FC2ブログ
2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【雪風流】<リアル体験>  コスプレ・セーラー服②
2014/05/20(Tue)

【IBさん】
 今回の隷嬢は、5、6年前に某クラブで出会った、20代後半の女性。
 関東在住ではなくプレイをするために、土日を使って、上京してくる隷嬢だ。
 話を聞くと、どうも私の出身地の近所に住んでいるらしい。
 そんなことで、故郷話も、そこそこしつつ、緊張感を和らげてからプレイに臨む。
「きょうは、セーラー服だけど、昔着たことありますか」
「わたしのしころは、ブレザーだったので、ここでないと着る機会がありません」
「そうですか。私は、縛る前に、いろいろさせますけど、できますか」
「は、はい。店長さんから伺ってはいますので、がんばります」
「では、プレイを始めましょう。最初に挨拶をしてください」
「はい」
ib001.jpg

 そういうとIBさんは、私のすぐ前に来て、土下座をしてから深々と頭を垂れた。
「ご主人様、本日は、ご調教、よろしくお願いいたします」
 しばらく、そのまま下げた頭を見る。
 こちらが、許可しない限り、面を上げることはできないはずだ。
「では、面を上げてください」
「はい。ご挨拶の出来栄えは、いかがでしょうか」
「きちんとできましたね。よく、こちらのクラブのコンセプトを理解していると思います」
「ありがとうございます」
「さて、では立ち上がっていただきましょうか」
「はい」
 私の前にスクッと立つIBさん。
「早速ですが、スカートをゆっくりと上げてもらえますか」
「はい」
 IBさんは、スカートの裾を摘み、ゆっくりと持ち上げるが、パンティまで見えない。
「もっと上げないと、パンティが見えません」
「も、申し訳ありません。もう少し上げます」
 スカートを上げるスピードが、ゆっくりと散漫となる。
「もう少し上げて」
「は、はい。このくらいでよろしいでしょうか」
「スカートを左右に少し引いて」
「は、はい」
 これで、IBさんの秘苑を包むパン亭は、前面全体を表すことになった。
「少し、足を開いて」
「は、はい」
「では、触っていきますよ」
「は、はい。お願いします」
 内股に、手を当てると、IBさんの体温が感じられるとともに、一瞬、鳥肌となる。
「緊張してますね。チキン肌になりましたよ」
「は、はい。こんな感じにされたことがないので…」
 多くの会員さんは、最初は緊縛や全裸を求めることが多いのだという。
 なので、着衣緊縛や緊縛前の余韻を楽しむ、私のような会員は珍しいらしい。
 内股を触る手が、徐々に上に進み、そして先ほど露わとなったパンティのゴムを乗り越えて、密林に侵入する。
 クリ○リスを刺激しつつ、割れ目に指を這わせると、すでに秘苑から、粘着度の高い液が指に絡む。
「このヌルヌルは、何ですか」
「か、感じちゃってます」
「何が、どう感じているのですか」
「あ、あの、お、おマ○コが、その指でいじられて、感じて、ヌルヌルに…」
「このヌルヌルしたものは、何と言うのですか」
「わ、わかりません」
「マ○汁って言いますよね」
「い、いやらしい…響き」
「IBさんが、おマ○コ触られて、感じちゃってますね~」
「ご、ご主人様、すごく、いやらしい言い方ですぅ」
「だって、ヌルヌルじゃないか」
「か、感じてます、からぁ~。あぁ~」
 縛る前に、しっかりいたずらして、感じさせる。
 そして、私も立ち上がり、着衣緊縛に移行する。
「では、手を後ろに回して」
「はい。これでよろしいでしょうか」
「いいね。では、縛りはじめます。痛かったり、無理があるようなかんじのときは、すぐ言ってください」
「はい。ありがとうございます」
 いつも通り、声を科ながら、バストの上下に縄をかけ、後手部分にきちんと止めていく。
「無理な部分はないかな」
「はい。大丈夫です」
「では、前にかけていくよ」
 背中から、全面に縄を回し、そしてバストを横に走る縄に引っ掛けて、上半身を固定していく。
 足らない時は、継縄をして、今度は腹部に二重に縄を回しておく。
 これで、スカートを持ち上げることができる。
 縛りが完成すると、手でバストを揉みつつ着衣を乱していく。
 そして、パンティの上から手を差し込んで、秘苑を刺激した上で、ローターをバストとクリ○リス近辺に装着する。
 ブーーーン。
「あっ、あぁーーー」
 このローターの低音と艶やかな言葉はセットになると、こちらの気持ちも高ぶってくる。
 しばらく反応を楽しみながら、テーブルの上の飲み物を口にする。
 そして一服。
「今度は、バイブにしようね」
「あぁ~~」
 パンティの中てローターが暴れているが、それはそのままにして、バイブを手に取る。
「少し、足を広げて」
「あぁ~~」
 艶やかな声を出しつつ、私の指示に従う。
 パンティの横のゴムをずらして、バイブのスイッチを軽く入れ、秘苑の割れ目にバイブを当てテイク。
 もう、割れ目からマ○汁が、零れんばかりに溢れている。
 バイブの先端もヌルヌル。
「ほら、入れてあげよう。お待ちかねのバイブ」
 ゆっくりと、割れ目にバイブを差し込んでいく。
 マ○汁のおかげで、スムーズに秘苑にバイブを埋め込むことができた。
 抜けないように、パン亭を元の位置に戻す。
「では、少し強くしてみようかね」
 バイブのスライドスイッチを少しずつ上げていく。
「あーーーー」
 と一段と大きな喘ぎ声を出しながら、体全体がのけぞる。

 15分ほど、緊縛のままバイブとローターで責め上げる。
「あぁー、ご、ご主人様、い、逝って、いいですかぁ~~」
「もう少し我慢しなさい」
「だ、だめですぅ~」
「今逝くと、もっとお仕置きするよ」
「い、逝きたいですぅ~~」
「よぉーし、お仕置き覚悟で、逝ってみなさい」
「は、はぃ~~。あ、ありがとうございますぅ~~」
 そういうと、IBさんは、立ったまま、ビクン、ビクンと体が波打ち、逝ってしまった。
 崩れかねないので、当然だが、身体は、私が支えている。
 感激が収まると、IBさんは虚脱気味になった。
 目がトロ~ンとなって、うつろな表情だ。
 一度、縄を解き、アイテムを外そう。

 しばし休憩して、今度は後手縛りのまま、マッサージチェアに座らせる。
 開脚した足が閉じられないように、固定して、ネチネチとバイブ、そし洗濯ばさみなどで責め上げる。
「あぁーーー。も、もう、おかしく、なりそうぉ~」
 また、再び快楽の波が押し寄せて、そのまま逝ってしまった。

 私への奉仕は、どうするんだろう。
ib002.jpg

(IBさん・おわり) 
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/05/30 17:06  | | #[ 編集] ▲ top
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/01 12:35  | | #[ 編集] ▲ top
- YZさまへ -
昨日は、楽しい時間をありがとうございました。
ただ、だいぶ調子に乗りすぎてしまい、失礼いたしました。
また、ぜひ、ご一緒できることを楽しみにしています。
雪風
2014/06/01 21:07  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/496-00227566

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。