FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【初心者隷嬢・初調教】縄はじめ1
2009/07/11(Sat)
【雪風流調教とは】私「雪風」の自己流のSMパターンを指す。具体的なイメージを持ってもらうために、これまでの体験を何回かに分けて書いている。

【新人さんの調教訓練1】
 もう10年くらい前になるだろうか。
 その頃は、M女と知り合うすべもなく、インターネットのアダルトサイトも、ことSM系は良心的なサイトが少なかった。
 どうしてもプレイをしたいときは、鴬谷の「T」さんのところにお願いしていた。
 ここは、顔見せもないし、電話だけで隷嬢を指名する。しかし1回も「はずれ」には当たったことはない。態度、言葉遣いなど、きちんとした教育が施されており、自分流を堪能できる。
プレイ代金は高めだが、今もある「○○は追加で○千円」というオプションは一切ない。私はしなかったが、ハードもスカトロもできる隷嬢ばかりであった。
 最近、某SMクラブに「T」での勤務経験がある隷嬢が入店した時のコメントは、「あの伝説のTに在籍していた」と、すごい驚きをもってブログを書いていた。

 今回は、そのTではなく、大塚にあった「S」というクラブでのこと。
 初回訪問してから、店長さん(自称S女と言っていた)と意気投合。出勤の隷嬢の写真を貼ったアルバムを見せてもらっていても、出勤していない隷嬢まで、詳しく説明してくれる。私が経験していない縛り方を教えてもらったこともある。
 最初に出してくれる麦茶も、つい話にはまってしまい、要求せずともお代りをいただいた。
 そんなことから、数カ月に1回程度訪問するようになり、メールでの連絡も取り合うようになった。

 ある日「これまで全くSM未体験の子が入店したので、ぜひ初調教を雪風さんにお願いできないか」との連絡が入った。
 これまで色々なクラブに出入りしたが、初体験の隷嬢は初めて。基本料金だけで良いので、ホテルに入るところから、出るまで訓練として、ぜひお願いできないかとのこと。
 私のつたない経験で役立つかどうかわからないがと断りつつも、お受けすることとした。

 当日、事務所に伺うと、いつも通り笑顔で店長さんが迎えてくれた。
 奥の控室から、「Yちゃん、こちらに来て」と訓練生を呼んだ。
 最初の印象は、20代前半、まだ学生っぽいかなと思いつつも、素直そうな子という感じ。スタイルも悪くない。
 「Yです。本日は、よろしくお願いいたします」
 「雪風さん、彼女まだ専門学校生なんですよ。でも、SMにすごく興味があって、ぜひ体験したいということで来てくれたんです」
 「Yちゃん、それじゃ出かける用意してくださいね。あと雪風さんはコスプレが要るから、忘れない様に」
 店長さんの指示に素直に従い、控室に戻っていった。
 「では、よろしくお願いいたします、いつものところで待ち合わせて、連れて行ってください」

 私は事務所を出て、いつもの待ち合わせ場所に。
 5分ほどで、Yちやんは出てきた。
 「よろしくお願いいします」と、ぺこりと頭を下げたが、緊張感は隠せない。
 事務所からホテルまで5分ほどあるので、アイスブレイクをして、少し緊張もほぐれたようだった。



 ホテルは、たまたま満室。でもあと5分ほどで空くという。
 いつもなら他のホテルに行くところだが、大塚はここのホテル以外は、狭いか古い。
 仕方なく、ロビーの一角で待つことにした。
 待っている間も、2組位カップルが部屋を探しに来たが、あきらめて帰って行った。

 やっと部屋が空き、部屋の鍵を受け取り、部屋に向かった。訓練生のYチャンは段々と、無口になり、緊張感が増しているのがわかる。

 部屋に入り、荷物を置かせ、座るように促す。「はい」とだけいうのが精いっぱいか。
 最初は、まずご挨拶の仕方から。
 床に正座させ、「Yでございます。本日はご指名をいただき、ありがとうございます。ご調教、よろしくお願いいたします。」
 2~3回繰り返すと、ある程度なじむ感じが出てくる。

 次に、浴室の準備をさせる。
 勝手がわからないようなので、言葉をかけながら用意をさせる。バスマットを敷いたり、タオルの配置、浴槽にお湯を溜めさせるなど。
 そして応接セットに戻り、お湯が溜まるまで、今度は調教道具の用意をさせる。
 Yちゃんは、中を良く見てこなかったらしい。出されるバイブやローターなど、仕入れたままの未開封の状態。電池の入れ方から解説、ティッシュペーパーをテーブルに敷き、コンドームを装着させて置かせていく。
 綿ロープも、そのままだ。一度解き、タオルで掴み、引いていく。
 「なぜ、そんなことをするんですか」と聞かれた。
 「いくら柔らかい綿ロープと言えども、もしささくれがあったら、肌を傷つけるじゃないか。縛られるのはあなたなんだよ」
 「あっ、そうですね。良くわかりました」
 緊張も手伝ってか、自分がこれからSMプレイをするということに直結できないでいるらしい。

 そろそろお湯が溜まったようだ。
 「じゃあ、シャワーに行こう。私の服を脱がせてみなさい」
 「はい、失礼いたします」
 ぎこちなく、私のネクタイに手をかけた。
 「少し震えているようだね。これまで男性の着替えの手伝いをしたことはないのかね」
 「はい、ありません。ネクタイを取るのは初めてです」
 外したネクタイを、どこに置いてよいのかもどぎまぎしている。ハンガーに掛けるように指示する。
 一応、最後のパンツまで、ぎこちなく、脱がしてもらったが、ちょっと新鮮かなと思う。




 私はタオルを腰に巻き、「今度は、私が君を脱がしてあげよう」と声をかける。
 「はい、よろしくお願いいします」
 私は、ブラウス、スカート、そしてパンストを次々に脱がし、たたんでいく。
 「ブラのホックは前?それとも後ろ?」
 「はい、後ろです」
 「じゃあ、背中を向けて」
 「はい」
 ここは、ゆっくりとブラのホックを外し、肩ひもも外して、カップを取る。
 両手で、胸を隠している。
 「今度は、パンティーだよ」
 「はい」
 パンティーの両脇に手を入れ、ゆっくり下げていく。緊張の度合いが増しているようだ。
 パンティーを足もとまで下げ、足を抜くように促す。

 ここは、あくまでじろじろ見たりせず、おさわりも後のお楽しみだ。
 「さあ、シャワーに行こう」

 ★本日はここまで。続きは、後日★
 

 SMを体験してみたいが、怖さが先行してメールをできない貴方。
 期待は、日々高まっているのではないかな。
 勇気を持って、雪風に相談のメールを送ってみなさい。
 私は、体験志願者にも、紳士的に接していくことをモットーとしている。
 私はソフトプレイ志向であるが、Sである。Sは、Mを可愛がると言うよりも守るという心と行動が大切だと思う。
 しかも、プレイは相互の信頼感、心のキャッチボールを繰り返しながら進めていく必要があると、常々感じている。

 【体験志願者へ】 

雪風流SM調教志願 mail


 初対面でいきなりのプレイはしない。必ず面談を行い、志願者と私のSM感とが合うかどうかを判断する。その上で、プレイを行うかどうかを決めさせていただく。あらかじめ了知のこと。
 志願者は、【志願者心得の条】を、必ず一読すること。
志願者心得の条




この記事のURL | 某クラブにて | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
このような体験は、雪風さんならばこそなのでしょうが、その分余計に興味を持って読ませていただきました。
続きも楽しみです。
2009/07/13 12:59  | URL | ムクムク #HfMzn2gY[ 編集] ▲ top
- Re: 【初心者隷嬢・初調教】縄はじめ1 -
ムクムクさん
いつも、コメントありがとうございます。
思い出しながら書き綴っていますが、肝心のところは
外さないように、そして、ぜひ体験していただきたいと、
勝手に思ってます(笑)。
2009/07/13 20:48  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
- さすがですね -
丁寧で用意周到な様子が伝わってきます。
さすがですね。
私も焦らずこういう平常心を身に着けたいです。
勉強になります。
2009/07/16 20:07  | URL | 亮 #4yLSmPWY[ 編集] ▲ top
- Re: コメントありがとうございます。 -
いつも、コメントありがとうございます。
初心者M子さんの教官になった感じで、色々教えるのは
結構面白く、向いているのかもしれません。
主と奴隷の関係で進めるのもいいですが、無垢のM志願者
を一歩ずつ教えていくのも、結構楽しいの感じですが、
普段のプレイより気を使いますね。
今後とも、よろしくお願いいたします。
2009/07/16 20:56  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/54-f3b11de8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。