FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
【雪風流・コスプレ】深夜の健康診断
2011/06/26(Sun)
 こんにちわ、雪風です。
 皆様、どのように休暇をお過ごしですか?
 昨夜、寝苦しくて何度も目が覚めましたので、どこも出かけずに、パソコンで遊んでいます。
 夕方は、買い物に出かけようかと思っています。

 久さしぶりに画像収集をして、整理してみたところ、ナースの緊縛ものが2枚ほどありました。
 今日は、このフォトで空想小説の世界にお招きいたします。

 病棟勤務の麻美は、ナースになって6年目。
 一応、いろいろな部署を回って、経験を積んできたつもりだ。
 また、最近は、いろいろな資格試験にも挑戦できる経験年数にも達してきた。

 ある日、上司の婦長さんに呼び止められた。
「麻美さん、貴女の健康診断は勤務の関係で、深夜になるけど大丈夫?」
「あっ、はい。大丈夫ですけど」
「じゃあ、明日の夜勤のときに、健康管理科の先生に受けてもらうように言っておくわね」
「はい。でも、夜勤は2人していないので、忙しいかも…」
「その日は、えーーと、あら、○子さんが準夜勤だから、時間があるわよ」
「そうですか。なら結構です。入れておいていただけますか」
「言っておくわ」
 そう、毎年病院に勤務する職員であっても、健康診断は受けなくてはならない。
(健康管理科の先生って、年寄りばっかりで、面白くないんだな~。いい男いないかな)
 そんなことを思いつつも、仕事にまた集中した。

 そして、翌日の夜勤。
 勤務に入りしばらくすると、病棟に電話が入った。
「あっ、麻美さんですね。健康管理科の○○です」
「あっ、はい」
「今日健康診断の話は、聞いていますよね」
「はい、伺っています」
「じゃあ、管理棟の健康診断室に21:30に来てください」
「分かりました」
 そう、病棟とは別棟の管理棟に、職員用の健康診断室はある。
 いつもは、年配の健康管理医なのだが、声が少し若いかな?
 誰か、新しい先生でも入ったのかしら。
 まあ、いいわ。

 指定された時間が近づいたので、同僚に断って、病棟を離れた。
 そして、連絡通路を通って、管理棟に向かう。
 ヒタヒタと、靴の音だけが響く。
 さすがに、この時間に歩いている職員いない。
 3Fにエレベータで上がると、健康診断室の明かりが漏れていた。
 ノックをして、引き戸を開ける。
「すいませーん。健康診断に来ました」
「はい、はい」
 今までお会いしたことのない医師だ。
「あっ、麻美さんですね。健康管理科の○○です」
「よろしくお願いします」
「私は、健康診断中に臨時に大学から派遣されているです。今夜は、貴女が最後です」
「あっ、そうですか」
 そう50代前半っていう感じの医師で、これと言った特徴もない。
「座って」
 促されて、椅子に座った。
 医師は、パソコンからパスワードを入れて、職員のカルテに接続して中身を見ている。
「麻美さんは、今年ちょうど5年経過の特別検診に当たるんですね」
「はぁ、そうなんですか」
「はい、これまで受けていただいた健康診断とは、全く違う検診科目なんです」
「それは、何ですか」
「まあ、受けていただければわかりますよ」
「では、最初に軽く1本、注射をさせてください」
「これは、後で検査結果が良く現れるですよ」
「はあ」
「右手を出してください」
 右手を差し出すと、用意していたアルコール綿で消毒を行い、冷蔵庫に入っているシリンジを取り出した。
「では、注射しますよ」
 シリンジの先の注射針は、小児用らしく、痛みはない。
「はい、終わりまた。3分ほどお待ちください」
 そう言うと、医師は、カーテンの向こう側に入って行った。
「何の注射液だろう」
 そう考えつつも、少し体がだるく感じるようになった。
 再び、医師がカーテンから現れた。
「もう、効いた頃でしょう。では、これで体を固定しますね」
「…」
(あっ、声が出ない!それに、体の自由が利かない…)
「そう、診察中は静かにしていただかなくてはなりませんからね」
 医師の手には、麻縄が握られていた。
 体が動かないので、どうしようもない。
 医師のなすがままに、後手にされ、麻縄がかけられた。
 そして、バストの上下、そして腹部。
 さらには、足までロープで固定されてしまった。

「では、検診に入らせていただきます」
医師は、まずナース服の前ボタンを嬉しそうに外していく。
「バストは小さめですね。でも、大変敏感そうだ」
 そう言いながら、ナース服を左右に広げられ、バストがあらわになった。
20110626011.jpg

<続く>



【SM・雪風流を体験したいと思う貴女に】

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。




日本最強のSMランキング



エログランキング【ブロブロ】



【バナー】
 これまで使用バナーです。
baner88X31.jpg

 新しいバナーを作成しました。
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/


この記事のURL | コスプレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/281-15d98f01

| メイン |