FC2ブログ
2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流・空想小説】淫ら具販売人
2011/06/13(Mon)
 前回 淫ら具販売人 第2話

「なんか、変な気分~、あ~」
「奥様、大分感じておられるようですね」
「そう、ちょっと2日だけ空けただけなのに~」
「それが、ご不満の原因ですか」
「それだけではないと、思うけど~」
「御主人がお相手してくれないとか、ですかね~」
「それも、あるかも。最近、生バイブは口にしていないのよね~」
「奥様は、命令されて、淫らなお姿を見せるようなこと、できます?」
「どういうことかしら~」
「軽いSM感覚ですね~」
「そう…」
 と言いつつ、バストをまさぐる手は動きを止めていない。
 奥様の話では、そろそろ「九の一」が、秘園に移動する時期とは思うが、そのままの鑑賞では、もったいないような気もしてきた。
「いかがですか、今日は、思いっきり燃えていただけるように、いろいろと厳選したアイテムもお持ちいたしましたが」
「あん、セールスがお上手ね~。何があるの」
「そう、首のベルトとか、鮮やかな綿ロープもございますよ」
「あら、いいわね~」
「いかがですか、首輪をして、命令されながらの「九の一」遣いとかは」
「萌えちゃいそうね~」
「では、お試しで」
 そう言いつつ、早速赤の首輪を陽子奥様に装着。
 付けるのに、意外と素直に従った。
「いかがですか。なんか、隷嬢にされた気分が出ていると思いますが」
「そうね~」
「鏡でご覧になってみては」
 言われるままに、洋服ダンスの鏡に移動する陽子奥様。
「あら、なんか奴隷になった気分ですわ」
「そう、その時だけですが、そんな気分で乱れてみるのも、またご一興かと」
「うまいことをおっしゃるわね~。なんか、あそこが、ますます、ほてってきたわ」
「ベットの上で、奥様の乱れる姿を鑑賞させていただきたいのですが」
「あら、あん、エッチね」
「いえいえ、これも仕事のうちと」
「役得の間違いじゃないの~」
「まあ、アフターケアも、当店の特色でございまして」
「あら、どんなアフターケアなさってくださいますの~」
「まあ、臨機応変と申しますか、お客様のご満足を追求すると言うか…」
「でも、お手伝いするのよね~、お客様の、うふふ」
「稀に、そのようなこともあるかと」
「楽しみだわ~、アフターケア、うっふん!」
<続く>


【SM・雪風流を体験したいと思う貴女に】

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。




日本最強のSMランキング



エログランキング【ブロブロ】



【バナー】
 これまで使用バナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 淫ら具販売人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/269-6d52d1a3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。