FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
【雪風流・空想小説】奉仕の宿・5日目・最終日 修了試験 中間報告 
2013/08/17(Sat)
 前回  奉仕の宿・5日目・最終日 修了試験② ひとり遊び

 部屋に戻り、携帯電話をかける。
「奈津美さん、ここで一度皆さんの採点を見ておきたいと思います。すみれさんと一緒に私のところへ来ていただけます」
「かしこまりましたAO様。早速2人で伺います」
 コンコン。
 ドアがノックされた。
「どうぞ」
「失礼いたします、AO様。これまでの採点ができましたので、ご報告に上がりました」
「ありがとう。お2人とも、こちらにおかけください」
「ありがとうございます。では、コーヒーでも入れますか」
 さすがに、奈津美は良く気づく。
「それでは、お願いしましょうか、奈津美さん」
「かしこまりました」
 早速、部屋の片隅に置いてあるコーヒーセットを手早く用意すると、トレーに載せて席に置いてくれる。
「失礼いたします」
 脇から少しかがみ腰で、コーヒーカップが目の前に差し出される。
 テーブルに置くと、カップの位置、スプーンの位置を補正すべく、カップを乗せた皿を軽く回す。
「どうぞ、お召し上がりください」
 脇に置かれたシュガーを少し入れ、スプーンで軽く混ぜる。
 そこに、少量のコーヒーフレッシュを加える。
「コーヒーフレッシュって、濃い感じがしますね」
「なんか、想像してしまいます…」
「すみれさんは、即、結びつけますね~」
「いえ、そういう意味では…」
「まあ、結構です。奈津美さんも、こちらに座って、採点状況を教えてください」
「はい。失礼いたします」
 トレーを置いてから、採点を記載した紙ばさみを持って、私の前に座る。
「それでは、最初の浴室の採点から、お願いいたします」
「かしこまりました。最初の浴室の採点は…」
 奈津美が、先ず個人の点数を述べてから、端的に、良し悪しの具体的な点について触れる。
 次いで、朝食のおもてなしの採点は、すみれから報告された。
 指示しておいた、一美の放尿姿も+@、加点されている。
 次いで、ひとり遊びの採点。
 まだ、2人の間の点数調整ができていないので、それぞれから報告してもらった。
「概要は分かりました。全員、合格ラインは全種目達成と言うことでよろしいですね」
「はい、大丈夫です」
 奈津美が自信ありげに、即答する。
「ひとますは、良かった」
「11時からの緊縛責めは、どんな内容で参りますか」
「そうですね。単に縛られるだけではだめですから、相互に2~3種類の縛りを交互にしてもらいましょう」
 すかさず、すみれが質問してくる。
「研修生は5名ですので、1名空いてしまいますが」
「そこは、研修生に縛り役をしてもらい、奈津美さんとすみれさんが、交互に縄を受けていただくしかありませんね」
「それでは、採点が、中途半端になりそうです」
「それは、採点者が縄に感じてしまうからですか?特に、アスカさんですか?」
「まあ…、そんな…」
 すみれは、パッと赤面する。
「まあ、良いでしょう。止むを得ませんね、洋子女将にお話しして、アスカさんに出ていただきましょう」
「かしこまりました、早速お手配いさせていただきます」
 奈津美が淡々と答える。
「それでは、お願いいたします」
 奈津美は席を立つと、携帯で洋子女将に連絡を入れた。
 奈津美は、頻りにうなずき、そして深々と礼をした。
 よし、大丈夫だな。
「あと20分ほどで、11時になります。私共は、先に試験場に向かいたいと思います」
「わかりました。お願いいたします」
 奈津美とすみれが立ち上がり、一礼して部屋を出て行った。
 さて、私も一服したら、会場に向かうこととしよう。
<続く>
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/450-8a17d653

| メイン |