FC2ブログ
2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
【雪風流・空想小説】 奉仕の宿 研修4日目 朗読⑦ 一美
2013/01/23(Wed)
 前回  奉仕の宿 研修4日目 朗読⑥ みずき


 2番目は、一美に登場してもらおう。
 みずきを部屋に送って行った奈津美が戻ったので、早速連絡するように指示する。
「次は、一美さんにお願いしましょうか」
「確か、一美さんは、メイドの折檻ものでしたね」
「なんか、楽しみですね~。では、呼んでください」
「かしこまりました」
 奈津美は、一美にコールすると、私の後ろの席に控えた。

 やがて、部屋がノックされ、一美が黒いメイド服と白のエプロン姿で現れた。
「先生。よろしくお願いいたします」
「お待ちしていました、一美さん。では、早速あらすじからお願いしましょうか」
「はい。この物語は…」
 ※ ここで読者の皆様には、概要を伝えさせていただこう。
 とある郊外のお屋敷に勤めるメイド「ゆりあ」は、まだ勤めて間もない新人。
 ある日、先祖伝来のティーカップを割ってしまった、ゆりあ。
 それを見つけた執事Kは、ゆりあを執事部屋に連れて行き、どうしたらよいかと頭を悩ませる。
 そこで、ゆりあは、執事Tに「ご主人様にゆりあを差し出していただき、お詫びの印としたい」と申し出る。
 まだ、ゆりあは、ご主人様の夜、朝のお伴を命ぜられていなかったからだ。
 そこで、執事Tは、ご主人様に本当にお詫びの心が通じるか、どういうことができるのか、試すことにした。

「では、先生。これから核心の部分を読ませていただきます」
「楽しみにしていました。よろしくお願いします」
「では、始めさせていただきます」

☆☆☆-------------------
「執事様、ゆりあは、ご主人様にこの体を奉げて、お詫びをしたいと思います」
「そうか。他に方法はないからなぁ」
「では、早速、行って参ります」
「待ちなさい」
「執事様、何か」
「ゆりあ君が、ご主人様にどのようにお詫びして、ご理解を得られるか、ここで実際に練習をしてみよう。行くのは、それからでも遅くない」
「執事様が、事前の練習をしてくださるのですか」
「やむを得んな。私をご主人様に見立てて、練習をしてもらおう。内容がわかっていれば、アドバイスもできる」
「ありがとうございます。ゆりあ、うれしいです」
「さあ、さっそくやってみよう」

「ご主人様、よろしいでしょうか」
「何かね、ゆりあ君」
「はい。実は、お詫びに上がりました」
「何かあったのかね」
「はい。誠に申し訳ないことなのですが、本日、茶器のお手入れをしている際に、ご先祖伝来と言われるティーカップが割れてしまい…」
「な、なんだって」
「は、はい。その、ティーカップが…」
「ティカップが、わ、割れたのか…」
「は、はい。申し訳ございません」
 そういうと、深々と頭を下げるゆりあ。
 下げたまま、頭を上げられない。
「あ、あ~~、どうしよう。あのティーカップは、今度、文化庁から持参してほしいと言われていたものだ…」
 頭を下げたまま、ゆりあが口を開く。
「も、申し訳ございません。大切に扱っておりましたが、両手で持っていたときに、手の中を滑り落ちまして…」
「あ~~、どうしよう」
「も、申し訳ございません」
 1分もたたないが、無言の時間が流れた。
 それは、数十分にも感じるゆりあだった。
「頭をあげなさい」
「はい。ご主人様」
「それで、この始末を、どうお詫びしようと言うのかね、ゆりあ君」
「はい。その、申し訳ない気持ちでいっぱいで。その、私には何もないので、こ、この体で償わせていただければと…」
「体で償う?」
「はい。どうか、お詫びのしるしに、ゆりあの体を、お気の向くままに、お使い下さって、か、かまいません」
「それで、時価数億円の美術品の代わりにするのかね」
「一生をかけてでも、お詫びしないと、いけないと思って…」
「そこまでの覚悟があるのなら。いいだろう。文化庁には、うまく話をしておくから、君の言う償いとやらを受け入れてみよう」
「あ、ありがとうございます、ご主人様」
「さて、ゆりあ君は、何をしてくれるのかね。その体で」
 というと、ゆりあの全身をご主人様が、上から下まで、舐めまわすように見つめた。

☆☆☆---------------------
 一美は、主人公になったが如く、物語に合わせて、立ち上がったり、礼をしたりと、物語の主人公になりきっている。
 なかなかね良い眺めだ。
「ゆりあ君、早速、君のいやらしいところ、おマ○コを広げて、私に見せてもらおう」
「はい、ご主人様。喜んで」
 そういうと、一美はパンティを片脱ぎして、椅子にM字に足を開き、秘苑を曝した。
「ど、どうぞ、ご覧下さい、ご主人様。ゆりあのおマ○コでございます」
「ほ~、とろとろと蜜が流れ始めているね。指ですくってみようか」
 そう読み上げながら、自分で開いた秘苑を指でなぞり、分泌液を指に絡めて見せる。
「ほら、しゃぶれ」
 分泌液をからめた指を自分の口に入れて、しゃぶり始める。
 なかなかのリアルさだ。
「うぐ、うぐ、うぐ…」
 まるで、本物のご主人様が、一美扮するゆりあの口に指をねじ込んでいるようだ。
「ぶはっ。はぁ、はぁ、はぁ」
「こんな程度では、お詫びにもならないぞ。今度は、自分でオナニーして、潮を吹くところを見せてくれ」
「は、はい、ご主人様」
 そういうと、一美は、メイド服の胸のボタンを一部外し、片手を差し入れる。
 そして、もう片方の手で、自分の秘苑をまさぐり、クリ○リスに微妙な刺激を与えていく。
「あぁ~~ん、ご主人さまぁ~。ゆりあ、とろけちゃうぅ~~」
 今度は、片手で秘苑を開いて、その中に指を入れ、ゆっくりと前後に動かし始めた。
 見ていると、少しずつピッチが速まっていく。
 どうも、Gスポットを刺激し始めたらしい。
「あぁ、あぁ~~ん。ご主人さまぁ~~。い、い、い、逝き、そうぅ~」
「ほら、潮を吹いて見せてくれ」
「い、逝きますぅーーーー」
 そう言うと、一美の秘苑から、水沫がピッ、ピッっと吹き出した。
「あーーーー、い、逝きましたぁ~~」

 一美自身が潮を吹いてしまったので、これ以上は読み続けられないだろう。
「一美さん、ありがとうございました。緊迫した熱演付きの朗読。素晴らしかったですよ」
「はぁ、はぁ、はぁ。あ、ありがとうございます」
 全身で息をしながらも、私に対する礼は失わず、きちんと挨拶までこなすことができた。
 良い研修生に育っている、と感じたAOであった。
<続く>


志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。





【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/26 14:27  | | #[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/427-d460bc11

| メイン |