FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
【雪風流】秘書研修8
2011/05/05(Thu)
 こんにちわ、雪風です。
 GW、皆様いかがお過ごしですか。
 久しぶりになってしまいましたが、秘書研修の続きを書いてみました。
 お楽しみいただければ幸いです。

 前回 秘書研修7

 さあ、お仕置きの続きだ。

 ヌルヌルのクリ○リスに付けた洗濯バサミは、宙ぶらりんとなり、春菜の体の細かい動きが反映され、小刻みに動いている。
「どうだ、気持ちいいんだろう~」
「あぁー、き、きもち、いいです~」
「そうか、じゃあ少し洗濯バサミを動かしてみるか」
 クリ○リスに縦に付けた洗濯バサミを、指ではじいてみる。
「あん」
「いい声を出すじゃないか、ほらもう一回」
「あん、か、感じます~、あっ、あ、あ、あ、あ~」
 何度か、洗濯バサミをはじはじくと、それに合わせてよい声が聞こえる。
 ここは、強くはじいてはだめだ。
 はじき方は大したことがなくとも、感じる部分を挟みつけているのだから、十分な刺激が伝わる。
 暫く、洗濯バサミを遊んでいると、左右に広げられた襞の奥から、今度は白い蜜がドロッと出はじめた。
「ほら、ほら、今度は白いマ○汁がお出ましだ」
「は、はずか、しい…、で、でも、き、気持ち、よくって…」
「はしたない秘書さんだね~。白いマ○汁が、おま○こから、どくどくと溢れてるぜ。生臭いマ○汁だ」
「お、おっしゃらないで…」
「春菜は、スケベだな~、こんな格好して、記録も残しておいてやろう」
 手元にあったデジカメで、フラッシュを浴びせかける。
「い、いゃ…」
「いや、じゃなくて、気持ちよくて「いい」の間違いだろう」
「は、恥ずかしい、姿…」
「それが、会長のお喜びになる、そうじゃないかね春菜君」
「は、はい…」
「よし、一度、洗濯バサミを外してやろう」
 あまり長時間、洗濯バサミを同じ位置に付けっ放しにしておいては、血液が流れなくなってしまう。
 痕を残しては、会長に申し訳がない。
 洗濯バサミ、そして固定した縄をすべて取り去った。
 外し終わると、緊張感と充実感で疲れたのか、春菜はぐったりしている。
「よし、1時間休憩、再開は3時半からだ。隣の部屋で休んでいいぞ」
 そう告げて、私は講師控室に向かった。

「お疲れ様です、こちらにお飲み物を用意しました」
控室では、渡部支配人が飲み物を用意して、待っていてくれた。
「ありがとうございます」
「何をお入れしましょうか、アルコールもありますよ」
「いや、研修中ですから、アルコールは夜にしましょう。では、せっかくですのでノンアルコールのビールを」
「はい、ご用意します」
 冷蔵庫で冷やしたジョッキに、最近はやりのノンアルコールビールを入れて出してくれた。
「いゃー、嬉しいですね」
「お待たせいたしました、どうぞ」
 言われて、手に取ったジョッキの冷たさは、なんとも言えない。
 一気に、1/3ほどをごくごくと飲んだ。
「う~ん、いいですね」
「おつかれさまです、喜んでいただいて何よりです」
「段々と熱が入りますからね、のどが渇きます」
「先ほどから、モニターで拝見しておりますが、ねちっこく、濃い内容になっていますね」
「まあ、これからですから。でも、春菜君は大分よくなったと思いませんか」
「少しずつ引き出されている、というか先生の導き方が、彼女が今までしていなかったこともできるようにさせている、そういう感じでしょうか」
「そんなに褒めていただけると、恐縮します」
「いえいえ、私は率直に申し上げております」
「ありがとうございます、そう言っていただけると光栄です」
「久しぶりに熱の入った研修ですので、私も勉強させていただいております」
「支配人も、この道をご存じで」
「少しだけですが。いえ、私は実践はいたしません。見ているのが好きなんです」
「そうですか、きっといろいろご存じなのでしょうね。特殊なプレイとか」
「AVや写真集などでは見ますが、現実離れしているのもありますから、なんとも言えませんが」
「そうですね、場合によると縛りでも、後ろのほうでガムテープでとめていた、なんて笑い話もありますから」
「おっしゃる通り。特に、10年以上前に発売された写真集なんかでは、こんな縛りはできないっていうのがありますね」
 しばし、SM談義に花が咲いた。
「では、ごゆっくり」
 しばし談笑の後、支配人は部屋を後にした。
「さて、後半はどうするかな」
 1人になった控室で、次のプランをどうやって進めるか、思案を始めた。

<続く>


【SM・雪風流を体験したいと思う貴女に】

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。




日本最強のSMランキング



エログランキング【ブロブロ】



【バーナー】
 これまで使用バーナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバーナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 秘書研修 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/14 20:58  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/251-60919432

| メイン |