FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
【私のSM感】雪風流 SM調教体験 志願者心得の条
2009/05/23(Sat)
 【SM雪風流を志願される方へ】
 はじめまして、雪風です。
 雪風流SMを志願、体験したいと考えている貴女は、必ず次の内容を読んで、本当に自分が求めている世界と合っているかどうか、確認してください。
 そして、「大丈夫」と心を決められたら、私宛へのメールフォームへ進んでください。

【志願者の年齢等】
一、実年齢は20歳以上の純女であること。既婚未婚は問いません。
  雪風流SMは、貴女と2人だけの異次元世界で体験することが可能です。
  プレイ中は、「雪風」を主と仰ぎ、ホスピタリティの心を持って仕えるようにしていただきます。
一、自らが健康体であること。自らの健康管理がきちんとできていることは、大前提です。
一、体型は問いません。
  ただ、ご自身の体が硬いと思っている方は、試しに手を後ろに回して見てください。
  手首が交差(クロス)すれば、大丈夫です。
  なぜかと言えば、後手縛りを行うためで、きちんと腕を後ろで組むことができることが大切なのです。
  組んだ後は、少し高めに暫く維持するようにします(写真参照)。

2009 志願者心得の条・背面

【志願者の心得】
一、一人の大人の女性として、普段の生活を、きちんと過ごしていること。
一、社会的な常識を備え、服装、言葉遣いなどがきちんとできること(接遇入門編は、
 必要であれば別に行います。現:採用試験官、CS、接遇の指導者の経験あり)。
一、プレイは、雪風と体験志願者相互の信頼の上に成り立つものであることを、
 心得なくてはなりません。
一、プレイ中の命令はもちろん、プレイの序章に関する命令は絶対であることを、頭も
 体も理解して臨まなくてはなりません。
一、雪風流SMは、異次元世界にあります。現実の世界に戻った時は、いつも通りの
 貴女になることができます。
一、異次元世界での出来事は、全て心に刻んでも、終焉まで絶対に他者に漏らしては
 なりません。
一、少なからず私は、喫煙をします。ですので、タバコの匂いに過敏ではないこと、
 または、多少であれば我慢が出来ることを求めます。
 (ヘビースモーカーではありません。換気には、当然気を使います⇒Sの心構えですね)

【面談について】
 場所は、東京都区内の落ち着いた時間を提供してくれる場所を相談の上決めます。
 具体的には、会話が気にならない場所、喫茶店、パーティルーム、レンタルルーム等を考えています。
 雪風は、常識を持って、真剣に、貴女自身の想い、考えなどを伺います。
 面接当日は、プレイを行うつもりはありません。
 プレイに進むためには、お互いのSMに対する考え、想いが一致することが、一番大切なことです。
 そして、容姿も一つのものだと思いますので、プレイには、進まないのです。
 なお、面談=必ずプレイをしなくてはならない、ということはありません。
 貴女の希望、考え、想いと雪風の思いが一致したときに、自然と次のステップへ進むことになるはずです。
 なお、東京近辺以外での面談・プレイについては、応相談とさせてください。

 さあ、勇気を持って、次の文字をクリックしてみましょう。
 想いを伝えること、それが異次元の扉を開くこと。
 貴女と雪風の異次元世界への、第一歩なのです。




【体験を考えている貴女へのアプローチ】
 SMに対する想いを自らの心の奥に潜め、隠し続けること。
 それも、否定いたしません。
 ただ、ひと時だけ忘れることはできても、押し隠すことにより葛藤を繰り返すことになりはしませんか。
 そのように、さらに自らの心を痛めるよりも、その想いをメールに記述してみてはいかがでしょうか。
 そして、少しでも自らの心を解放し、安堵することができれば、それは貴女の心が少しでも落ち着くということにつながるはずです。
 今は決心がつかずとも、想いを伝えるだけでも、心のわだかまりは解け、日常の生活を不安なく過ごすことができるのではありませんか。
 そう、私は思っています。
この記事のURL | 志願者心得の条 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/03 19:18  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/35-d4feeb47

| メイン |