FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
【妄想⑧】ごゆっくり…、ご鑑賞いただけますか
2009/02/19(Thu)


 美菜は、私と反対側のイスに腰掛けると、両足を広げた。
 「もっと見えるように、しっかり足を開くんだよ」
 「はい、ご主人さまにご覧いただけると思うと、とても…うれしいです」

 言葉は消え入りそうで、言っていることとは裏腹に、美菜は泣き出しそうな顔をしている。
 「美菜、悲しそうな顔は似合わない、笑顔で明るくがモットーではなかったかね」
 「はい、でも初めて見ていただくので…、緊張します」

 確かに、メールと声だけでのコンタクトは続けていたが、会うのは今日が初めてだ。
 「そう、ゆっくりと、大事なお○○このヒダを、人差し指で広げて」
 「はい…」

 美菜は、閉じているラ○アに、おずおずと人差し指を添えると、ゆっくり左右に広げ始めた。
 「御挨拶は、あるのかな」
 「は、はい…、ご主人さま、美菜のいやらしいお○○こを…、広げさせて…いただきました」
 「ごゆっくり…、ご鑑賞いただけますか」
 「では、ゆっくり拝見させてもらおうかな」
 「ところで解説はあるのかね」
 「は、はい…」

 美菜は言葉に困ってしまい、つい「はい」と肯定してしまったようだ。
 「それでは、お願いしようかね」
 「は…、はい…、でも…、何を…お話すれば…」

【雪風コメ】いよいよ、羞恥攻めもエスカレートしてきました。
 我慢できない、貴女、隣のフォームから連絡してね。
 また、これから、「こう攻めてみては」というオーダーコメントもお待ちしています。
この記事のURL | 空想日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/19-1c2d7c3b

| メイン |