FC2ブログ
2015 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流・体験記録】 ナース(コス)調教③
2015/10/30(Fri)
 洗面コーナーから部屋に戻り、そして、いよいよ責めに入っていく。
m10.jpg

 まずは、元の位置に立たせる。
 そして、緊縛されたナースの脇に立ち、そて自らの手で刺激を加えていく。
 白衣の上から、バストを揉みほぐす。
 さらに、スカートから手を入れ、内股を刺激しつつ、パンティのゴムラインを優しく撫で上げていく。
「あぁ~」
 まだ序章だ。
 パンティ越しに、秘苑を刺激して、何度も良い声を出させる。
 女性の感じる、甘ったるい声は、私の刺激心をくすぐる。
 今度は、白衣の前ボタンを外し、左右に開いて、ブラジャーを露わにさせる。
 そして、寺の上から、もみほぐし、乳首が硬くなることを確かめる。
 さらに、脇から手を差し入れて、バスト全体をもみほぐし、中指と薬指の間に、固くなった乳首を挟んで、刺激を増していく。
 我慢をしているようだが、感じる声を抑えることはできない。
「あぁぁぁ~」
「感じているのか」
「は、はい。き、もち良いですぅ~」
 しばし、刺激を左右のバストに加えた後、今度は、ブラジャーを上にたくし上げる。
m11.jpg

 指で乳首を弾く、摘まむ、軽く引く、手の甲でバスト全体を包み、そしてゆっくり円を描く。
 乳首は、ビンビンになっている。
 そして、今度は軽く乳首にキスをして、口に含んで転がしてみる。
「あ、あぁ~ん」
 口から自然に漏れる、甘い声は、やはり良い。
「さて、あそこの方はどうなっているかな。言ってごらん」
「は、はい。きっと、ヌルヌルしていると、思います」
「何が」
「あそこです」
「あそこでは、わからないね~」
「お、おマ○コ、です」
 言葉の語尾が小さくなっていく。
「では、確認させてもらいましょう」
 そう言いながら、再度、内股を刺激しつつ、手がパンティに包まれた秘苑に上っていく。
 声を出さないように、口をつぐんで、身体をよじらせている。
 難なく、パンティの脇から人差し指が侵入する。
「おや、だいぶ、湿ってますねぇ~」
「は、恥ずかしい…」
「どれどれ」
 そう言いながら、パンティに侵入した指は、秘苑の立筋を撫でていく。
 合わさっている襞の中心部から、生暖かい、ヌルッとした液が指にまとわりつく。
「おやおや、だいぶ感じているようですねぇ~」
 恥ずかしいのか、顔を伏せるようにしているが、声は出さない。
 それでは、声がたくさん出るように、指責めだ。
「あぁぁぁ~~」
 秘苑をかき回すように、そして、秘苑の襞をかき分けて侵入した指は、Gスポを難なく捉え、そして、さらに進む。
 子宮口が、だいぶ下がってきている。
 その周りを人差し指が撫でまわしていく。
 声が一段と高くなっていく。
 足元が、ガクガクしてきたようだ。
 ここで体を支えないと、倒れそうだ。
 片方の手を腹部に回して、身体を支え、そしてさらに秘苑を責め続ける。
 秘苑からは、粘液が溢れている。

<続く>
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・体験記録】 ナース(コス)調教②
2015/10/23(Fri)
 鑑賞を終ると、私の服を脱ぐのを手伝わせます。
 そして、私も全裸となり、シャワールームへ、移動します。
 ここは、私がリード。
 そして、ひと時、主従関係はお休みしつつ、雑談を交わしながら、シャワーで全身を洗わせます。

 風呂上がりは、絶対ビール、しかも「エビス」です。
 至福の時間は、より良いものを飲みたいので、必ず「エビス」です。
 ※琥珀があるときは、琥珀エビスですけれど。

 さて、しばし歓談の後、いよいよプレイにしいります。
 持参させた白衣(ナース)に、着替えてもらいます。
「では、白衣を着用してください。ブラ、パンティももちろん着用してください」
「はい。では用意します」
 フォトは、着替え終わったところで、待ちのポーズで、パチリ。
m06.jpg

「如何ですか、ナースになった気分は」
「コスプレはしたことがないので、なんか恥ずかしいような、変な感じです」
「もっと、恥ずかしいことを、してもらいますが、できますか」
「はい、がんばります」
m07.jpg

 それでは、毎度お馴染のポーズからしてもらいましょう。
「さて、それでは、まずねスカートを、ゆっくり持ち上げてくれますか」
「は、はい」
 パンティが、ちらりと見えるところで、手が止まる。
「それでは、スカートの奥が見えません。よく見えるように、上に上げてください」
「は、はい」
 言われたとおりに、腰のあたりまでたくし上げる。
「良い眺めです。パンティがまぶしいですね~。どうですか、ご気分は」
「恥ずかしいです~」
「全裸より恥ずかしいかもしれませんね」
「そうです」
「ては、笑顔で、1枚いただきましょう」
 パチッ!
m08.jpg

 彼女はまだ緊縛の経験が少なく麻縄の経験がないので、今回は「赤の綿ロープ」で緊縛することにした。
 赤は、白衣にも映えます。
 いつも通り、後手縛りにします。
 モチモチっとする体に、赤の綿ロープが絡んでいく。
 ピッタリだ。
 本人が、どのように縛られているかを確認させるため、洗面コーナーに連れていく。
「どうかな?こんな感じで縛ったよ」
 鏡に映る自分の緊縛姿に、しばし体を左右、前後に移動させながら、どうなっているかを理解させる。
m09.jpg

「背中を、鏡に向けてご覧」
「はい。すごくきれいにできてますね。なんか、すごい」
 大いに感心させられました。
m10.jpg

<続く>
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・体験記録】 ナース(コス)調教①
2015/10/18(Sun)
 こんばんわ、ユキカゼです。
 最近プレイをしていないのですが、過去のプレイから、記録を紐解き、少し掲載させていただこうと思います。
 もう、数年前のフォトですが、ご容赦ください。

 部屋に入ってから挨拶をさせ、「合格」が出たら、目の前に立たせます。
 そして「では、シャワーに行くので、用意をしなさい」と告げました。
 一瞬戸惑ったようでしたが、「シャワーに行くということは、何をしなければなりませんか」と問う。
 「はい。その服を脱がないと…」
 「では、どうぞ。私は、様子を拝見させていただきましょう」
 「は、はい。では…」
 そう言うと、まずは短パンを脱ぎます。
m01.jpg

 そして、上に着ているものを一気に脱ぎました。結構大胆。
m02.jpg

 上半身脱衣の続き。
m03.jpg

 そして今度は、ストッキングを外します。
m04.jpg

 何も話しませんが、デジカメの撮影音は、部屋に響いています。
 そして、ブラとパンティを外しました。
m05.jpg

 やっと、スッポンポン。全裸鑑賞させていただきます。
 この瞬間が、良いんですね。
 私はまだ着衣のままですが、バストと秘苑を隠そうとするので、
「手は、すべて外して。隠してはいけません」
「は、はい」

<続く>
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。