し、または右回しでバストの上部を通り、次は中心点に引っ掛けて、バストの下部を回す。
 そして、中心点で一度固定し、閂と呼ばれる、わきの下への廻しに入る。
 誰も見ていて、手際が良いらに驚く。
 タイマーは、2分30秒を経過。
 みんな、もともとの中心点を二度回しているので、そろそろ縄が尽きるころだ。
 当然、継縄にするか、一度後部中心点で止めるか。
 受け手の体格もあるので、閂の途中で足りなくなる場合もあり得る。
 3人とも継縄をしたが、きちんと一度中心点で止めを入れている。
「残り2分」
 この声で、少し手持ちが狂うかと思ったが、3人何ともなく、どんどん縛り上げて行っている。
 後手中心部から前面に縄を回し、そしてバストの中心部で折り返す。
 屋の方はいろいろあるが、上の縄も経由するか、いきなり、アンダーバストの縄にかけるかで、その後の展開が変わってくる。
 残りの縄の長さも計算してのことだ。
「残り1分」
 3人とも、完成に近づいているが、さて、どうかな。
「残り30秒」
 最後の、止めに入った。
「残り5、4、3、2、1。そこまで」
 一番早かったのは、菜穂子、そして宏美。最後はみずきであった。
 全員、一応の完成を見た。
「それでは、試験官による外見検査に入ります。受け手の方は、一歩前へ」
「はい」
(つづく)
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・空想小説】奉仕の宿・5日目・最終日 修了試験 緊縛技能1
2013/09/23(Mon)
 ご無沙汰しました、雪風です。
 空想小説「奉仕の宿」再開いたします。
 更新が多少遅れ気味ですが、頑張りますので、よろしくお願い致します。

 前回  奉仕の宿・5日目・最終日 修了試験 中間報告

 6階の試験場には、まだ研修生は到着していない。
 ドアを開けると、会議テーブル1本ずつ、3列並べられていた。
 テーブルの上には、もちろん麻縄と色とりどりの綿ロープが、それぞれの小篭の中に入っている。
 一番手前のテープ目においてある小篭から、麻縄を取り出し、そしてばらしてみる。
 そして、2本取りにして、手の上を滑らせてみる。
「これなら良いだろう。新しすぎず、古すぎず、また蝋なども受けていないから、感じが良い」
「これは、どちらで手に入れられるのですか」
 奈津美が尋ねる。
「麻縄は、やはり手作りができないといけません。煮る、干す、加える、そして一つ一つがオリジナルとなる、と言い出すと大変ですね」
「やはり、ショップですか」
「ええ。ただ、Y風流では、ちょっとした工夫が必要なので、結局いつもの工房から直輸入ですね」
「その工夫とは」
「それを明かさないから、Y風流なんですよ。昔、いろいろと試しましてね~。中でも蜂蜜はよかったのですが、それよりも良いものを見つけましてね」
「それは・・・」
「びっくりなさいますから、申し上げません。ご想像にお任せします。ふふふ」
「意味深な、AO様ですね~」
「たまには良いでしょう。さあ、研修生が来るまでに、外見だけでもチェックをしておきましょう」
「はい」
 私と奈津美、すみれの3名で、これから試験に使う麻縄、そして綿ロープの点検を進める。
「そちらはどうですか」
「ちょっと、若い感じのものが混ざっていますね」
「では、ひとまず外しておいてください。試験に使うものは、最高の点が出せるものを用意しておかなくてはなりません」
「???」
 奈津美とすみれが、一瞬、きょとんとした。
「最高の点数が出せるものを用意して、点数が出せないようでは、使いこなせていない、という評価になるじゃないですか」
「AO様は、全員が良い点を取れるようにと」
「そうですよ。きちんとしたアイテム、それを使えば、最高の時間を主にさし上げられる。当然、さあ河野アイテムは、本来、隷嬢が用意すべきなのですが、ね」
「わかりました」
「残りを早く、点検して、少しでも若いものがあれば、それは別のものと取り換えてください」
「はい」
 いつにしても、この二人の返事は良い。

「全部見ましたね」
「はい」
「やはり、何本か取り替えたほうが良いものがあります」
「そうですか。止むを得ませんね。私の部屋から、必要本数を持ってきて、この中に混ぜてください」
「わかりました」
 奈津美とすみれが、2人で「若い」麻縄、綿ロープを持って、私の部屋に向かった。

「よろしいですか、先生」
「みずきさん、どうぞ」
「みんなも、廊下で待っていたのですが」
「良い心がけですね。そうでなくてはいけません。ご主人様が次に求められるものは何かをきちんと受け止め、そして定刻の5分前には、いつでも求められる態勢に入れるような準備が必要ですね」
「はい。先生がいらっしゃる前に、講義の中で時間については、厳しく教えられました」
「そうでしょう。お友達ならいざ知らず、主と隷嬢の立ち位置を心得ない者は、お屋敷にはいられないのですから」
「おっしゃる通りです」
「もうすぐ、試験官のお二人が戻ってきますので、みなさん部屋に入って、後ろの座席でお待ちください」
「ありがとうございます。失礼いたします」
 みずきの挨拶に続いて、ほかの4名がそれぞれ挨拶しながら、部屋に入ってきた。
 全員、色は異なるが、OLの白のブラウス、ベスト、スカートという事務服姿だ。
 5名も入ると、なかなか壮観な感じがする。
「失礼いたします。洋子女将のご指示でお伺いしました」
「これは、アスカさん。このたびは、お手数をおかけいたします」
「AO様、いえ、AO先生。わたくしをお呼び下さりありがとうございます。一生懸命、務めさせていただきます」
「よろしくお願いいたしますね、アスカさん」
「こちらこそ、よろしくお引き回しのほど、お願い申し上げます」
 アスカも、しっかりとみんなの研修する姿を垣間見て、自分なりの研さんを積んでいるようだ。
 次の機会には、ぜひ研修に参加させたいものだ。

「お待たせいたしました、AO様。お部屋からお持ちいたしました。ご点検を」
「こちらに、お願いします」
 一番端のテーブルに置かせ、そして麻縄と綿ロープの点検を行う。
 先ほどのものよりは、良いだろう。
「では、それぞれ、過不足なく小篭に入れてください」
「はい」
 奈津美とすみれが、それぞれの小篭に交換分を加え、試験の用意は整った。
「それでは、みなさん。これから、緊縛技術の試験に入ります」
(つづく)
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【羞恥責め】セーラー服にいたずら
2013/09/16(Mon)
 おはようございます、雪風です。

 コスプレの王道「セーラー服」に、いろいろなことをしてみました。
 まずは、自分でブラジャーを露出させる。
 次は、定番の着衣緊縛。
 望まれて、乳首に「洗濯ばさみ」の飾りをつけてみました。

2012042201 (640x480)

2012042202 (480x640)

2012042203 (640x480)

 コスプレでのプレイは楽しいですね。
この記事のURL | 羞恥責め | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【羞恥責め】 2012年3月 セーラー緊縛
2013/09/10(Tue)
 雪風です。
 コスプレの定番、セーラー服緊縛です。

 スカートまくりは、堪えられないですね。

※ 画像は、HPでお楽しみください。
この記事のURL | 羞恥責め | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【羞恥責め】 2011年 倶楽部令嬢
2013/09/08(Sun)
 こんばんわ、雪風です。

 このところ多忙で、空想小説が進んでおりません。
 申し訳なく、お詫び申し上げます。

 しばらく撮り貯めた、羞恥画像をアップさせていただき、ご容赦を賜りたいと思います。

 2011年4月に某クラブで実践したものです。
 30代半ばの女性でしたが、均整の取れたプロポーション、清楚な感じも含め、とても素晴らしい隷嬢候補者でしたが、短期間でお辞めになったようでした。

 私は少しですが、占い(メインは、姓名判断、手相。場合により方角なんかもしたりしますが)をしますので、もしかすると気になった顔面のほくろ(?)、顔相があの娘の行動を支配しているのかもしれません。
 新たな世界に進むためには、あることをしなくてはなりませんが、その勇気があるかどうか?
 まあ、良い思い出として、残しておきましょう。

 年内は、どうも多忙になりそうなので、気づいたときに、投稿します。
 ご容赦くださいね。
 

 ※ HPに掲載していますので、そちらでお楽しみください。(20130922)
この記事のURL | 羞恥責め | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・雑記】パソコンがアウト
2013/09/01(Sun)
 こんばんわ、雪風です。
 更新が遅くなっており、申し訳ありません。
 空想小説のストーリーは、頭では出来ているのですが、なかなか文字にタイプできておりません。

 いろいろ考えている途中、2週間ほど前に、パソコンが壊れてしまいました。
 これは参りました。
 個人フォルダが壊れたようで、パスワードを受け付けません。
 仕方なく、メーカの相談室にリモートまでしてもらいましたが、復活せず。
 最後はリカバリーを勧められ、電話を切って開始すると、リカバリーが途中でストップ。
 ※後で判明したのですが、リカバリーディスク、そのものにバグがあったのです。
 ついに画面が真っ黒になり、何も受け付けない状態となったため、パソコン修理に来てくれるサポーターの会社に連絡し、翌日来ていただきました。
 1時間半の奮闘の結果、復活せず、あきらめざるを得ませんでした。

 翌週、池袋で出かけ、パソコンを新規購入しました。
 これは、お財布が痛かった。

 そんなことで、途中まで書いた原稿も飛び、もう一度書き直しとなっています。
 楽しみにしていただいている皆様には申し訳ありませんが、更新に少し時間をいただきたいと思います。
 ご容赦ください。

【前回記述のSM体験志願者】
 これから、調教を始めて、一歩一歩進歩していく様子を書けると思っていましたが、残念ながら連絡が取れなくなってしまいました。
 すでに1月以上連絡がありません。
 残念ながら、レポートはアップできません。
 私の考えは、SMという方法を含め、お互いに夢の時間の中で、女性の持っている、素晴らしい「美しさ」に磨きをかけてあげたいと思っています。
 引き続き、体験志願者を募集していますので、お気軽にお問い合わせください。
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |