FC2ブログ
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
【空想③】あの、あそこが熱く、なってきて
2009/01/31(Sat)
pantunugi_001.jpg



 「どうぞ、お確かめください」
 しかし、両足をきちんと閉じているので、これでは触る意味がない。

 「触りやすい、態勢になってほしいね、これでは、指でつつくしかできないよ」
 「は、はい…、いかがしたら、よろしいですか」
 「触ってもらうための努力は、自らが考えないといけない」
 「はい、そうしたら…、足を開いても、よろしいですか」
 「そうだね」
 美菜は、おずおずと、両足を開いた。
 でも、すぐは触らない。

 「いかがでしょうか、ご覧いただけますか」
 「お願いは?」
 「は、はい…、
 美菜のストッキング、パンティを、ご主人さま自らお触りいただき、確かめていただけますか」
 私は、無言で右手をひざの内側に差し伸べた。
 触れた瞬間、美菜がドキッとするように、ビクッとわずかに動いた。
 美菜の体温が感じられる。ほっとしたような温かさだ。
 やわらかく、優しく撫で始めると、美菜は体を固くしている。

 「感想を聞かないのかね」
 「は、はい…、
 いかがですかご主人さま、セシールの感触は」
 「そう、すべすべしていて、いい感じだね」
 「ありがとう、ございます」
 右手が、股間の中心部に近づいていく。
 美菜のため息が漏れる。
 そして、私は股間に手を当て、ゆっくりと前後に動かした。
 股間を閉じる仕草がわかる。

 「閉じては触れないよ」
 「…」
 私は、そのままゆっくりと、パンティーに指を這わせ、ゆっくりと前後に動かした。
 あー、というなまめかしい声が聞こえる。

 「あ、あの…、が、我慢できないんですけど…」
 「何が、我慢できないんだね」
 「は、はい…、あの、あそこが熱く、なってきて」
 「あそこ、とは、どこのことを言っているのかな」
 わざと意地悪に、聞いてみます。

 「あ、あの…、み、美菜の大事な、ところが…」
 「美菜の大事なところ?どこだね」
 「み、美菜の、いまご主人さまが触っている、ところです」
 「ここかね、ここには名前があるんじゃないの」
 「は、はい…」
 「それを、口に出していってごらん」
 「…」
 「言わないと、手をひくよ」
 「は、はい…、み、美菜の大事な…」 
 「大事な、何かね」
 「お、お○○こ、が熱いんです」
 一気に言うと、恥ずかしさでいっぱいなのか、上気した顔で、キッと口を喰いしばっている。

 「そうか、美菜のお○○こ、そのお○○こが熱いのか」
 「は、はい…」
 消え入りそうな声だ。そこがかわいらしい感じがする。

 「美菜のお○○こ、もっと触ってほしいか」
 「は、はい…、お願いします」
 「まだ、まだ、あとからだ、お楽しみに取っておこう、今度は、上を見せてもらおう」
 「はい」
 私は手を戻すと、ソファーに座りなおした。
 バスの湯音が静まった。部屋には、波音のBGMがゆっくり流れている。

この記事のURL | 空想日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
コメント
- Re: 【空想③】あの、あそこが熱く、なってきて -
いつも拝見しております

圭吾
2009/09/10 12:37  | URL | 圭吾 #KmWPbMmc[ 編集] ▲ top
- Re: Re: 【空想③】あの、あそこが熱く、なってきて -
いつも、ありがとうございます。
もっと文章力を高められるように、努力中です。
ご指導のほど、よろしくお願いいたします。
2009/09/12 01:52  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/9-671ed98f

| メイン |