FC2ブログ
2015 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2015 12
【雪風流・調教+空想】 キャリアウーマン・Fさんのと逢瀬②
2015/11/27(Fri)
「こちらに」
 私は、バックを置いたFさんを招き、抱き寄せた。
 Fさんは、私の背中に手を回し、そして申し合せたように唇を重ねた。
 いつもどおり、お互いに舌を絡めながらの濃厚な接吻を味わう。
 Fさんの着ているニット地は、肌触りが良いし、彼女の身体と対応を感じる。
 そっと手を運び、Fさんの大きなふくらみに手を置く。
 絡めている舌が、一瞬止まるが、それを気にせず、そのままふくらみを撫でまわす。
「むうぅぅ~~」
 絡めながらも、感じている声が漏れる。

 しばらくして唇を離し、そしてお互いが身体を離し、アイテムを出すことにした。
「必要なもの、してほしいものを出してご覧」
「うふふふ、はい」
 いたずらっぽい視線を向けつつ、持ってきたバックを開け、中からアイテムなどを取り出した。
 洋服ダンスの中に入っているハンドタオルを応接テーブルの上に敷き、私も自分のバックから、麻縄、バイブ、ローター、洗濯ばさみ等、Fさんの艶やかな声を聴くためのアイテムを取り出して並べる。
「前回は、これで感じてましたね」
 そう言って、洗濯ばさみを取り上げて、カチカチとさせてみる。
 Fさんは、微笑み返し。

 2人のアイテムをテーブルに並べ終わったところで、バスルームの用意をさせる。
「では、バスにお湯を張ってきてもらえますか」
「はい、わかりました」
 くるりと背を向けて、バスルームに向かうFさん。
 私は、近くのコンビニで買ってきた飲み物、軽食などを、備え付けの冷蔵庫に収める。このホテルの冷蔵庫はサービス品として飲み物が少しあるが、2人では物足りない量、また私があまり好きでないビール(A社のS)なので、いつも自分の好きなビール買ってくることにしている。
 ザーーーーーー。
 奥のバスルームから、勢い良いお湯の音が響いている。
 バタン。
 バスルームの扉が絞められたので、激しく放たれるお湯の音が曇った。
 ほどなく、Fさんが部屋に戻って来た。

 2人がけの長椅子に座っている前まで来ると、Fさんは正座をしてご挨拶を始める。
「ご主人様、いえ雪風先生。Fでございます。本日も、ご調教、よろしくお願いいたします」
 そう言うと、三つ指をついて、頭をその手の上にしっかりとつけた。
 その姿をしばし眺めつつ、最初の満足感を感じている。
そのまま2人は動かない。私はFさんを眼下に見つつ、静かに時間が過ぎる。
時間にすれば15秒ほどではあるが、長い時間のような気もする。
「面を上げて」
「はい」
 返事をした後、Fさんの頭は手から離れ、ゆっくりと私を見上げる姿勢となった。
 手を伸ばしFさんの顎のあたりを軽くつかみ、私の方に向け、視線を集中させる。
 Fさんは、少しトロンとしたような眼をしている。
「今日も、ステキな目をしているね」
 私が顎を握っているので、返事はない。
 しばし見つめ合う2人。

「こちらにどうぞ、隣に座って」
 Fさんに、私の隣に座るように指示する。
「はい。失礼いたします」
 立ち上がって、スカートを伸ばしてから、私の隣にゆっくりと腰かける。
「さあ、バスルームの用意ができるまで、しばし休みましょう」
 主と従の時間の中にあっても、ひと時は対等に話すことも、お相手の息抜きになる。ずっと緊張感だけでは、お相手も疲れが激しくなる。ゴムも引っ張ったままでは、伸びてしまい元には戻らない。
 ただし、言葉遣いだけは、私を敬う丁寧な言葉である。
 これが2人の位置関係を、はっきりさせている。

 前回の逢瀬からは、だいぶ時間が経っており、ちょっと気になったので、身体を少しFさんに向けて話しかけた。
「お会いするのは、久しぶりですね。我慢できたのかな」
「何がでしょうか」
「Fさんは、プレイ、そう縄や鞭の刺激が我慢できたかなと思ってね」
「我慢できたかと言えば、結果はそうなりますが…。前回お会いしてから、プレイはしてないので…。その気もなくはなかったのですが、仕事が忙しくて、1日終わるとドッと疲れが出てしまい、そのまま寝てしまっていました」
「そうですか。では、前回以来と言うことですかね」
「はい。今日は、本当に久しぶりのプレイです。ですから、先生、しっかりイジメてくださいね。ふふふ」
「イジメを求められるのも、このSMの世界ならでは、というところでしょうか。普通では考えられないですからね」
「この感覚、一度この刺激を覚えてしまうと、自分の想いとは別に、身体が求めてしまうんです」
「特に女性の場合は、ここ(頭)ではなく、こちら(子宮)で考えるという方もいます」
「その通り、かも知れませんね。ふふふ」

<つづく>
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・調教+空想】 キャリアウーマン・Fさんのと逢瀬①
2015/11/22(Sun)
 こんばんわ、雪風です。
 過去の体験記録の中から、どうしても詳細に書いてほしいと強い要望をいただいた方がいます。
 何年も前のことで、記憶が不鮮明になる中、事実と異なることへの不安もあったので「お応えできない」と一度お伝えしました。
 しかし、「空想部分も含めていただいて結構なので、是非」との要請があり、記録+空想としてアップすることにしました。
 今回の記録は事実をもとにしていますが、空想部分も含んでいることをあらかじめ、ご了解をお願いいたします。
 ※フォトは、敢えてお付けいたしません。


「ご休憩ですか」
「そうです」
「はい、では***号室です。はい、この鍵をお持ちください」
「ありがとう」
「さあ、行こうか」
「はい」
 鍵を受け取り、振り向いて、彼女、そうFさんを、エレベータの方へ移動するように促す。
 今日は、久しぶりに濃厚なプレイを期待して、欧州の城内を思い起こすような雰囲気、調度品を備えた、都心のO駅の近くにある、このホテルを訪れた。
 EVの上のボタンを押すと、待機している1台の扉が開き、2人で乗り込んだ。
「*階だね」
「はい」
 言われる通り、Fさんが行き先階のボタンと閉ボタンを押す。
 扉が閉まり、静かに目指す階へ移動が始まった。
 ピン、ポン~♪
 扉が開き、2人は、指定された部屋に向かって歩きはじめる。

 今日は、久しぶりの逢瀬。そう半年ぐらいになるだろうか。
 前回の調教シーンが、頭の中を走馬灯のように過ぎていく。
「Fさんは、どんなプレイが一番好きですか」
「そうですねぇー、色々ありますけれど、やはり緊縛と鞭ですかねぇー」
「先に言っておきますけれど、私は、スパンキングは下手ですよ」
「えっ、そうでしたか。そんなふうには見えないけれど。きっと上手だと思う…」
「そうかなぁー。いい音が出ない時があるんですね。おっと、スカッ、やっちゃった、と言う感じ。試してみますか」
「はい、お願いします。ご主人様♡」
 あの時は、まずFさんが持っていた自慢のバラ鞭を、見本と言いながら、ベッドに向かって打ち据えて見せてくれた。
 振り上げた鞭は、吸い込まれるように9本のバラの革が一つとなって、確実に打撃点をとらえていた。
 ビシッ!!
 なるほど、FさんはM嬢と言って受け側だけだと思っていたが、自分が受ける鞭には、こうしてほしいとの想いがあることを悟った。
しかし上手だ、「上手すぎる」という印象が強く残っている。
 また、縛られたままに、ネチネチといやらしい言葉をかけられながら責められ、そして(鉄帽付きだが)襲われることも、かわいらしくイヤイヤをしながらも、息を弾ませてもおり、まんざらでもなさそうだった。
 嫌だったら、前回別れたときから会ってはくれなかっただろう。

 フニッシュは、人それぞれ自分の想いがあって然りであり、好きなプレイの組み合わせと同じだ。
 隷嬢の口の中で爆発させて、一滴も残さず飲み込ませることや、顔やお腹にまき散らすS氏もいるだろう。その前の特定のプレイを行うことで満足感を覚えるS氏もいらっしゃる。いろいろ言っても、最終的には向かい合ったお互いが満足感に浸ることができれば、それで良いのではないだろうか。
 SMの考え方はいろいろあって結構。安全性と衛生面をきちんと理解して臨めば、一つの決まった流れや常道と言われるパターンがないのが、この世界だ。だからこそ、魅力を感じることができる。
 「SMの本流」とか「SMは、かくあるべき」などと言う、どこの誰も認めてはいない、自称(えせ)評論家の言葉は、耳にタコだ。聞きたくもない。
「SMとSEXは別物」、「縄こそがSMの王道」、「スパンキングができないなんて、それでもSか」、「奥議は、人から出るモノすべて」などなど。
 「SM」と言って一括りにされる各種のプレイ。磔、バイブ・ローター(玩具)、緊縛(縄)、スパンキング(鞭)、蝋燭などなど、いずれも代表的なものでもある。
 ただ、それだけがSMではない。
 羞恥責め、言葉責め、恥ずかしい命令の実行、屋外露出もある。
更にエスカレートすると、隷嬢(M男もあるが)の人格、身体をも破壊しかねない仕打ち(敢えてプレイとは言わない)、拷問に至るのであろう。
 そこまで行き着くと、それはすでにSMと言う、私が求めている、望んでいる、知りえている高貴なプレイの世界ではなく、人類の破壊者になり下がっていると言えるのではないか。
 いかん、余談が過ぎたようだ。
 本題に戻ろう。

 私が先に立ち、ドアの前に着くと、鍵を差し入れて扉を開く。
「さあ、どうぞ」
「あっ、ありがとうございます」
 Fさんは一礼して先に室内に進み、ベッドの置かれた部屋に進む。
 続いて私が入り、そして扉の鍵をかけて後に続く。
 部屋に入ると、私のプレイアイテムのバック、そしてFさんが持参したアイテムのバックを、それぞれが申し合わせたように応接セットの近くに置いた。
<つづく>
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・体験記録】 ナース(コス)調教⑤・完
2015/11/13(Fri)
 その後のプレイを、少しフォトで。

 休憩タイムの時の一コマ。
「あの、お洗面に行っていいですか」
「ああ、構わないよ」
「ありがとうございます」
「ただ、私も一緒に行くよ」
「??」
「どんなか、見せてもらう」
「は、はい」
m15.jpg

 トイレタイムが終わってから、しばしビールを飲みつつ、歓談。
 今度は、両手吊りをしてみることにした。
 そして、電マ責めを繰り返す。
 またまた、良い声を楽しませていただいた。
 バストはビンビン、秘苑はぐちゃぐちゃ。
 さて、もう一回、身体を使って奉仕してもらおう。
m16.jpg

 久しぶりのプレイでもあり、身も心もすっきりした1日となった。

<完>

 【ご連絡】
 雪風流の体験をされたい方は、ページトップの「SM雪風流 体験志願」のフォトをクリックするか、次の文字をクリックしてご連絡ください。
 雪風流体験志願
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【雪風流・体験記録】 ナース(コス)調教④
2015/11/04(Wed)
 しばし、感触を楽しんだ後、今度は、ヌルヌルになった秘苑に、バイブをご馳走する。
「入れるよ」
「はい」
 濡れそぼったひえんは、難なくバイブをスルリと飲み込む。
 一瞬、腰が引ける。
「簡単に入ったね~。スイッチ入れますよ」
「は、はい」
 先の指責めがだいぶ効いているところに、今度はバイブ責め。
 スライドスイッチを少しずつ押し上げていく。
「あぁぁぁ~」
 そう、良い声だ。
 秘苑は、うなりを上げるバイブが暴れている。
「う、あっ、あぁぁぁ~」
 バイブのスライドをMAXにすると 、よろけるように体が揺れる。
 立っていられなくり、棚にもたれ掛けさせる。
m12.jpg

 私は、しばし手前に座って、表情と声を楽しむ。
m13.jpg

 これからは、フォトがあまり残っていない。
 そう、私が、熱心に責めているから、デジカメを取る時間が無くなった。
 その後
「せ、せんせい、いっ、逝っていいですか」
「もう、逝っちゃうの」
「は、はい。が、我慢できません」
「仕方のない娘だねぇ~」
「い、逝きたいです」
「どうしようかなぁ~」
「あぁ~、せ、せんせい、逝かせてくださいぃー」
 今度は、バイブを手に握り、ゆっくりと出し入れしてみる。
「あっ、も、う、い、逝きそう」
「じゃあ、思いっきり、逝きなさい」
「あ、ありがとう、ございます」
 そう言うと、身体を上にのけ反らせ、そして硬直していく感じとなる。

 目の前で、逝った。

 崩れそうになっていたので、すぐさま体を抱いて、ゆっくりと腰かけさせる。
 一度、縄を解き、そしてしばし休憩タイム。

「もっと、いろいろ見せてもらうからね」
「はい。どうぞ、何でもおっしゃってください」
「最初は、パンティをずらして、大事なところをしっかり見せてもらおうか」
「はい」
 おずおずと、パンティのゴムに手をかけて、そして横にずらす。
「こ、これでよろしいですか」
「良く見せてもらおうか」
「はい」
m14.jpg

 その後、襞を開かせたり、クリちゃんを露出させたりと、辱しめを繰り返す。
 そして、濡れそぼった秘苑に指をズブリ。
「あぁーーー」
 良い声が出る。

 しばし、弄んでから、私に奉仕させる。
 そして1度目の主砲発射を、受け止めさせる。

<続く>
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【お知らせ・雪風流】リンク先を整理いたしました
2015/11/01(Sun)
 こんばんわ、雪風です。
 今週初めは、飛び石連休ですね。
 充実したSMライフされてますか?

 さて、久しぶりにリンクの整理を行いました。
  ※リンク切れ…もちろんご迷惑ですから。
  ※トップページに表示されない…論外ですよね。

 本当、1年以上更新していないページも削除しようとしましたが、いろいろな想いがあり、ステキな記事とフォトを見られなくなるのも、いかがかと思い、今回は見送りました。
 年明けに、再度整理するつもりです。ご容赦願います。
この記事のURL | 雑記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |