FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
【SM雪風流】奉仕の宿 研修4日目 朗読⑧ 菜穂子(後編)
2013/02/23(Sat)
 前回   奉仕の宿 研修4日目 朗読⑧ 菜穂子(前篇)

 菜穂子は、ロマンス文庫の主人公、「アズサ」に完全に入れ込んでいる。
 息遣いも荒くなってきている。
 さて、見ものだな。
-------------------------------
「監督、これからでもかまいません。どうしても、お願いします」
「これからか…」
 監督は少し悩んでいた。
 そう、監督としてそこまで踏み込んでよいのか、と言うことが脳裏をよぎる。
 ・・・。

 菜穂子は、監督の言葉を低い声、そしてアズサの声を自分自身に置き換えて、熱演している。
(この娘は、こちらにいるよりも…)
 
「まずは、ご挨拶だ」
 そう言って、床にひれ伏す菜穂子。
 頭をゆっくり上げようとして、そして自分のて手で頭を押さえる。
「まだ、頭をあげてよいと言っていないぞ!」
「も、申し訳、こ、ございません」
 すっかりリアルだ。
「ほら頭を上げて、立ち上がれ」
「は、はい」
「もたもたするな!」
 と言いながら、片手で自分のヒップをパシンと軽くたたく。
(演技力もある)
「こ、これでよろしいでしょうか」
「よし、じゃあ、パンツとスコートを膝までおろせ!」
「えっ、恥ずかしいことです」
「乗り越えると言ったのは、アズサ、お前だ!自分を変えるために、私は心を鬼にしてやってるんだ」
「…」
「どうした、終わりにするか」
「…、い、いえ。します」
 そういうとアズサは、スカートの中に手を入れて、そしてスコートを下げ、そして薄いピンクのパンティがゆっくりと下げられた。
「ほら、今度はそのコスチュームのスカートを持ち上げろ。その時に「せんせい、どうか、アズサの恥ずかしいところを、御覧下さいませ」と言うんだ」

 菜穂子は、もじもじしながらも、スカートに手を伸ばしている。
 自分で、監督の言葉をまた発する。
「俺は短気だ。すぐ見せろ。見せられないなら、すぐにこの部屋を出ていけ!」
(おっと、原作にないぞ??)
「も、申し訳ありません…。す、すぐに、お見せします…。どうか、御覧になってください」
「何を見るんだ」
「ア、ア、アズサのおマ○コ…」
「聞こえん!はっきり言え!」
「か、監督に、み、見ていただきたい…、ア、ア、アズサの…」
「なんだ!」
「お、お…、おマ○コです…」
「そうか、勿体ぶるな、アズサ。すぐに見せろ!」
「は、は、はい…」
 そう言いながら、菜穂子は、勿体ぶってスカートを持ち上げる。
(演技にハマりすぎだな。でも、面白い)

 その後、菜穂子は監督にいたぶられる様子を、体を駆使して、ついには、目の前で自分の手で襞を広げるわ、クリ○リスを自分で剥いてオナニーを見せつける。
 15分の予定は、すでに大幅にオーバーしている。

 奈津美から一言。
「菜穂子さん、そろそろですよ~」
 耳に入ったかどうか、夢中でマ○ズリしている菜穂子。
「あっ、あっ、あっ、か、か、監督~、いっ、いっ、逝きますーーーー」
 そういうと、床にピッと我慢汁をふりまき、そしてゆっくりと体を後ろに倒していく。
 私は、奈津美に目くばせしようとすると、その前にさっと、走り寄り、そして菜穂子の体を支えていた。
(言わずとも、即行動。理想の隷嬢だな)

<続く>

志願者心得の条


 自分の想いを隠し続けることもよいでしょう。
 しかし、その状態のままでは何も解決はしません。
 想いを伝えること、それが悩む心を解き放つための、唯一の【解決】のための第一歩ではないでしょうか。
 連絡に当たっては、必ず「志願者心得の条」を読んでください。
 そして、内容を理解したうえで、次のバーナーをクリックします。
(携帯でご覧の方は、次の「画像」という文字をクリックします)
 そう、それが貴女の解決のための第一歩、新しい体験への【扉】なのです。





【バナー】
バーナー10 88X31

 リンクは、次のところへお願いいします。
 http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/430-a178f9e5

| メイン |