FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
【雪風流・コスプレ】制服のスカートの中…
2010/03/14(Sun)
 こんにちわ、雪風です。
 今日は、とても暖かい東京です。
 久しぶりに布団を干したり、食材の買い物に出かけたりと、結構多忙です。
 ホームページをグレードアップしようと、色々試していますが、うまくいかず…。
 気長に、やらしていただきたいと思っています。
 相変わらずの拾いものなのですが、気になる画像があったので、アップしてみました。

【うちの生徒には困ってしまう…】
 私立○○学園高等部で、日本史を教えている教師です。
 うちは女子高で、俗に言われる「お嬢様学校」である半面、帰国子女も結構受け入れているので、色々な生活体験をしている生徒も多い。
 屈託のない生徒が多いのは、学校の校風というやつかと思います。
 1年生あたりだと、生徒同士でふざけて、スカートまくりしている、お子ちゃまもいます。

 そんなある日の放課後、私は教室に残り、生徒が提出してきた宿題のレポートを整理していた。
 終礼も終わったので、みんな下校したと思っていたが、ユマとケイの2人だけ残って、ベチャベチャと話が尽きない。
「おい、もう下校時刻だぞ。続きは明日にしたらどうだ」
「先生、もうちょっとだけ。いま話の山場なんだから」
「じゃあ、後5分だけだぞ。早くしろよ」
「ありがと、先生」
 そういうと2人は、先ほどの話に戻り、夢中になっていた。
 結構ヒソヒソやっているようだが、他の生徒がいない分、声はよく聞こえる。
「それで、それで」
「うーん、どうしようかな」
「そこまで言っといて、終わりはないよ~。ほらほら、言う言う」
「しょうがないね、ユマは」
「続き、続き」
「それでね……」
 どうやら、もれ聞くところでは、ケイが先日彼氏とデートに出かけ、ちょっぴりHなことをしてきたらしい。

「それで」
「彼ね、私のパンティ見せろって言うの」
「やーね、やっぱ彼もH丸出しじゃん」
「普段は、そんなことないよ。その日はちょっと違ったかな」
「で、どうしたの」
「やっぱ、恥かしいじゃん。だから、ちょっとだけって…」
「見せたの」
「うん」
「そしたら、彼どうした」
「スカートちょっとめくったら、顔近づけてきて…」
「だいたん…」
「足に、彼の荒い息が当たるの」
「興奮した?」
「もう、なんか、こー、熱くなっちゃって…」
「で、そのあと」
「うん、そしたらパンティの上から、擦るの…」
「もう、ケイもよくやるね」
「ユマ、ヒミツだよ、こんなこと」
「触られてどうだった」
「なんか、ボーとしちゃって…、パンティ、ちょっと汚しちゃった」
「感じちゃったんだ」
「うん」
「そのパンティ、どうしたの」
「今日もはいてるよ、ちょっと、何言わせるのよ」
「やだー、授業中も、その時のこと、思い出してるんじゃない、ケイは」
「そんなこと、ないよ…」
「ラブラブだね、うらやましいなー」
「ユマも、そのうち、春来るって」

「ほら、僕も職員室に戻るから、早く帰りなさい」
「先生」
「どうした」
「ケイったら…」
「ユマ、何言いだすのよ」
「いいじゃん、先生は私たちのよき理解者だもん」
「まあね、いいか」

2010031401.jpg
「先生、ケイったら、このあいだ彼氏にパンティ見せて、あそこ触らせたんだって」
「えー、何言いだすんだ」
「それでね、先生…」
 そういうと2人は私のところにやってきて、今までケイが話していたことを、ユマが話し出した。
「ケイって、奥手っぽい顔してるのに、すごいでしょ先生」
「不純異性交遊はダメだぞ」
「H、してないもん。…ぽい、ことはしたけど…」
「変なことするなよ、でもちょっとお仕置きしなくちゃいけないな」
「ユマ、手伝います」
「じゃあ、どんなふうに見せたのか、ケイ、ここでやってみろ」
「え~~、恥かしいよ~」
「やっちゃえ、やっちゃえ」
 そういうと、ユマはケイのスカートをまくりあげ、パンティの両脇をつかんで持ち上げ、股間を絞ったりした。
「こんなことされたんだって。ケイの今日はいてるパンティ、この間、彼氏に触らせたものらしいよ、先生」
「ほー」
「見て見て、ここにシミが残っちゃってるでしょ」
「恥かしいよ~」
「いいじゃん、先生はもっと私たちのこと知ってるんだから」
「だけど…」
「どれどれ…」
 私は、顔を近づけて、股間を凝視した。
 確かに、しっかりとシミがついている。
 指先で、シミのあるところを、指先でつつく。
「あん、かんじちゃう~」

「ケイは、いやらしいパンティを、わざと見せて、彼氏を誘ったな」
「そ、そんなことありません。先生の方が、…うまいもん…」
「ケイ、ここ触らせたらしいよ、彼氏に。先生、やきもち焼いちゃうんじゃない」
「焼かないよ、それより、びしょびしょのケイのおま○こ見せたかと思うと、私の方が恥かしくなるよ」
「そうよね~、先生」
「仕方ないな~。15分後に、体育室裏の指導室に来なさい。2人ともだぞ」
 2人はそろって返事をした。
「は~い、先生。必ず行きます」
「ウフフ…、楽しみ…」
 
 なんいという会話だ、先生と生徒の域を超えている。
 教員委員会のおエラさんが、こんな会話を聞いたら卒倒するだろう。

 実はこの2人、私の受け持ちの生徒でもあり、アフターの生活指導も特別にしている。
 もちろん、2人とも私の主砲にメロメロである。
 最近は、2人とも緊縛した姿でのフェラが上達してきている。
 さて、今日はユマに手伝わせて、ケイをしっかりと責め立ててやろう。
 昨日手元に届いた「改・九の一」の動きも確かめたいし、な。
 私は、興奮気味の自分を抑えながら、職員室に向かった。
(今日は、もう仕事はやめた…)


【体験志願の方へ】まずは、お互いに秘密厳守。これは私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 そして、雪風がどういう男性、【S】なのかを知っていただきたいと思います。私も、貴女のことを知りたいと思います。必ず面談を行いますので、貴女と私のSM感とが合うかどうか、色々お話ししましょう。
 決して、初対面でいきなりプレイに入ることはありません。それは、あなたにとっても同じことだと思います。お互いが理解したうえでのプレイでないと、有意義なひと時は過ごせないと考えます。
 連絡いただく前に、必ず「志願者心得の条」を一読いただき、そのうえで、次のバーナーをクリックしてください。
 ご連絡をお待ちしています。

志願者心得の条






日本最強のSMランキング
この記事のURL | コスプレ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
先日、広島SMを覗いたら、
リンクができていましたね。
さすが‼
2010/03/15 19:08  | URL | ムクムク #HfMzn2gY[ 編集] ▲ top
- Re: タイトルなし -
ムクムク様
いつも、コメント、ありがとうございます。
先日、お願いしたら快くリンクをしていただきました。
その日から、来訪者がガバッと増えました。
さすがに広島SMさん、と感心してしまいました。
もっと充実したHPにしないといけないと、心を新たにしたところです。
今後とも、よろしくお願いいたします。
2010/03/15 20:27  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
-  -
 この後2人はどんな風に指導されてしまうのか。。。
 続きが楽しみだったりします^^
2010/03/16 18:57  | URL | マスタ #qbsMFwgM[ 編集] ▲ top
- Re: タイトルなし -
マスタ様
いさも、コメントありがとうございます。
実は、続きの写真が無く、ちょっと考えましたが、ご覧いただいた
皆様にご想像いただいた方がよろしいかと。
でも、続きが燃えそうですので、続編を考えてみたいと思います。
今後とも、よろしくお願いいたします。
2010/03/16 20:25  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
- いいですねぇ… -
ロリ好きな私には妄想膨らむシチュエーションです。
ゴチソウサマでした。
しかし、いい画像をお持ちですね。
こういう画像って見ていて嬉しく感じます。
2010/03/19 21:50  | URL | 亮 #4yLSmPWY[ 編集] ▲ top
- Re: いいですねぇ… -
亮様
コメントありがとうございます。
色々、歩いて、思わず見つけてしまいました。
ちょっと面白いと思いまして。
いろいろな場面がありますが、自分も、そしてパートナーも、楽しめるものを求めてまいりたいと思っています。
今後とも、よろしくご指導のほど、お願いいたします。
2010/03/19 22:21  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/136-c1c1098f

| メイン |