FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
【緊縛志願隷嬢】 
2010/10/30(Sat)
 こんにちわ、雪風です。
 今日は、台風14号が接近しているため、1日雨模様。
 寒いですね。
 こんな日ですが、出かける用事があり、午前中は外出。
 また、1時間くらいしたら、今度はデパートのバーゲンに行く予定です。
 1年に1回だけだそうですが「紳士服まつり」をやっているとのこと。
 オーダー2着で5万円くらいらしいので、出かけることにしました。

 さて、前回の続きですが、今回は「上半身の身体検査」です。

 まだ、上半身の身体検査が終わっていない。
 逝かせないように、一度気持ちを高めたところで、指を抜き、パンティを元通りにする。
「物足らないでしょう」
 美鈴は、物欲しげな表情をしている。
「今度は、上半身を見せていただきますね。スカートを降ろしていいですよ」
 言われたとおり、スカートをおろし、また真っすぐ立つ美鈴。
「今度は、上を脱いでいただきましょう」
「はい…」
 ゆっくりと、上に来ている服を脱ぐと、ブラジャーに絞められたバストか登場する。
「このブラジャーのメーカーは」
「これも、わからないんです」
「今度のときは、きちんと確認して来てくださいね」
「はい、申し訳ありません」
 私も立って、美鈴の体を見まわす。
「手を後ろで組んでください」
「はい、こうでいいですか」
「結構です」
 手を後ろで組むことで、バストが強調される。
 掌で覆うと、少し余るくらいな感じ。
「では、こちらも見させていただきます」
「お、お願いします…」
 ゆっくりと、手をバストに覆いかぶせる。
 また、力は入れない。
 心臓の鼓動が、聞こえそうな気がする。
 ゆっくりと手に力を入れ、ブラじゃーに覆われたバストの感触を楽しむ。
「着やせするタイプですか、美鈴さんは」
「そ、そう言われたこともあります」
「良い感じてすね、このバストは素晴らしい」
「あ、ありがとうございます」
 会話の間も、手はゆっくりとバストを撫でながら、そして時に少し力を軽く加え、掴むようにさする。
「あ~」
「感じますか」
「は、はい」
「まだ、直に触っていませんよ」
「布に、擦れて…」
「どこがですか」
「バ、バストの先端…」
「そこは、何と言うのですか」
「ち、乳首…、です」
「クリちゃんだけじゃなく、乳首も感じるんですね、美鈴さんは」
「は、はい…。き、気持ちいいです…」
「乳首は、どうなっていますか」
「た、勃っています」
「では、確かめてみましょう」
 ブラのカップを少し引っ張って、中を覗き込むようにする。
 これは、美鈴にとっては恥ずかしく、触るよりも感じられると思う。
 そう、視線も一つのアイテム、性具になることもある。
「は、恥ずかしい…」
「どれどれ、確かに、先端が固くなっている感じですね。こちらはどうでしょうかね」
 そう言いつつ、もう片方のブラのカップを引っ張って、のぞいてみる。
「こちらも、しっかり硬くなっているようですね」
「は、はい…」
「では、直に確かめてみましょうか」
「は、はい…」
「その返事だけでは、わたしは先に進めませんね」
「は、はい。せ、先生、み、美鈴のバストを、その手で、お確かめください…」
「では、失礼しますよ」
 まずは、片方のブラのカップへ手を滑り込ませる。
「あ~~ん」
「感じますか」
「は、い、先生の指が先端に当たって…」
 中指と薬指に乳首を挟んで、少し力を入れてみる。
 そして、バスト全体を掴むように、少しだけ力を入れる。
「あ~~ん」
「気持ちいいんですね」
「は、はい。」
「もう少し強いほうがいいですか」
「は、はい、お願いします」
 2つの指の間に乳首を挟んだまま、少し上下させて見る。
 そのたびに、感じる声が発せられる。
 今度は摘まんでみよう。
 親指と人差し指で先端を摘まんでみる。
「あ~~、いぃ~~」
「感じるようですね、こちらのほうが」
「き、気持ちいいです」
「美鈴さんは、乳首は多少強くしても、大丈夫そうですね」
「お、お任せ、します~」
 指でつまむ力に強弱をつける。
 それを何度か繰り返し、今度は少しだけ引っ張ってみる。
「あ~~」
 今度は、もう片方のバストも責めてみる。
 片方の手で、美鈴の体を支えることを忘れてはいけない。
 感じすぎると力が抜けて、立っていられなくなることがあるからだ。
 こちらでも、大分良い声を聞かせてもらった。
3abbcf6d.jpg

「さあ、今度はブラジャー外さずに、そのまま上にずらして、バスト全体を見せてください」
「は、はい」
 美鈴は、手でカップをずらし、上に持ち上げた。
「今度は、両方のバストを同時に確かめますね」
「お、お願いします」
 正面に立って、両手ともに、中指と薬指の間で乳首を挟み、全体を揉み続ける。
「あ~~、き、気持ちいぃ~~」
「大分感じていただいてますね、今度は乳首を中心にしますね」
 両方の乳首を摘まみ、そして力の強弱をつける。
 そして、今度は少しねじったり、引っ張ったり。
 美鈴は、良い表情と声を出してくれるので、堪能させてもらった。

 
【体験を志願される方へ
 お互いに秘密厳守。これなくしては、次の段階へは進めません。私も必ず守りますし、貴女も必ず守ってください。
 貴方のSMに対する思い、希望する体験の内容など、貴女と私のSM感とが合うかどうか、メール、電話、そして必ず面談を行います。雪風は、真剣に貴女に向き合います。

志願者心得の条


 必ず「志願者心得の条」を読み、理解したうえで次のバーナーをクリックしてください。
 自分の想いを押し隠し続けることもよいでしょう。しかし、その状態のままでは何も解決しません。
 想いを伝えること、それが想い悩む心を解き放つための、唯一の、【解決】の第一歩ではないでしょうか。




日本最強のSMランキング



SMニュース

エログランキング【ブロブロ】



【バーナー】
 これまで使用バーナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバーナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | コスプレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/196-c3b0eb5b

| メイン |