FC2ブログ
2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流・空想小説】奉仕の宿 研修4日目 放尿鑑賞⑤
2012/10/09(Tue)
 前回  奉仕の宿 研修4日目 放尿鑑賞④

「さて、どちらが先ですかね~」
「あぁ~~ん」
「は、はやく、触ってくださいぃ、せんせいぃ」
 パンティの中心部を見ていると、二人とも、小刻みな動きながら、秘苑が動いているような気がする。
「おっ、宏美さんのパンティの中心部の色が、少し変わってきたような、気がしますね~」
「あぁ~ん、宏美さんが先ですか~」
「そう言えば、一美さんのパンティも、何か色が変わってきたような」
「せんせい、どうか、二人同時で結構ですので、愛の手を、お差し伸べくださいぃ~」
「そうですか。それでは、お二人同時だったということで」
 太ももを触っていた手が先にゆっくりと伸びた。
 そして、秘苑を包むパンティの脇に届くと、人差し指で、その境目を上下にゆっくり触る。
「あぁ~ん、せんせいぃ~」
「あっ、あぁぁ、もっと、お願いしますぅ~」
 上下していた人差し指は、今度はパンティの中心部に当てられて、ゆっくりと円を描き始める。
「せ、せんせいぃ~。ちょ、直接、どうか、宏美のいやらしいおマ○コに、指のお恵みを~。あ~~」
「か、一美にも、せんせい、おねがいしますぅ~」
 声を聞いている間にも、パンティの中心部は、シミが徐々に広がりつつある。
「相当感じ始めたようですね。では、そろそろ」
 そういうと、パンティの中心部にあった人差し指は、器用に、パンティのゴムをくぐりぬけ、そして密林の上に。
「あっ、せんせい。どうぞ、激しく動かしてください」
「せ、せんせい。ゆ、ゆびを、一美のおマ○コの中に、ど、どうぞ、ズ、ズブリって~」
「おやおや、大胆な言葉遣いですね~」
 そう言いながら、密林を撫でつつ、秘苑の割れ目を上下に行き来する。
 宏美も、一美も、上を向いたまま、荒い息遣いと感じる声を出している。
「では、ご褒美に、バイブを入れましょう。奈津美さん、2本お願いします」
「はい。こちらにご用意いたしました」
「では、まずは宏美さんから」
 奈津美からバイブを受け取ると、宏美のパンティを左にずらし、そして中心部に向けてゆっくりとバイブを進めて行く。
「あ、っあっ、あ、っあぁぁ~」
 根本まで沈めると、バイブの根本をパンティで覆う。
 こうすれば、抜けないはずた。
「では、一美さんにも」
 そう言いながら、もう1本のバイブを受け取ると、一美のパンティのゴムをずらす。
「おやおや、一美さんは、少し滴っているようですね」
「せ、せんせい。恥ずかしい~」
「こんな姿は、ご主人様だけにお見せするものです。そして、ご主人様の前では体も正直でなくてはなりません。滴るということは、立派な心がけの現れです」
「あ、ありがとうございますぅ~」
「では、いきますよ」
 バイブを当て、そして左右に軽く振ると、襞が開けて、受け入れの用意ができる。
 ゆっくりと力を入れて行く。
 秘苑に、ゆっくりと沈んでいくバイブ。
「あぁぁぁ~、き、きもちいいですぅ~」
 こちらも、ハンティをかぶせて固定する。
「二人とも、スイッチを入れますからね。大いにご褒美を楽しんでください」
 両手に握ったリモコンのスライドを、ゆっくりと上げていく。
 そして、ランダムスイッチをON。
「あぁーー、あっ、あっ、あぁーー」
「うぅん、あっ、あーーー」
 嬉しい声が2人の口から洩れる。
「さて、暫くご褒美を楽しんでいただきましょう。さて、次に入りましょう」
「はい、かしこまりました。では、みずきさんと由美さん、お願いします」
「はい、かしこまりました」
<続く>


【SM・雪風流を体験したいと思う貴女に】

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。








【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/09 21:06  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/405-8ef68f4d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。