FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
【雪風流・空想小説】 奉仕の宿 研修4日目 朗読②
2012/10/19(Fri)
 前回  奉仕の宿 研修4日目 朗読①

 講師控室は、モニターがあるほかは、応接セットが設置されているほかは、普通の部屋とは変わらない。
「さあ、少し休みましょう、奈津美さん」
「はい。AO様」
「どうしましたか」
「あのぅ、言いづらいのですが…」
「何か」
「その、先ほど本を読んでおりまして、どうも、モヤモヤしてしまって、体が火照ってしまうので…」
「おや、もうご褒美のおねだりですか」
「は、はい」
「今は、研修の最中ですので、今少し我慢してください。我慢することも、また努めだとも思います」
「は、はい」
「少々つらいかもしれませんが、今しばらくの我慢です」
 頷く、奈津美。
 ただ、スパ○タンZが段々と効いてきたので、主砲は硬度が増しているのは、事実だ。
 私も我慢しなくては。
「滅多にしないのですが、少しお昼寝させてください」
「こちらでよろしいですか」
「構いません。短時間ですので、ソファで十分です」
「では、私は、何か飲み物でも、運んできます」
「いや、ここにはお茶がありますから、研修生のみなさんの様子を見ていてください」
「かしこまりました」
 そう言い置き、ソファに体を預けると、軽い睡魔がやってきた。


 Y風流の本部の一室に、呼ばれたらしい。
「今度の任務は、どうかね」
 赤城副本部長が、私に尋ねる。
「ええ、順調ですよ」
「それならいい。SK館の依頼はいつも大切にしているので、気合を入れてやってほしい」
「はい。もちろんです。一生懸命やります」
「あの、渡辺という秘書はどうかね」
 長門本部長が話しかけてきた。
「ええ、よく気が付く秘書ですね。優秀です。ただ…」
「ただ、何かね」
「3日と置かず、刺激がないとだめなようですが」
「そうか、そちらの方も、君が面倒みないとな。さすがに富嶽君の秘書だな、ははは」
「今度の任務が終わったら、少し休養したまえ」
「ありがとうございます。でも、まだ大丈夫です」
「きみは、連続して研修を続けている。疲れが取れなくなるぞ」
「それに、大道寺君が、そろそろ出番が欲しいと言うんでね」
「大道寺なら、色々やっていますから、大丈夫でしょう。そろそろ新しい体が欲しくなったのでしょうか」
「ははは、君たちには、かなわんね~、わははは」


 どのくらい休んだだろうか、腰の当たりに何かが乗っている感触がある。
 薄目を開けてみると…。
 おっと、奈津美が私のズボンのジッパーを下げて、主砲を舐めまわしているじゃないか。
 ここは、もう少し知らんふりをしてもいいかな。
 私が気付いていないと思い、奈津美は、そろりと私に近づき、ズボンのジッパーを下げると、ゆっくりと主砲を取り出した。
「とても美味しそうだわ~。いとしいAO様のおチ○ポさま~」
 ゆっくりと頬ずりしながら、主砲の硬度を確かめている。
「大分硬くなってるわ。我慢できないから、いただいちゃおうっと…」
 半勃ちの主砲を、ぺろぺろと舐め出す奈津美。
「あぁ~ん、おいしいわぁ~」
 舌先でチロチロと、先端部分を舐め刺激を与える。
 硬度が少し増し始める。
「だんだん、硬くなってきたわ~」
 奈津美は口でしっかりと主砲を咥えると、頭をゆっくりと上下させ始める。
 頭を上げるときに吸いつき、そのまままた頭を下げる。
 これを繰り返しても、私の場合は硬度が増すだけだ。
 意図しなければ、発砲はしない。
 しばし、自由にさせておくことにした。
<続く>


志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。





【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/25 13:01  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/414-3a66dd78

| メイン |