FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流・空想小説】 奉仕の宿 研修3日目 マイバイブ
2012/05/02(Wed)
 前回  奉仕の宿 研修3日目 突然のモーニングサービス


 アスカの突然のモーニングサービスに一瞬、ドキッとした。
 しかし、部屋に入ると、頭は今日の研修に釘付けだ。
 どのように進めるか、もう一度昨夜奈津美と相談したカリキュラムを取り出して確認する。
 一服つけながら考えていると、ドアがノックされた。
「失礼いたします、奈津美です。あと15分で研修開始です」
「おっと、もうそんな時間ですか」
「はい。ご用意を」
「わかりました」
 10時まで、あと15分だ。
「さあ、行きましょうか。その前に、一口、水を飲ませてください」
「はい。お待ちしております」
 机の上に置いたミネラルを手にして、ゴクリと飲む。
 常温でも、美味しいミネラルだ。
 そして、手元にあるカリキュラムをファイルに入れ、そして奈津美と部屋を出る。

 6Fの研修室には、すでに研修生が揃っている。
 遅くとも、定刻の5分前に行動できるようにと、この点だけは厳しく申し渡してある。
 奈津美がドアを開ける。
「おはようございます、先生」
 5人は1列に並んでおり、そして5人が一斉にこちらを向いて挨拶する。
「おはようございます。それでは、今日も、しっかりと研修をいたしましょう」
「よろしくお願いいたします」
 今朝は、全員が朝のままのチャイナ服で並んでいる。
 そう、今朝は宏美がモーニングシャワーの担当だったので、宏美のチャイナ服は初めて見る。
「宏美さんのチャイナ服も、良いですね」
「ありがとうございます、先生」
「では、今後の予定について、説明しておきましょう。奈津美さん、お願いします」
 奈津美は、A4・1枚のスケジュール説明ペーパーを配布した。
「では、みなさん、ご説明します…」
 今日は研修3日目、午前、午後の研修。夕方は、17時まで。
 明日は、4日目、本日と同様の研修。終了時間は同じ。
 明後日、最終日は、午前中は帰り支度も必要なので、休講。
 そして、午後は最終講義。そして修了試験。
「よろしいですか。何か質問があれば、おっしゃってください」
 菜穂子が手を挙げた。
「質問、よろしいでしょうか」
「何でしょうか、菜穂子さん」
「あの~、最終日の修了試験の内容って言うのは、教えていただけるのでしょうか」
「試験内容は、これからAO様と設定しますので、まだ内容を説明できる段階ではありません」
「そうですか」
「5日間の研修内容をきちんと身に付けていれば、何も困ることはありませんから、大丈夫ですよ」
「はい、わかりました」
 菜穂子は、ちょっと不安そうな一面を見せたが、すぐ元の笑顔に戻った。
「では、研修に入ります。AO様、お願いします」
「これから、午前の研修に入りたいと思います。今日はチャイナ服ですので、上半身の縛りをお互いにしていただきます」
「はい」
「では、ペアを組んだください。それでは、奈津美さん、あなたが1人を縛ってあげてください」
「かしこまりました」
「両手解放。動けるようにして、首から縄をかけ、菱縄にしていきます。上半身のみ縛ります。いいですか」
「はい」
 2人ずつ、向かい合って、麻縄をかけていく。
 1人が出来上がると、今度は交代して、もう一人を縛る。
 全員のチャイナドレスに、麻縄の飾り付けができた。
「先生、できました」
「出来ましたね。では、縛り具合を点検します。みずきさん前に」
「はい」
 一歩前に出たみずきの縛り具合を、ポイントに指を入れながら、強さを試す。
 大体いいな。
「では、次に一美さん」
「はい。お願いいたします」
 みずきが下がり、一美が一歩前に出る。
 背中にまわした縄を軽く引くと、どうも緩い。
「一美さんにロープをかけたのは、菜穂子さんですか」
「はい、そうです」
「ちょっと、背中に回した縄が甘いですね。こちらに来て」
「はい」
 縄を一部解き、一美のに掛け直していく。
「ここをきちんと決めないと、動いているうちに緩んでしまいます」
「わかりました」
「では、次に菜穂子さん」
「はい」
 バストの前の縄が、どうもねじれている。
「菜穂子さんにロープをかけたのは、由美さんですか」
「はい。そうです」
「前面の縄がきれいに決まっていません。これでは、単に縛っただけになってしまいます。縛りは、要所要所をきちんと決めることで、美しさも演出できます」
「はい、申し訳ございません」
 手早く、一部手直しをする。
「では、今度は由美さんですね」
「はい。お願いいたします」
 よし、菜穂子はしっかりとした縛りができている。
「良いですね。菜穂子さん、良い出来栄えですよ」
「ありがとうございます」
「では、次、最後ですね。宏美さん」
「はい」
 こちらは、奈津美が縛りをしているので、全くの問題はない。
「結構です。一部手直しされた方は、どの辺がたりなかったか、よく考えて、次回は、すばらしい縛りになるように、お願いします」
「はい」
「さて、では全員、チャイナ服の前布を持ち上げて、パンティを晒していただきましょう」
「はい」
 スカート持ち上げも、馴れた感じになってきたが、やはり「羞恥心」が消えてしまっては、面白くない。
 全員が、ゆっくりと前布を持ち上げる。
「前布を上げたら、落ちないように、お腹に回してある麻縄に絡めてください」
 言われたとおり、全員が、ロープに前布を止めた。
「では、全員、マイバイブを出しください」
「はい」
 全員が、自分専用のバイブレターを手にした。
「良いですか。では、バイブにスキンをかぶせて」
「はい」
「用意ができた方から、秘苑にバイブを入れましょう。でも、まだスイッチは入れてはいけません」
「先生。パンティは脱いだ方がよろしいですか」
 宏美が質問してきた。
「いえ、パンティをずらして、脇から入れてください。そしてパンティを戻せば、バイブが抜けません」
 5人並んで、パンティをずらしてバイブを沈める姿は、一種壮観だ。
 もう、感じ始めている娘もいるかもしれない。
 5人を見て回ると、菜穂子は、もう大分濡れているようだ。
「菜穂子さん、もうぐっしょりですか」
「先生。こんな、いやらしいことしているだけで、もう、だめですぅ~」
「いけませんね~。悪い娘には、お仕置きですよ」
「はい~」
 全員用意ができたようだ。
「では、全員用意ができたようなので、リモコンをお腹に回っているロープの背中に挟んでください」
「はい」
「全員用意ができたら、四つん這いになって、お尻を突き出しなさい」
「はい」
 全員が、四つん這い、そう「わんちゃん」になって、お尻をこちらに向けている。
 背中には、秘苑に沈めたマイバイブのリモコンが乗っている。
 お尻には、チャイナドレスの後ろ布が、お尻に被っている。
「さて、一人ひとり、点検して、スイッチを入れます。動かないで」
 最初に宏美に近づいていく。
「あっ」
 後ろの布を払うと、プリッとしたヒップが露出する。
「どれどれ」
 しっかりとバイブを秘苑に沈めているか、パンティを引っ張って、確認する。
「あぁーん」
「よし、良いな。スイッチを入れるが、我慢するんだよ」
「はぁい」
 背中に付けたリモコンのスイッチを入れる。
 ブゥーン。
「あん。あ~」
「動かないように。よし、次は由美さん」
「お願いしますぅ~」
 どうも、バイブは沈んでいるが、突起がクリ○リスから外れている。
「少し位置を直しますよ」
「はい。あっ」
 よし当たったな。
「スイッチオン」
 フゥーーーン。
「あーーー。きもちいぃぃ」
「よし、次は菜穂子さん」
「はい」
 よし、これはきちんと装着できているな。
「スイッチオン」
 ブゥーーーン。
「あっ、あーーー」
「ほら、動かないで、今の姿勢を確保して」
「は、はいっーーー」
「次は、一美さんだね」
「お、お願いします」
 パンティが緩いようだ。
 少し強めに、上に引っ張る。
「うぅーん」
 よし、しっかりと固定されたな。
「スイッチオン」
 ブゥーーーン
「あぁぁぁ~」
「よし、次は、最後、みずきさん」
「はい」
 よし、これもしっかりと咥えこんでいる。
「スイッチオン」
 フゥーーーン。
「あぁ~~。いぃぃー」
「よし、全員スイッチが入ったな」

<続く>

【SM・雪風流を体験したいと思う貴女に】

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。




日本最強のSMランキング



エログランキング【ブロブロ】



【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/


この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/363-4fb7d029

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。