FC2ブログ
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【初心者調教・初調教】縄はじめ2
2009/07/20(Mon)

【雪風流調教とは】私「雪風」の自己流のSMパターンを指す。具体的なイメージを持ってもらうために、色々な話題で何回かに分けて書いている。


【シャワールーム】
 シャワールームには、私から先に入り、タオルの置き場をチェックしながら、Yちゃんにも入るように促す。
 「まずは、シャワーーの用意をしよう。椅子があるときは、ご主人様に先に座ってもらうように」
 「はい」
 「シャワーの温度を、手で確かめて。自分のが良いと思っても、少しぬるめに出すんだよ」
 「はい」
 Yちゃんはコックを廻し、手のひらにお湯を当てながら温度を調節している。
 「このくらいで、どうでしょうか」
 私にいきなりかけようとするので、ちょっと待った!
 「だめだよ、いきなりかけちゃ。まずは自分の掌で確かめて。」
 「そう、少し温めにしてから、ご主人様の手にゆっくりと、かけていくんだ」
 「君だって、いきなりお湯をかけられるのは、びっくりするだろ」
 「ごめんなさい、そうですね」
 ここで、本当は言葉遣いまで直させたいが、そこまで言うとYちゃんは委縮してしまうだろう。
 頑張ろうとしているのだから、もう少し我慢。
 「そうだね、少し温度をゆっくり上げて。そうそう、ちょうどいいじゃないか」
 「そうしたら、「失礼します」と言って、首のあたりからゆっくりかけていくんだよ」
 「はい」
 少しうまくいったと思い、「ほっと」しているらしい。
 私は、自分から動いて、前面と背中を流してもらった。



 次は、石鹸の使い方。そしてご主人様の体の洗い方と、次々と指示を出す。
 そうしないと、まごつくだけで、時間がどんどん過ぎていく。
 特に大事なことは、今日のご主人様にイソジンなどのうがい薬を使用していただくこと、
そして今日のご主人様の秘部の洗い方、見極め。自らを守るためには、非常に大切なことだ。
 (この部分は、体験志願者にマンツーマンでご教示しよう)

 湯船にご主人様に入っていただくように促し、その後、自分自身の体をしっかりと洗うが、あまり時間をかけている訳にはいかない。
 「私が、湯船に入っているうちに、体を流してしまいなさい」
 「はい」
 「あまり、時間をかけてはだめだよ。要領良く、しかも要所要所はきちんとね」
 「わかりました」
 Yチャンは、全体にシャワーを流し、ボディーソープで体を洗っている。
 「気になるところだけ、きちんと洗いなさい。今日のシャワーは1回目。今夜何度か浴びることになる」
 「しかし、お客様は君と今日入るのは初めてだ。だから、要所だけでも、しっかり洗っていることを見せないとね。」
 「はい」
 Yちゃんは、なかなか素直だ。



 洗い終わって、立ち尽くすような感じになったので、一言。
 「君も入るかね?」
 「よろしいんですか」
 「いいよ。ただ、1日に何度も入ると体力を消耗するから、お気に入りのお客様だけでも入るようにした方がいい」
 「ここで、スキンシップが取れることもあるから、大事な時間だよ」
 「はい」

 暫く、雑談と浴槽でのプレイの話をしてみる。
 興味はあるようで、いちいち納得する表情が何とも言えない。

 余り長時間浸っていると、こちらがダメになってしまそうなので、湯船から出るように促す。
 「先に出て、タオルの用意をしなさい」
 「はい」

 出口のマットで、タオルを持ってご主人様をお迎えする。
 「最初は、首から下を拭いていこう。その次は背中、大事なところは丁寧に拭くんだよ」
 「こんな感じでよろしいですか」
 うまいじゃないか。でも、壊れ物を拭いているような感じも受ける。
 「足は片方ずつ、タオルで包むようにして、上から下へ。逆撫ではだめだよ」
 意味がわかっているかな?逆撫でしない理由が。
 
 「最後は、腰にタオルを巻く。後ろから包み込んで、前でとめる。そうそう」
 なんとか、合格だ。
 「今度は、あなたが拭きなさい。私は、部屋で待っているから」
 「持って来た制服はどうしますか?着た方がいいですか」
 「汗が引くようだったら着てきなさい、そうでなかったら、少し休んでからでいいよ」
 私は、特にこだわらず、バスロープを引き出して上から羽織り、ビールを探しに冷蔵庫へ。
  
 風呂上がりは、やはり炭酸だ。
 そして、プレイに入る前に、いろいろ教えておくことがある。
 
 ★本日はここまで。続きは、後日★
 

 SMとは、怖いものではない。SからMに対する一方的な加虐と理解している方もいるが、それは、私としては誤りだと思う。
 人はそれぞれ、性的な表現においても、一つとして同じものはない。
 嫌だと思っていても、体験せずして嫌だと言い切れるだろうか。
 また、興味がないのではなく、体験する勇気がなくて、「あんなこと」という言葉で片づけていないだろうか。
 勇気を持って、雪風に相談のメールを送ってみなさい。
 このメールは、相談も兼ねているので、真実を語るならば、真剣に相談に乗ることもできると思う。

 【体験志願者へ】 

雪風流SM調教志願 mail


 初対面でいきなりのプレイはしない。必ず面談を行い、志願者と私のSM感とが合うかどうかを判断する。その上で、プレイを行うかどうかを決めさせていただく。あらかじめ了知のこと。
 志願者は、【志願者心得の条】を、必ず一読すること。
志願者心得の条

この記事のURL | 某クラブにて | CM(4) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
うーん

イソジンと、ご主人様の秘部の洗い方、見極めって所が、わからないです。ハイ。

自らを守るためには…って事は、やはり感染症の予防とか、それに関連したことかなぁ?とは思うのですが

でもって、「この部分は、体験志願者にマンツーマンでご教示しよう」ってことだと、私も雪風さんから実地教育を受けないとだめかなぁ(笑)
2009/07/21 00:10  | URL | ムクムク #HfMzn2gY[ 編集] ▲ top
- Re: タイトルなし -
ムクムク さん
いつも、コメントありがとうございます。

色々と想像いただき、ありがとうございます。
そうですね、言わんとするところは、ある程度当たり前のことなので、
ムクムクさんは多分ご存じの内容だと思います。

体験希望の方へは、手とり、足とり、○とりでご教示いたします。
なお、志願者心得の条では、純女としていますが・・・(笑)。
2009/07/21 07:30  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
- 丁寧ですね -
さすがに丁寧ですね。
私がコレを真似て調教したくなりますよ。
毎回勉強させていただいています。
続きも楽しみにしていますね。
2009/07/21 18:39  | URL | 亮 #4yLSmPWY[ 編集] ▲ top
- Re: 丁寧ですね -
亮さん
いつも、コメントありがとうございます。
昔を思い出しながら書いているので、一部記憶不鮮明???
の部分はお許しください。

我流の教官ですので、今度肝心のところとか、是非ご意見を
いただきたいと思っております。
その節は、よろしくお願いいたします。
2009/07/21 20:50  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/58-9dbcb9f3

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。