FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流】秘書研修14
2011/05/29(Sun)
【前回】秘書研修13



 春菜君の研修は、その後5日間続いた。
 5日間に、奴隷秘書としての心構え、そしていろいろなコスプレを着用させて、それぞれに合った雰囲気、そしてプレイを体験した。
 これで、○美さんに少し近づいたことだろう。
 一応、一通りの研修は終わった。

 最後の研修日の晩に、支配人から慰労の宴を受けた。
 これまで入れてもらった事のない、特別室だ。
 特別室は、建物の最上階にあり、どこかの会社のクラブのような雰囲気だ。
「お疲れさまでした、今日はゆっくり、そして明日午前中まで、ここでお疲れを癒してください」
「ありがとうございました、支配人。おかげさまで、春菜君を会長の前に、ひとまずは出せるまでに、することができました」
「研修生の春菜さん、最初来られた時は、大丈夫かと思いましたが、なんとか最後まで続けてくれましたね」
「これも、会長、御社と理解のある支配人のおかげです」
「私は、何もいたしておりません」
「そんなことはありません。毎日、遅くまで、いろいろとお心配りをいただきました。部屋に戻った時、毎日きれいなマッサージさんが、来てくれまして」
「それは、当施設にお越しになる講師の皆様への標準サービスですから」
「そうとは思えませんでしたね」
「会長がご理解ある方ですので、何事も、先生型へは、手厚く、失礼のないようにと」
「嬉しい限りですね、会長は素晴らしいお方ですね」
「春菜さんも、この研修がクリアとなれば、2週間の休養の後、年収もぐっとアップです」
「そうなんですか」
「あのような激しく、かつ艶っぽい研修は、他社では絶対あり得ませんし、きちんと見返りがなければ、彼女たちも納得しませんからね」
「御社の秘書の皆さまは、特別扱いだと」
「そうです。他言無用ですが、きちんと念書を取っているんですよ、彼女たちからは」
「そうですか、でなければ、このようなハードなことは受け入れられませんよね」
「年収にしたら、ソープ嬢の7割ぐらいですね」
「まだ若い、春菜君のような女性は多過ぎますね」
「そうでもありません。彼女たちは、誠心誠意、会長に奉仕しているんですから。少ないかもしれませんね」
「はあ、そうですか」
「でも、当社の秘書は、他社の御曹司に嫁ぐことが結構多いようですね」
「ほう」
「でも、弊社の秘書は、変なところへは嫁がせない、それが会長のポリシーです」
「どこで、見極めるんですかね~」
「まずは、経営者の子供を人物試験ではありませんが、探らせますね。表面上は、帝○データバンクとかですが」
「それで」
「その後、素行調査ですね。意外と、ボンボンが多いので、会長が困っています」
「なるほど、弊社にも依頼がたまにありますよ」
「いつも、お願いしていますね。まずは、金に糸目をつけず女漁りしているようなのは、パスですね」
「それは、おっしゃる通り」
「こちらは、一生仕える、しっかりしたピカ一の秘書を生涯の伴侶に差し出すんですからね~」
「私も1週間とは言え、しっかりと教えたつもりですから、粗雑にされては、もったいないですからね」
「先生のおっしゃる通り、そんなことで、色々ありますが、彼女も将来は非公開か、一部上場の経営者の伴侶として、出したいと思っているんですよ」
「なるほど~、御社は、きちんと社員の面倒をみるんですね~」
「御承知でしょ、昔はすごかった○○…共の勢いとかは。まあ、バ○ルの時に、本当に信用を落としましたね~。悩んで送らなくてよかったですよ」
「そういう話も、ありと」
「けっこう、いろいろ聞こえてきますね~。ですから、大手と言うだけではだめ。きちんとしたところと言うことですね」
「そう言えば、今夜のマッサージは、さやさんにお願いしてますが、よろしいですか」
「ええ、彼女は、すごいですね~。仕える、という心を分かっていらっしゃる」
「彼女は、今週一杯の女(ひと)なんですよ」
「それは?」
「彼女の休暇が、終わりということで」
「なるほど」

 正面で聞いている皆さんにはわからないが、奥の深い話ではある。
 国に特別会計があるように、やはり民間にも、特別会計らしきものはあるらしい。

 今回の研修で、しなかったこと。
 それは「剃毛」だ。
 これは、やりたかったが、会長のお楽しみを取るわけにはいかない。
 つるつるのところを広げさせて、主砲を叩きつけるのは、なんとも快感なのだが。
 しかし、我慢もまたビジネス。


 翌朝、春菜を玄関で見送る。
「おはようございます」
「おはよう。春菜君、今回の研修は大変だったけど、よく頑張ったね」
「先生のおかげです。なんとか自信がつきました。これで、会長にも、きちんと奉仕の心で仕えることができると思います」
「そうか、それはよかった。私も安心したよ。健康にだけは気をつけて、頑張るんだよ」
「先生、これ」
 春菜は、小さな封筒を私に手渡した。
「これは?」
「お礼の手紙、受け取ってください」
「わかりました。これからも頑張ってください」
「ありがとうございます、先生もお元気で」
 春菜は、駅までのマイクロバスに元気に乗り込んだ。
 でも、乗っているのは、彼女と運転手のみ。
 そうだ、今週の研修は1名のみだったな。

<おわり>


【SM・雪風流を体験したいと思う貴女に】

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。




日本最強のSMランキング



エログランキング【ブロブロ】



【バナー】
 これまで使用バナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/

占い

この記事のURL | 秘書研修 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/30 18:27  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/262-96db8b32

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。