FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
【雪風流・空想小説】奉仕の宿・5日目・最終日 お昼休憩2
2014/01/18(Sat)
 前回 奉仕の宿・5日目・最終日 お昼休憩1


 エレベータに乗って、1階のレストランに向かう。
 奈津美とすみれは、昼食の「特製のおかゆ」が、どうした、こうしたと、色気よりも、食べっ気の話題に集中している。
 わたしは、その会話を聞き流しつつ、先ほどの女将の依頼をどうしようか、考えていた。
(女将の頼み、どうしようか。悩むな)
「1階に到着いたしました。どうぞ、レストランにお進みください」
 洋子女将が案内する。
「ありがとう」
 お礼を言いながらも、どうしたものか、考える。
(いや、今は研修生たちの試験に集中しよう。その後に考えよう)
 腹を決めれば、後は気にせず修了試験に集中できる。
「よし」
 気合を入れてみる。
「AO様、気合い入れて、何かございましたか」
 そう尋ねる、すみれ。
「いやいや、午後の試験もしっかりしなくては、という気合ですよ」
「そうですね。残りの課題も少なくなりましたしね」
「午後は、彼女たちの耐性を試してみたいと思います。やはり、ソフトといえどもSMですから」
「そうですね。午前中はどちらかと言えば、緊縛、快楽系の試験が続きました」
 奈津美が応える。
「どうぞお席へ」
 洋子女将が席に案内してくれる。
 ウェイトレスが、早速「特製おかゆ」の入った器を運んでくる。
 3人の目の前に置かれた器を、一斉に蓋が外された。
 ファーっと、白い湯気が上ると、器の中が見えてきた。
 白い、いや少し黄味かがっているような感じ、そして細い透明なものも。
「こちらが、特製のおかゆでございます」
 洋子女将が説明を始めた。
「今回、最後の試験に臨んでおられるということで、料理長以下大変心配いたしまして、手軽に栄養、精気あふれる、吸収の良いものを考えてくれました」
「中身は、どんな材料をお使いですか」
「はい、それは…。まずは、一口、お召し上がりになってください」
「では、いただきましょうか」
「はい」
 奈津美、すみれとともに、レンゲを手に取り、軽く1口文を掬って口に運ぶ。
「おっ、これは…」
「美味しい!」
「素敵なお味~」
 一同、賞賛して、続いて二口目。
「何とも、飽きさせない、そして濃いかと思えば軽い、とも言えない。何とも、すーっと入りますね」
「ありがとうございます。料理長以下、厨房も喜ぶことと思います」
「そろそろ、種明かしをお願いしていただいてもよろしいですか」
「はい。では…」
 洋子女将が、うれしそうに説明を始める。
 簡単に言うと、和風のおかゆと中華風のおかゆをミックスして、さらに色々なエキスを加えているとのことだった。
 相当高価な材料も、使用されているようだ。
 ただ、町で買う材料と食材専門店から買う材料は、ルート、品質、その他諸々が異なるので、家庭では作れないものではないか。
 説明を聞きつつも、つい食べることに集中してしまいそうだ。
「すみれ様、お聞きになっておられますか?」
「は、はい。伺っています。ただ、あまりの美味しさに言葉を失うというか…」
「夢中になっていらっしゃるので。うふふ」
「ばれてしまいました。えへへ」
 そういうと、小悪魔ではないが、ペロッと舌を出した。
「その舌に、洗濯ばさみでも飾ってあげたいね~」
「美味しいお食事中に、AO様は」
「あははは」
 すみれの頬が、いたずらっぽく「ぷっ」と膨らむ。
 ホテル側の配慮で、軽いものではあるが、なかなか中身の濃いランチとなった。

「さあ、ご馳走様。さて一度、部屋にも戻りましょうか」
「はい、かしこまりました」
 3人して、テーブルを立ち、出口に向かう。
「ありがとうございました」
 洋子女将が、我々を見送ってくれた。

 部屋に戻り、午後の試験内容を再確認する。
 奈津美とすみれも一緒だ。
 さっそく、すみれが、飲み物を用意する。
「では、午後の試験の段取りを確認しよう」
「はい」
「最初に、グループ分けだが、3人と2人に分けないと、同時にはできないから、次のグループでどうかな」
 ①みずき、一美、菜穂子の3人クループ
 ②由美と宏美の2人のグループ
「よろしいかと思います」
 奈津美が賛同した。
「では、これで行くこととしよう」
 頷く2人。
「午後の最初は、耐性と反応を試してみたいと思います。なので、蝋燭と軽い鞭を施してみたいと思います」
「はい。お仕置きを受けたときの態度や姿を採点するのは、必要なことだと思います」
「鞭は、1本ですか?」
「いや、一般的な九条鞭にしましょう」
「かしこまりました。それでは、用意を指示しておきます」
「研修生の集合時刻は、何時にしてありますか?」
「はい。13:30にしてあります」
「結構です。今回のコスプレは?」
「はい。お楽しみ、ということで。うふっ」
「まあいいでしょう。では、それぞれ、用意をいたしましょう」

(つづく)
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/465-e395314d

| メイン |