FC2ブログ
2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流・空想小説】奉仕の宿 研修4日目 放尿鑑賞①
2012/07/17(Tue)
前回  研修4日目 スクール水着②

 今朝の朝食は、あっさりと終わった
 さわらの西京漬け、そして小鉢が3種類、あとは、温泉卵などだ。
「朝は、しっかり食べないとね」
「はい。1日の活動の源てすから」
 そんな会話を交わしながら食事を終え、日本茶を出してもらった。
 なかなか良い味だ。
「さて、奈津美さん。今日の研修はどのような内容で参りましょうか」
「まだ、体験していない内容が良いと思いますが」
「そうですね。私はスカトロ系、アナル系はしないようにしていますし…」
「でも、羞恥責めということでは、おしっこをそれぞれさせてみましょうか」
「それも面白いですね。早速用意いていただきましょう」
「かしこまりました。それでは、いつもの隣の部屋に設備があるようですので、早速用意いたします」
「では、10時に全員セーラー服でお願いします」
「連絡いたします。では、先に失礼させていただきます」
「よろしくお願いいたします」
 奈津美は、一礼すると席を立ち、レストランを後にした。
 私は、少し残って、朝の景色を楽しむ。
 今日1日で卒業試験か。早いものだ。

「ご馳走様。上がります」
「ありがとうございました。今日も、研修のご指導、お疲れ様でございます」
 洋子女将に見送られ、レストランを後にする。
 部屋に戻り、パソコンを開き、これまでのデータを再確認する。
「そうか、おしっこのご披露ね~。それだけでは大したことはないな。ちょっとひと工夫してみよう」
 これまでのデータをもとに、少し責めの検索パターンを当てはめてみる。
「これなら、体の負担も少ないな」
 他の4名にも当てはめてみると、まあまあのデータが出た。
「よし、これでやってみよう」
 コンコン。
 ドアがノックされ、奈津美が部屋に入ってきた。
「奈津美です。AO様、あと30分ほどで研修開始になります」
「そうだね。ちょっといいかな。このデータを見てもらえますか」
 パソコンを横から覗き込む。
「まあ、こんなことを」
「体に負担は少ないと思うので、どうかと思ってね」
「羞恥心をさらに、くすぐりますね」
「では、今日はこれをやってみましょう」
「お道具の追加準備をいたしますね」
「よろしくお願いします」
 部屋に置いてある、冷たいドリンクを少し飲み、ほっと一息。
 煙草の煙が、部屋の中で揺れている。

「さて、そろそろ行きましょうか」
「はい、よろしくお願いいたします」
 私は席を立ち、そして奈津美とともに、いつもの研修室の隣の部屋に行くことにした。
「隣の部屋は、まだ使ったことがなかったですね」
「はい。本来はハード、そしてスカトロ系も対応できるようにしてあるのですが、今回はまだ使用しておりません」
「そう、Y風流では、心と体に傷を付けるプレイは含まれていません」
「でも、一応のご体験はお持ちなのでしょう」
「まあ、参考までにね。でも、やはり私には向かないな」
「動物などで言う調教は、主の命じたことを実行できないときに、罰として痛みを加えることになるのではないかと思いますが」
「そうですね。でも、痛みを加え言うことを聞かせるようにしても、それは単に表面だけ服従です」
「そうなのですか」
「隷嬢は、心からご主人様を慕うようになれば、自然と体はついてくると思いますよ」
「なるほど」
「精神的な隷属させること、それがY風流の本流です。おっと、すべて理解している奈津美さんには、釈迦に説法になりますね。ははは」
「勉強になりました」
 いつもの研修室を過ぎ、次の部屋の前に来た。
「こちらでございます。お開けいたします」

<続く>

【SM・雪風流を体験したいと思う貴女に】

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。




日本最強のSMランキング



エログランキング【ブロブロ】



【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/392-a2470ddc

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。