FC2ブログ
2014 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2014 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流】<リアル体験>  コスプレ・ナース⑤ AYさん③
2014/04/17(Thu)
【AYさん】
 シャワーを終えてから、軽くドリンクタイム。
 そして、いよいよ白衣に着替えてもらうことになる。
「では、そろそろ着替えていただきましょうか」
「はい。楽しみにしていました」
「家では着なかったのですか」
「ええ、時間がなくて」
「じゃあ、今日はお初ですね。しっかりと写真も撮りますよ」
「はい。よろしくお願いします」
 袋から、先日買ったままの状態で、ビニール袋に入った白衣がお目見えした。
 AYさんは、白衣を袋から取り出すと立ち上がり、折り目を少し撫でて白衣全体の折り目などを消していく。
「そのまま白衣を着るのではなく、ブラジャー、パンティともに着用してください」
「はい」
 私に少し背を向けて、まずはパンティを履き、今度は、ブラジャーを胸に付けて、ホックで留める。
 そして、ブラジャーのカップを前にしてバストを入れて、紐を肩にかけた。
「これでよろしいですか」
「結構です。では、白衣を着てください」
「はい」
 とても、うれしそうだ。
 着替え、そして白衣を着るところも、デジカメに収めていく。
「こんな感じになりました」
 嬉しそうに、私に向かって笑みを浮かべつつ報告する。
「まずは、縛りを受けてもらいます。その後に、首輪を付けてあげましょう」
「はい。よろしくお願いします」
 私は、後手縛りを主としているので、まずは手を後ろに組んてもらい、その後、バストの上下に赤の綿ロープを回していく。
 きちんと出来上がったところで、今度は首輪だ。
「では、首輪を付けますね」
「はい」
 買ってきたばかりであるが、首周りに相当余裕をもって金具をはめる。
「苦しくないかな」
「大丈夫です」
「今度は、リードを付けますよ」
「はい」
 首輪の金具に、リードの金具をひっかける。
「完成です。鏡の前に行ってみましょうか」
「はい」
 白衣には、やはり「赤」が似合う。
 AYさんを洗面台の前にある、大きな鏡の前に連れていく。
 と、何か別のものを見ているような気がしたのだろうか。
 横向き、背面など、縛られている様子を、色々な方面から確認している。
「どうですか」
「綺麗に縛ってもらって、嬉しいです」
「今日は、まあまあっていう感じですね」
「そうですか?なんか、とっても慣れたさばき方でしたけど」
「わたしは、後手縛りが一番多いですからね。多少の慣れもあります」
 話しながらも、しきりに体を曲げては色々な部分を確かめているAYさん。
「そろそろ、お部屋に戻りますよ」
「はい」
 少し名残惜しそうであるが、部屋に戻って、デジカメで撮影を続ける。
「一度ロープを外します。少し休んだら、今度は麻縄で縛ってみましょう」
「はい」
 綿ロープの留を外し、脱がせるように一気にロープを外す。
 軽くドリンクタイムにしてから、今度は麻縄を用意する。
 首輪は、そのまま付けている。
「どう、首が擦れていないかな」
「大丈夫です」
「これから何度も付けていけば、貴女の肌になじんでいくと思いますよ」
「そうですか」
「まだ、革が硬いっていう感じだと思いますが、馴染めば、だんだんフィットしてきます」
「はい」
「今度は、縛りに加えて、白衣を乱していきますからね」
「なにか、ドキドキします」
「では、始めますから、こちらに来て」
「はい」
 立ち上がって、わしの前に進む。
「また、後ろに手を組みますか」
「そうしましょう」
「はい」
 私の前で背中を見せ、そして後ろで手を組んだ。
「麻縄は、綿ロープと違い、伸縮はほとんどありません。今回のものは新しいものなので、固い感じがするかもしれませんが、だんだんフィットしていきますので」
「はい。わかりました」
 私は、隷嬢を安心させることが調教にとっても、とても大切なことと考えているので、声掛けは怠らない。
 先ほどと同じように、後手縛りを進めていく。
 麻縄が、白衣を着たAYさんの身体に密着し、そしてぴっちりと決まっていく。
 正に「雪風流・縄化粧」である。
 縛りが出来上がったところで、洗面所の鏡に連れていき、感想を聞く。
「どうですか」
「きちんと縛られているって、感じですね」
「今回は、麻縄なので、しっかりと固定された感じが出ているでしょう。実際も、そうなのですが」
「はい」
 AYさんは、身体を左右に振って、鏡で自分の縛られた姿を確認している。
「では、部屋に戻りましょう」
 そう言いながら、リードを引き、部屋に戻る。
「着衣がきちんとしているので、これから乱していくのが、とても楽しみです」
「なんか、恥ずかしい…」
「せっかくの機会ですから、いろいろ体験してください。普段通り、声も出して構いませんから」
「は、はい」
「その前に、有線をかけて、と」
 私は、プレイ中は、波の音を選ぶことも多いが、クラッシックをかけて臨場感を出すことを忘れない。
 今回は、波の音にした。
 砂浜を波が洗う音だ。
 ザザーー、ザザーー。
「なんか、晴れた広い砂浜に来たような気がするでしょう」
「落ち着きますね」
「では、こちらに来て」
「はい」
 最初は、ゆっくりとスカートをまくり、そしてパンティを鑑賞する。
 そしてスカートが落ちないように、腹部に巻いたスカートの裾を縄に引っ掛ける。
「綺麗なパンティですね」
「は、はい。この色、私好きなので」
「いい感じです」
「あーー」
 そう、内股を少し撫で上げてみた。
「AYさんの体温を感じます」
「…」
「声を出して構わないから」
「は、はい」
「感じたら、遠慮なく、ね」
「は、はい…」
 今度は、前面のボタンを外しにかかる。
 AYさんは、多少不安げに、それを見ている。
「素敵なバストですね」
「は、はい」
「さっきから、とても気になっていました」
「…」
 白衣の前面を広げると、豊満なバストを包む薄紫のブラジャーが目に飛び込む。

20140417 01

「ゆっくり、やさしくいきますからね。痛い感じがしたら遠慮なく言うこと」
「は、はい。わかりました。あぁ~~」
 そう、ブラジャー全体を手でもみ始めたので、声が漏れ始めた。
 しばらく、ブラジャーの布越しに、豊満なバストの感触を楽しむ。
 露出したブラジャーのカップに手を差し込むと、すでに乳首はビンビンになっている。
「乳首が、いやらしく勃ってますよ」
「…」
 目をつぶり、口を半開きにして、感じ入る表情に入った。
(つづく)
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流】<リアル体験>  コスプレ・ナース④ AYさん②
2014/04/15(Tue)

【AYさん】
 ホテルの一室に入り荷物を置き、浴室の優位を終えると、AYさんは私の前に正座して挨拶を始めた。
「本日は、ご調教、よろしくお願いいたします」
 そう言うとAYさんは、頭を床に付けるぐらいに伏せて、私の言葉を待った。
「はい、面を上げて」
 言われてから球を上げて、上目遣いに私を見る。
「最初のあいさつとしては、よくできました。声をかけるまで面を上げなかったのは、心得ができていますね」
「ありがとうございます。以前何かのHPを見たときに、声をかけていただくまではひれ伏したまま、と書いてありました」
「よく調べましたね。結構です。では、立ってください」
「はい」
 座っている私に向き合って、立ち上がるAYさん。
「まずは、身体検査を受けてもらいます」
「はい」
 今日の服装は、控えめなワンピースタイプだ。
「最初に、スカートを持ち上げて」
「は、はい」
 ゆっくりとスカートを持ち上げると、パンティストッキングに包まれた下半身が現れた。
 体にぴったりの薄紫のパンティが透けて見える。
「男性の前で、こんなことをしたことはないでしょう」
「は、はい。ドキドキです」
 照れ笑いをしているAYさん。
 見つめられて口をつぐみ、視線を床に移した。
 ここでは、見つめるだけで決して触れることはしない。
「では、スカートを元に戻して」
「はい」
「今度は、ストッキングを外して」
「はい」
 ワンピースの脇から手を差し入れて、ゆっくりとストッキングを下げていく。
 脱ぎ終わってから、椅子の上に丁寧に折りたたんだ。
「今度は、パンティを外して」
「はい」
 再度、スカートの脇から手を入れてパンティを脱ぎ、折りたたんでから、ストッキングの下に入れた。
「そのワンピースは、前ボタンですね」
「はい、そうです。お腹のところまでボタンがあります」
「では、ボタンを外して」
「はい」
 上から、一つひとつボタンを外すと、黒のキャミソールが現れた。
「濃い色だと、肌着が透けない、ということですね」
「はい。今日のワンピースは、意外と生地が薄いので黒にしました」
 ボタンを外し終わった。
「では、スカートを持ち上げてください」
「はい」
 今度はパンティを履いていないので、ドキドキしているようだ。
 ゆっくりと上げると、密林が直接目に飛び込んできた。
 よく見ると、手入れをしたらしく、だいぶ剃ったようで、秘苑の上に口髭が載っているような感じになっている。
「いつ、お手入れしましたか」
「は、はい。あの、数日前にお風呂で」
「そうですか。でも、だいぶ剃りましたね」
「以前は、全部沿っていた時期もあるのですが…。パイパンと言うことです」
「今回は、残しましたね」
「はい、先日の面談や過去のブログを拝見して、残してあった方が良いかと思いまして」
「そうですね。私は、あった方がいいですね」
「今度は、ワンピースを脱いで、そしてキャミも」
「はい」
 すらりとワンピースを外し、椅子の肘にかけるように置き、黒のキャミソールを脱ぐ。
 残っているは、パンティとお揃いの薄紫のブラジャーのみ。
 バストが大きく、ブラジャーから零れ落ちるのではないかと思えるほど、立派なバストだ。
 後から、たっぷり堪能させていただこう。
 AYさんは、パンティーがないのが気になる様子で、秘苑の前に手を組んでで隠している。
20140414 01

「写真を撮りますから、手を外して」
「は、はい」
 おずおずと組んだ手が、左右に分かれると、はっきりと茂みが露わになった。
 ここで、デジカメを向け、恥ずかしそうにしている表情と、大胆にも露わにしている全裸を収める。
「素敵なバストですね。きれいです」
「あ、ありがとうございます。友達とかに褒められたこともあります」
「そうでしょう。羨ましがられたんですね。乳首と乳輪も小さめですけれど、感度がよさそうですね」
「もう、乳首勃ってる感じです」
 しばし、AYさんの全裸鑑賞をした。
「今度は、私が脱ぐので手伝ってください」
「はい。わかりました」
 ズボンのベルトに手をかけて外し、そして今度はチャックを下げる。
 ゆっくりとズボンを下ろしてくれたので、片足ずつ外していく。
 AYさんが立ち上がり、今度はシャツの腕のボタンを外し、そして前のボタンを上から外していく。
 シャツが脱げた。
 今度はランニングを下から持って、私が万歳をして外してくれた。
 ズボン下に手をかけ外すと、最後にトランクスだけが残った。
「緊張するかな」
「ええ、でもまだ拝見していなので」
「ゴムを軽く引っ張って、主砲が擦れないようにゆっくりと下げてください」
「はい、わかりました」
 言われたとおりに、トランクスを引っ張って空間を作り、そして主砲を擦ることなくトランクスを外した。
 私の衣類は、都度、畳んでベットの上に重ねて置いてある。
「さあ、ではシャワーに行こうか」
(つづく)
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流】<リアル体験>  コスプレ・ナース③ AYさん①
2014/04/15(Tue)

 AYさんは、私のブログを見て応募してきた20代半ばの女性。
 スタイルもよく、また張りのある肌は、いわば蕾が開く少し前という感じで、これまでに接した男性の数が少ないことを伺わせる。
「私、ナースの白衣を着てみたいんです。そして縛られたり、首輪をされて、部屋の中を引き回されたい…」
 最初の面談で、こんな希望を述べたAYさん。
「なぜ、白衣なのですか」
「私、本当は看護師を目指したかったんですけれど、学力が足りないので、あきらめざるを得ませんでした」
「で、今の仕事は、確か…」
「はい、病院の事務です。そんなに大きな病院ではないのですけれど、白衣を着た看護師さんたちと一緒に仕事ができるのが、うれしくて」
 そんな希望を持っていたAYさん。
「それでは、今度会ったときに着てもらえるよう、帰りに買いましょうか」
「えっ、いいんですか」
「アダルトショップのものだから、なんちゃってになりますけれど、もしよろしければ」
「うれしいです。私、家で着ていたいのですけれど、どこで買ってよいのかわからなくて」
「都内なら、色々なところにありますよ。ただ、アダルトショップは、一人では入れないと思いますけれど」
「そうですね」
 そんな会話を重ねた後、喫茶店を出て、駅に向かう途中にあるアダルトショップに入ってみる。
「白衣ありましたよ」
「わぁ~、うれしい」
 たまたま店に置いてあった白衣は、ピンクのナイロン製のものもあったが、白の厚手の布地の物も置いてあった。
「こちらの方が、より本物に近い感じですね」
「そうですね。これがいいかな~」
「キャップはどうしますか」
「私は、被り物は苦手なので、ごめんなさい」
「いや、気にしなくてもいいですよ」
(と言うものの、ちょっぴり残念)
 私が買い求めて、店を出てから袋を渡すと、とてもうれしそうに笑みがこぼれている。
(素直だな~)
「早速、家で着てみてくださいね」
「はい。一人の時に着てみます」
 笑顔に屈託がない。
20140413 03

 次に、希望のあった「首輪」と「リード」を買い求めなくてはならない。
 ネットで色々と探したが、これというものがなく、また値段もピンキリで、迷うばかり。
 一人で東急ハンズにも出かけたが、品数が少ないうえに値段も高く、あきらめた。
 それなら、ホームセンターはどうだろうか。
 約束していた初回のプレイの際、事前に都内のホームセンターで待ち合わせることにした。
 午前11時ころに待ち合わせて、ホームセンターに向かう。
 犬用の首輪のコーナーがあり、そこには多数の品物が置かれていた。
「どんなのが、いいですかね~」
「迷っちゃう」
「今回、白衣ということだと、赤系統が似合うかと思いますよ」
「そうですね」
 そう言いながら、色々な首輪を手に取って、革の感触を楽しむAYさん。
(そうだ、重要なことを忘れていた。首回りを測っていない)
「AYさん、あなたの首周りは、何センチですか」
「測ったことがないので、よくからないのですが」
「じゃあ、ちょっとこちらに来て。人気のないところで測るから」
 念のため、洋裁用のメジャーを持ってきてあったので、よかった。
 同じ首輪のコーナーを見ていたご婦人が立ち去るのを確認し、手早くAYさんの首にメジャーを回して測る。
「わかりました、○○cmなので、このサイズの物なら大丈夫でしょう」
「でも、種類が限定されますね」
「東急ハンズの池袋にも行ってみましたが、これより品数は少なかったですよ」
「そうですか」
「これなんかが、似合いそうですね」
 私は、赤色の裏がきちんと鞣された首輪を手に取り、AYさんに渡す。
「ちょっと、付けてみますね」
(おいおい、傍目を気にしてくださいよ)
 私が首輪の留を外し、周囲にお客様がいないことを確かめて、さっとAYさんの首に回した。
「サイズとしては、ちょうどいいですね」
「はい。では、これにします」
「あと、リードを合わせましょうか」
 鎖、組紐、形成されたものなど、色多様だ。
 いくつかの候補を赤の首輪に合わせていく。
 結果、手触りの良い、黒と白の「組紐」に決めた。
「これからが楽しみですね」
「革の感触は、どうかしら」
「最初は、多少、革で首が擦れると思うけど、きっちりでなく、軽く巻けば大丈夫ですよ」
「そうですね。そのうち馴染みますね」
 そう言いつつ、2人でレジに向かった。
(つづく)
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
【雪風流】<リアル体験>  コスプレ・ナース②
2014/04/13(Sun)

【ナース・YZさん】
 YZさんは、本物。現役のナースだ。
 最初の調教の時、白衣を持参してもらったが、当然今は「ナースキャップ」はない。
「今は、ナースキャップがないのが当たり前だけれど、昔からナースと言えば、キャップが目印だね」
「ユキカゼ先生は、こだわりがあるのでしょうか」
「実は、被り物は結構好きなので。今度お会いするときは、白衣の販売店で売っていたので、買いましょうか」
「うれしいです。私が就職したころは、まだキャップのある病院だったので、実際に付けていました」
「きっと似合うでしょうね。なんか楽しみです」
「今は、キャップのある病院は皆無で、なくなってしまいましたね。喜んでいただけるなら、着用させていただけます」
 と言う会話をしていた。
  
 2回目に会ったとき、残念ながらそのお店は、お休みだったので買うことができなかった。
 しかし、YZさんは、私の希望を覚えてくれていた。
「買えなかったのですが、これを用意してみました」
 なんと、ネットで検索して、紙製だったがナースキャップを用意してきてくれた。
 紙では、すぐへたってしまうので、クリアホルダーに入れて、型取りまでしてきてくれた。
 実に本格的。

 シャワーを浴びてから一休みして、早速YZさんは、着替えを始めた。
 最初に白のパンティを履き、そして白のブラジャーを付ける。
「今日のブラとパンティは、白なので、制服にぴったりですね」
「ありがとうございます。あとガーターベルトを買ってみたのですが、如何てしょうか」
 白のガーターベルトに、白のストッキング。
「YZさんは、現役の方だし、何から何まで本物ですね。うれしい限りです」
「先生が喜んでくださるなら、また、いろいろ揃えますね」
「ありがとう」
 私は、制服を着用させる場合、可能な限り本物を求めるようにしている。
 その私のコスプレへの拘りを、すべて実現してくれた、YZさん。
 その心配りに感謝したい。

 ストッキングを着用し、白衣をまとったYZさんは、いよいよナースキャップを用意する。
 本来、ナースキャップは布製で、糊を強くかけて、形を整えるもの。
 今回は、クリアーホルダーがなかなか曲がらず、意外と苦戦したが、なんとか、後ろを安全ピンで留め、形ができた。
「髪留めのピンが、黒しかなかったのでごめんなさい」
「駅前で買えばよかったですね。でも、素敵でよ」
「ありがとうございます。これでキャップが留まりましたので、完成です」
「それでは、早速記念撮影と行きましょう。では、そこに立って、手を組んでポーズをとってください」
「こんな感じでよろしいですか」
「いいですね。では撮りますよ」
 デジカメをYZさんに向けて、全身を収める。
20140413 01

 そして、次は上半身。
 カシャ、カシャ。
 シャッター音が、何度も部屋の中に響く。
「では、楽な姿勢になって」
「はい」
 YZさんは、組んでいた手を下げた。
「先生」
「何ですか、YZさん」
「先生、ご覧になっていただけますか」
「何を」
「これからYZ、スカートを持ち上げますので、私のパンティを見て、そして触ってほしいんです」
 そう言うと、私の返事を待たずに下を向いて、スカートの裾をもって、上に持ち上げた。
「これで、すべて見えるでしょうか」
 YZさんのパンティの前面は、すべて露出している。
「そのまま、私の前に来てください」
「はい。よろしくお願いします、先生」
 椅子に座っている私の前に、スカートを持ち上げたままのナースがやってきた。
「こちらでよろしいですか」
「結構です」
 そう言って、私は立ち上がり、YZさんの脇に立った。
「そのままの姿勢で、動かないで」
「はい」
 私は、ナースキャップを付けた本物の看護師の白衣の上から優しく、バストを揉んでみた。
「あーー」
 Mのスイッチが入った瞬間だ。
 白衣のボタンを、いくつかはずし、今度は直接ブラジャーに手を忍ばせる。
「せんせい~~」
 YZさんは、私の唇を求めてきた。
 舌を絡ませながらも、手は、ブラジャーの中のバストを揉み、乳首を転がして、弄んでいる。
 YZさんの息遣いが荒くなり、そして心臓の鼓動も早くなっている。
 唇を合わせながら、今度はバストを弄んでいた手が、スカートを持ち上げた下半身に移動する。
 片手でしっかりとYZさんを抱き、そして手は内股をゆっくり擦っていく。
「あぁーー」
 YZさんは目を閉じて、この感触に酔いしれている。
「手を後ろに回して」
「はい」
 後手の交叉した部分を、私の手が抑える。
 相してから、私の方でパンティの上をゆっくりとさすり始めると、布越しに秘苑の密林がふんわりと伝わってくる。
 パンティのゴムに沿って、人差し指を前後させる。
「あぅーん」
 吐息と交って、感じている声が私の耳元でささやかれる。
 指は、パンティのゴムを乗り越えて、秘苑に達する。
「この密林の感触がいいですねぇ」
「あぁん」
 腰が少し引けた感じがする。
「動かないで」
「は、はい」
 ゆっくりと密林をかき分けながら、指は奥地に侵入していく。
 秘苑の割れ目に沿って、指を前後していると、手に粘液がまとわりついていくのがわかる。
「あそこ、しっかりヌルヌルになってきたね」
「あぁーん」
 YZさんには、私の声が聞こえているかどうかわからないが、身体は正直に反応している。

 ナースキャップを付けた、いわば一昔の看護師に、こうして私のソフトSMを施していく気分は、何とも最高だ。

20140413 02
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。