FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
【雪風流】セーラームーンを拘束
2010/02/11(Thu)
 こんばんわ、雪風です。
 今日は祝日、建国記念日。
 昔風に言えば、紀元節、今年は、皇紀二六七〇年ですね。

 昨日は、会社の創立記念日で私の部下が表彰されたので、夜は祝賀会。
 久しぶりに、焼き鳥で日本酒(熱燗)をいただきました。
 おかげで、今朝は少し残っていましたが、いい気分でした。

【セーラームーンを拘束】
 月野うさぎは、もっと細身だったような気がしますが、むっちりタイプの写真しかありませんでした。
 手錠で拘束していますが、手袋をしているので腕の痕はすぐ消えるでしょう。
 すでにパンティまで奪われて、次の責めを待っている感じですね。
 縄で足を固定して、デルタ地帯をもてあそんでから、バイブで責めてあげよう。
「ほら、入れてと言え」
「入れて、ください」
「何を、どこに入れるんだ」
「う、うさぎの、大事なところ…」
 胸をつかみ、揉みほぐす。
「はっきり言わないと、お預けだ」
「大事なところへ、バ、バイブを」
「大事なところって、どこだ」
「い、いま、触って、いただいて、いるところ…」
「はっきり、言え!」
「お、おま○こ」
「うさぎの、いやらしいおま○こに、バイブを差し込むのか」
「は、はい。お、お願いします」
 荒々しく、バイブを中心部に突き立てる。
「あっ、あっ~~」
「よがり声もいいぞ。ほら、もっと悶えてみろ」
「あっ~~。き、きもち、いい~」
「正義のヒロインも、ここまで落ちると、もう復活できないな。ほら、ほら」
 バイブの抜き差しを繰り返す。
 しばくしてから、ガムテープで落ちないように固定する。
「ほ~ら、いやらしいおま○こに大好きなバイブを落ちないようにしてやったぞ」
 倅もピンピン。
 上にあげている手を下させ、そして四つん這いにさせて、倅にサービスさせる。
「ほら、お望みのおち○ぽ様だ。念入りに味わえ」
 うさぎは、舌で、倅の先端をチロチロと舐める。
「今度は、咥えろ。口をしっかり開けろ、歯を立てるなよ」
 倅を咥えさせると、うれしそうに倅をしゃぶる。
「こっちの技も、うまいな」
 倅の硬さが増幅し、セーラームーンにお仕置きできるようになった。
「ほら、今度は月に代わってお仕置きだ。尻をこちらに向けろ」
 名残惜しそうに口から倅を外すと、後ろ向きになった。
「挨あいさつを言え」
「う、うさぎの、い、いやらしい汁を垂らしている、おま○こへ、おち○ぽ様のお清めを、おねがいします」
「どれどれ」
 突き出した尻の中心部を両手で開くと、糸を引いている。
「いやらしいま○こだ。糸を引いてるぞ」
「は、はずかしい…」
 倅を割れ目の中心部にあてがうと、一気に串刺しにする。
「あ~~」
「正義の味方にお仕置きだ」
 リズミカルにグラインドを繰り返す。
 下から突き上げたり、右から、左から、上から、そして八の字に。
「き、きもちいい~」

learn15.jpg

 




【体験志願の方へ】初対面でいきなりのプレイはしない。必ず面談を行い、あなたと私のSM感とが合うかどうかを判断する。それは、あなたにとっても同じことだろう。その上で、プレイに進むかどうかを決めたいと思う。
 志願をされる方は、「志願者心得の条」を必ず一読すること。
志願者心得の条





日本最強のSMランキング
この記事のURL | ヒーロー | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/12 00:58  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/123-7bae7856

| メイン |