FC2ブログ
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
【雪風流・空想小説】奉仕の宿・5日目・最終日 奈津美とすみれ⑤
2014/02/22(Sat)
前回  奉仕の宿・5日目・最終日 奈津美とすみれ④


「今度は、すみれさんの番ですね」
「はい。よろしくお願いいたします」
「では、立ったまま、足を開いて」
「はい。こんな感じでよろしいでしょうか」
「そう、いい感じです。大丈夫ですよ~」
 スカートをたくし上げてから、パンティストッキングを膝まで下げる。
「すみれさんの秘苑も、触診いたしましょう」
「ありがとうございます、AO様。どうか、すみれのおマ○コを触って、楽しんでください」
 パンティの全面から手を差し入れると、最初に密林があるので、そのデルタ地帯をやさしく撫でていく。
「あぁーー。もっと、下もお願いいたしますぅ~」
「ここですか」
 さらに手を伸ばして、密林をかき分けると、クリちゃんを包む皮にあたる。
 包んだままの状態で、円を描くように刺激を加える。
「あぁ~~。き、気持ちいぃ~~ですぅ~~」
 そして、クリちゃんを包む皮をむき上げて、直接刺激する。
「た、たまりません~~」
 腰をよじって悶え続けるすみれ。
 今度は、さらに下に手を伸ばし、秘苑の中心部に指を這わせる。
「おやおや、先ほど拭き取ったはずのマ○汁が、また溢れていますよ」
「は、恥ずかしいぃ~~」
 指を軽く入れようとすると、ニュルっと吸い込むように秘苑に中指が没した。
「おやおや、いけないおマ○コですね。指を誘い入れましたよ~」
「あぁ~~ん、恥ずかしい、お、おマ○コで、も、申し訳、あ、ありません~~」
「クチュ、クチュ、音も出てますね~」
「い、いけない、すみれのおマ○コですぅ~~」
 そっと手を抜いてから、バイブをすみれの秘苑に入れ、さらにローターも。
「AO様ぁ~。バ、バイブとローターのスイッチを、お、お願いしますぅ~」
「では、入れますよ」
 すみれに入れたバイブとローターが、秘苑で動き出す。
「あぁ~~~。き、気持ちいぃぃ~ですぅ~~」

 奈津美は、先ほどからのバイブ責めに、艶やかな声を上げつつ、感じまくっている。
「奈津美さんには、新たな刺激が必要ですね」
 そう言いながら、手元の一本鞭を取り上げる。
「すみれさんは、私の前に跪いてください」
「は、はぁ~~い」
 私は、上着、そしてズボンを脱ぎ、シャツ、ランニングも外して、トランクスだけの姿になった。
「ほら、すみれさん。最初に貴女の舌技を確かめさせていただきましょう。お口を開けて、こちらに」
「はい、あぁぁ~~ん」
 トランクスから、主砲を取り出し、そしてすみれの口から伸びている舌に乗せる。
 すみれは、舌を伸ばしたまま、主砲を乗せて、前後に動く。
 主砲の腹の部分に、すみれの唾液が絡みつく。
「今度は、口に咥えなさい」
 言われたとおり、主砲全体を口で包むと、舌を主砲の先端部で回転するように嘗め回し始めた。
「なかなか、良い感じです」
 しばし、その感触味わう。

「では、奈津美さんには、新しい刺激を差し上げます。お尻を持ち上げて」
「はぁ~い」
 少しであるが、ヒップが持ち上げられた。
 一本鞭の先端で、ヒップに円を描くように、撫でまわす。
「では、バイブの甘い感触と、鞭の強い感触を同時に味わってもらいます」
「AO様。な、奈津美のお尻に、お仕置き、お、お願いいたしますぅ~~」
「では、いきますね」
 手に持った一本鞭が、奈津美が持ち上げているヒップをめがけて振り下ろされる。
 ビシッ!
「あっ!、うぅ~ん」
「もう一つ」
 先ほどは、右だったので、今度は左側に下ろす。
 ビシッ!
「あっ!、うぅ~ん。も、もう一つ、お、お願いいたしますぅ~」
「いきますよ」
 ビシッ!ビシッ!
「あっ!、あっ!」
 左右1発ずつ、連打で行ってみる。
「今度は、リズミカルに行ってみましょう」
「は、はい。お願いしますぅ~」
「それっ!」
 ビシッ!、バシッ!、ビシッ!、バシッ!、ビシッ!、バシッ!
「あっ!、あっ!、うっ!、あっ!、あっ!、うっ!」
 続けざまの鞭は、良い刺激を加えながら、非常な音を立てつつも、奈津美の口から吐息を吐き出させている。
「あと、10回。行くぞ!」
「は、はい。ありがとうございますぅ~」
 低く唸るバイブとローター、そして刺激的な音を立てる鞭との三重奏。
 股間では、すみれが、おいしそうに、主砲を咥えて離さない。
(つづく)
この記事のURL | 奉仕の宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/477-9b7f45b1

| メイン |