FC2ブログ
2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流4】
2009/05/28(Thu)
 緊縛前に、ここで雪風のコスプレに対する考えを述べておきたい。
 コスプレというとすぐ気付くのは、忘年会などのアトラクションで使用する、宴会グッズを取り扱う店舗で売られているナイロンなどで作られたセーラー服やメイド服、ナースもあるし、キャビンアテンダントなどを想像するだろう。

 私は、元々コスプレをさせるのであれば、キャラクターものは別として、着用者に合うもの、さらに言えば、そのまま表を一人で歩いても自然なものとして見えるものでありたいと思う。
 だから、服と附属するも物は、全て本物志向である。
  
 着用方法も、拘りたい。
 ナースであれば、当然ベルトの付いたワンピース型の白衣。髪が長髪であればまとめさせた上に、白のキャップをピンで止めてもらおう。
 キャビンアテンダントであれば、髪は撫でつけるように固めてもらいたい。そして、スカーフに凝ってもらいたい。自身に似合う、また着用する服にぴったりの、お気に入りのスカーフでありたい。
 着用する隷嬢が、ナースであればナース服を着ることで全体が本物になってしまうが、職業は別として、普段通りにある姿を緊縛することで、自らも倒錯の世界に踏み入れていることを自覚することができる。


 私の緊縛手順は、まずは、隷嬢を立たせて、後ろ向きにさせてから、両手を交差させる。体が硬いと腰のあたりで交差させるが、柔らかい隷嬢であれば、肘をもう一方の手で掴むことができる。そうであれば、責めてもある程度の時間、緊縛しておくことが可能である。
前者のように、腰のあたりで交差させたままであると、長くて10分程度しか持続できず、縛って言ったところで、縄が足りなくなることもあり得る。
 縛るときには、解くことも考えながら縛らなくてはならない。限界ぎりぎりまで責めたとき、一刻も早く隷嬢を安堵させるためだ。

 縄は、伸縮が可能な綿ロープが無難であろう。また、色もカラフルだ。麻縄は、柔らかい体にはぴったりと嵌まるが、どの程度嘗めされているのかを確かめないと、初心者には難しい。そういう私も、麻縄の体験は限られているので、綿ロープの2本取りが主流だ。
 
 
 さあ、隷嬢の用意もできた。「さあ、お前の縄化粧を始めるか」と隷嬢を促す。
 足元に座っている隷嬢は、あいさつから始める。
「ご主人さま、これから、いよいよ洋子に縄化粧を施していただけるのですね。ありがとうございます。縛っていただいた洋子は、一段と妖しく光るような気がいたします。どうぞ、ご主人様のお好きなように、そして洋子が気に入っていただけるように、いかようにも縄の施しをお願いいたします」



 私も立って、隷嬢に背を向けさせ、後手縛りの用意を命じる。
 細かく書いてもイメージがわかないだろうから、簡潔に流れだけ書いておく。
 腕が背中に廻されたら、交差したところを縛り、次いでバストの上、そして下に縄を回す。
そして、脇の下を絞り上げて、一度、後手部分で固定する。
 次に縦に縄を使い、前面に廻し胸の谷間に縄をかけたうえで、バストの上下に横に縛られた縄を絞る。ここで、バストが強調される。
 余った縄は、へそのあたりまで下げていき、お腹を縛って終わらせる。

 このまま責めても、いい感じだ。
 スカートをたくしあげ、お腹に廻した縄に引っ掛ける。そうするとパンティーが露わになる。
 そこから、触り始めよう。

 今日はここまで。
 次は、縛った隷嬢の責めを始めよう。

【体験応募者へ】 

雪風流SM調教志願 mail


 いきなりのプレイはしない。必ず面接を行い、応募者の感覚と私のSM感とが合うかどうかを判断する。その上で、プレイにを行うかどうかを決めさせていただく。あらかじめ了知のこと。
この記事のURL | 私のSM感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/37-27d917ea

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。