FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
【雪風流・体験記録】 ナース(コス)調教②
2015/10/23(Fri)
 鑑賞を終ると、私の服を脱ぐのを手伝わせます。
 そして、私も全裸となり、シャワールームへ、移動します。
 ここは、私がリード。
 そして、ひと時、主従関係はお休みしつつ、雑談を交わしながら、シャワーで全身を洗わせます。

 風呂上がりは、絶対ビール、しかも「エビス」です。
 至福の時間は、より良いものを飲みたいので、必ず「エビス」です。
 ※琥珀があるときは、琥珀エビスですけれど。

 さて、しばし歓談の後、いよいよプレイにしいります。
 持参させた白衣(ナース)に、着替えてもらいます。
「では、白衣を着用してください。ブラ、パンティももちろん着用してください」
「はい。では用意します」
 フォトは、着替え終わったところで、待ちのポーズで、パチリ。
m06.jpg

「如何ですか、ナースになった気分は」
「コスプレはしたことがないので、なんか恥ずかしいような、変な感じです」
「もっと、恥ずかしいことを、してもらいますが、できますか」
「はい、がんばります」
m07.jpg

 それでは、毎度お馴染のポーズからしてもらいましょう。
「さて、それでは、まずねスカートを、ゆっくり持ち上げてくれますか」
「は、はい」
 パンティが、ちらりと見えるところで、手が止まる。
「それでは、スカートの奥が見えません。よく見えるように、上に上げてください」
「は、はい」
 言われたとおりに、腰のあたりまでたくし上げる。
「良い眺めです。パンティがまぶしいですね~。どうですか、ご気分は」
「恥ずかしいです~」
「全裸より恥ずかしいかもしれませんね」
「そうです」
「ては、笑顔で、1枚いただきましょう」
 パチッ!
m08.jpg

 彼女はまだ緊縛の経験が少なく麻縄の経験がないので、今回は「赤の綿ロープ」で緊縛することにした。
 赤は、白衣にも映えます。
 いつも通り、後手縛りにします。
 モチモチっとする体に、赤の綿ロープが絡んでいく。
 ピッタリだ。
 本人が、どのように縛られているかを確認させるため、洗面コーナーに連れていく。
「どうかな?こんな感じで縛ったよ」
 鏡に映る自分の緊縛姿に、しばし体を左右、前後に移動させながら、どうなっているかを理解させる。
m09.jpg

「背中を、鏡に向けてご覧」
「はい。すごくきれいにできてますね。なんか、すごい」
 大いに感心させられました。
m10.jpg

<続く>
この記事のURL | 志願者調教日誌 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/534-37ff2603

| メイン |