FC2ブログ
2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
【雪風流・コスプレ】チアガール・番外編2-3
2009/12/13(Sun)
【雪風流調教とは】私「雪風」の自己流のSMパターンを指す。具体的なイメージを持ってもらうために、色々な話題で何回かに分けて書いている。
【コスプレ・緊縛】コスプレは、魔法のアイテムである。
 『令嬢』は、普段の姿から主の命ずる服装に着替えることで『隷嬢』へと変身し、SMの世界へと誘う。

 私は、聖ホープ学園チアダンス部コーチの大道寺です。
 ユキナに対する特訓第一弾は、先日お届けした。
 今度は、ホテルに入ってからのユキナの姿をお話ししよう。


【恥ずかしい姿を見てください】
 私は、再びユキナを車に乗せて、郊外のファッションホテルに車を入れた。
 ユキナは、黙って私の指示に従っている。
 部屋に入り、ユキナを座らせると、バスの用意をした。
「ユキナ、今日のお披露目はどうだった」
「もう、こんなこと、いやです」
「まあ、今度は二人きりだ。私の指示にきちんと従うことができれば、ダンスも上達するぞ」
「……」
「それから、これから行う特訓は、とても恥ずかしいことが色々ある。ただ、恥じらいを醸し出し、そしてチアダンスにそれを生かすためだ。それをきちんと理解しておくように」
 ユキナは黙ったまま、コクリとうなづいた。

「あの…」
「どうした。何か言いたいことがあるのか」
「あの…、あの、お洗面に行きたいんですが…」
「そうか、おしっこか」
「は…い…」
「じゃあ、しているところを姿を見せてもらおうか」
「…ど、どういう…こと…」
「ユキナが、おしっこしているところを見せてもらうんだよ」
「そ、そんな…」
「これは、恥じらいを醸し出す訓練と言ったばかりじゃないか。どうした、出来ないのか」
「…」
「返事がないな。別に我慢してもいいんだぞ。ここには今入ったばかりだ。特訓には、まだ時間はかかる」
「…わ、わかりました。お見せします」
「そうか。そうしたら、トイレに行こう」
 ユキナは、私の後からおずおずとついてきた。

 私は、トイレのドアを開けて、中に入るように促した。
「さあ、ご挨拶してみろ。これからユキナのおしっこをする姿をご覧ください、って」
「…コ、コーチ。これからユキナは…、お、おしっこをします。ど、どうか…、ご覧ください」
「良く言えるようになったな。ほめてやろう」
 ユキナは、泣きそうな顔をしている。
 きっと、大きくなってから今まで、親にも見せたことのない姿を、コーチである私には見せてくれる。
「ほら、早くパンティーを脱がないと、濡れてしまうぞ」
 ユキナは、パンティーに手をかけ、ゆっくりと降ろし、便器に腰かけた。
「良く見えないな。もっと股を開いて」
 ユキナは、顔をそむけたまま、ゆっくり股を開いた。
「おお、黒い茂みが見えるな。どこから出てくるのかな」
「…い、言わないで」
「出すときは、キチンと言うんだぞ」
「…も、もう、がまん…できません」
「ほら、挨拶してみろ」
「ユキナは、これからおしっこを出しますので、ど、どうかご覧になってください。あ~」
 そう言うと、ユキナは勢いよく、シャーっと放尿を始めた。
「こちらに、顔を向けて見ろ」
 そう言って、顎を掴み、私の方に向けた。
 頬に、涙が流れている。そして、私を睨むように鋭い目を向けている。
「どうした。特訓に耐えられないのか。まだ、始まったばかりだ」
「うっ、うっ…」
 股間から出ている飛沫の勢いが、緩やかになり、そして止まった。
「ほら、いつまでも泣いてるんじゃない。早くそこを拭いて、トイレから出てこい」
 私はそう言い置くと、先に部屋にあるソファーに移動した。
2009121301.jpg

 しばらくして、ユキナが後始末をして、トイレから出てきた。
 まだ、涙ぐんでいるようだ。鼻を、ぐすん、ぐすんしている。
「ほら、これから次のメニューに移るぞ」
「…は……い」
 しばらく落ち着かせる必要があるな。 
 私は、左記にバスルームの用意をすることにし、腰を上げた。
「今、バスルームの用意をしてくる。その間に、用意してきたコスチュームをテーブルの上に出しておけ」
 ユキナは無言でうなづくと、持ってきた袋の中から、コスチュームを取り出し並べ始めた。

【ユキナの舌の感触】
 私は、バスルームの用意をし、浴槽にお湯をため始めた。
 ユキナは、命ぜられたとおり、のろのろとコスチュームを並べている。
 有線から、音楽が静かに流れている。
 私は、特に波の音が好きだ。なぜか、ほっとさせてくれる。
 ユキナも、だいぶ落ち着いたようだ。
 そして、覚悟を決めたような雰囲気が感じられた。

「そろそろお湯が溜まるから、入ろう。その前に、私を脱がせてくれ」
 ユキナが近付いてきた。
「失礼します」
 そして、私の衣服を脱がせ始めた。
「もっと、笑顔を作って。ここは、女優だったら舞台だ。真剣に演技ができないとだめだ。チアダンスの大会の本番さながらのつもりで臨め」
「はい」
 ユキナは、笑顔を作ろうとしている。
「いつもの、新宿のバイトの雰囲気でもいいぞ」
「…は…い、じゃあ、そのつもりで…」
 ユキナは、完全に心を決したようだ。動きが、段々と良くなってきた。
「さすがに店に出ているだけあって、手際がいいな」
「あ、ありがとうございます」
 最後のブリーフまで丁寧に脱がしてくれた。
 倅は、しっかりと天を仰いでいる。後で、しっかりあそこに…。

「ユキナ。服を脱ぐ前に、私の倅が言うことを聞かないようだ。ユキナの口で清めてもらおう」
「もう、お恵みいただけるんですか。コーチのお○んぽ様を」
「そうだ、そういう言い方を待っていたんだ。演技ができないチアガールは、我が部には要らないからな」
「コーチのお○んぽ様、いただいてもよろしいですか」
「よし、しっかりと味わいなさい」
「あ、ありがとうございます」
 ユキナは、口の中にしっかりと唾液を溜めると、まず口から溢して私の倅にまとわりつけた。
「おー、暖かいな」
「頂戴いたします」
 ユキナは、最初に袋の部分を口に含み、ほうばった。チューチューといやらしく、私の袋を味わっている。
 そして、倅の先端部をチロチロと舐め出した。
「おー、いじゃないか。気持ちいいぞ」
 ユキナは、私の倅を軽く握りながら、竿を味わっているようだ。
 そして、口の中に唾液を溜めると、私の倅を口に含んだ。
「いいぞ、その調子だ」
 ジュルジュルと、いやらしい音がする。そして唾液が床に垂れている。
 舌を回転させ、倅に刺激を与えている。
 私は、ユキナの頭を掴み、ゆっくり、そして少しスピードを上げて前後させた。
「ムゥ…」
 ユキナは、私の倅の硬さを味わっている。
「どうだユキナ。俺の倅もいいだろう」
「…」
 ユキナは、何か言おうとしているが、言葉にならない。
 私も、段々といい感じになってきた。
「おっ、一度いきそうだ。出たら、思いっきり飲み込め」
「…」
「い、いくぞ」
 私は、ユキナの頭を激しく前後させた。さすがにホテトルで鍛えているだけあって、むせるようなことはない。
「おーーー」
 ドクン、ドクンと倅が白濁の液を、ユキナの口に注いだ。
2009121302.jpg

【続きは次回】




 【体験志願者へ】 

雪風流SM調教志願 mail


 初対面でいきなりのプレイはしない。必ず面談を行い、志願者と私のSM感とが合うかどうかを判断する。その上で、プレイを行うかどうかを決めさせていただく。あらかじめ了知のこと。
 志願者は、【志願者心得の条】を、必ず一読すること。
志願者心得の条



この記事のURL | コスプレ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
コメント
- はじめまして -
私は体操クラブで女子選手のコーチをしていました。このシリーズを拝見したところ当時を思いだし楽しみにみさせて頂いてます。

このシリーズの様に自分も選手が失敗した時やだらけている時など恥ずかしさを中心にしたお仕置きをさせていました。選手は強くなりコーチの私には絶対的信頼を寄せていました。

これからも続きを楽しみにしています。
2009/12/14 08:18  | URL | コーチ #-[ 編集] ▲ top
- Re: はじめまして -
コーチ様
コメント、ありがとうございます。
実際に、ご指導をされた方からのご感想をいただき、恐縮いたしております。
私自身、スポーツ系クラブは中学1年で体調不良もあって脱落してしまったので、
高校や大学の部活のノリを知らないので、申し訳ない限りです。
色々「耳をダンボ」にして、聞き込みを重ねて色々想像しながら書いています。
今後とも、ご指摘やご指導をいただければ幸いでございます。
2009/12/14 21:12  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
- 恥ずかしそう -
恥らう姿がS心を煽られるんですよね。
ユキナさんにはそんな恥じらいを感じました。
この後は恥ずかしいことをたくさんさせて
彼女を興奮させてほしいです。
続きも楽しみにしています。
2009/12/15 21:16  | URL | 亮 #4yLSmPWY[ 編集] ▲ top
- シリーズの中で -
コーチに完全に管理されている場面があると興奮しますね。例えば私が実際にさせていたのはトイレ、彼氏とのSEX、オナニーなどの許可申請と報告をお仕置きを兼ねた個別の反省会で義務づけるなどですが…

好き勝手言ってm(__)m
2009/12/15 21:38  | URL | コーチ #-[ 編集] ▲ top
- Re: シリーズの中で -
コーチ様
早速のご助言、ありがとうございます。
これは、私とすると思いっきり我慢できない感じです。
素晴らしいご助言をいただき、御礼申し上げます。
なんとか物語の中で実現できるよう、頑張ってみたいと存じます。
引き続き、よろしくご指導のほど、お願いいたします。
2009/12/15 22:33  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
- Re: 恥ずかしそう -
亮 様
いつも、コメントありがとうございます。
やはり、恥じらう姿をどのように表現できるか。
女の子の気持ちも考えつつ、頑張りますので、
また、ご指導のほど、お願いいたします。
2009/12/15 22:37  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
- Re: 【雪風流・コスプレ】チアガール・番外編2-3 -
 羞恥というのはやはりだいぶそそられますよねえ。
 これからどうなっていくのか、楽しみに拝見させていただきます。
2009/12/16 18:59  | URL | マスタ #qbsMFwgM[ 編集] ▲ top
- Re: Re: 【雪風流・コスプレ】チアガール・番外編2-3 -
マスタ 様
いつも、コメントありがとうございます。
やはり、私は羞恥責めが好みで、恥ずかしそうにしている姿を見るのが、
結構好みです。
色々とコメントをいただいたので、また文章を考えていきたいと思います。
今後とも、ご支援よろしくお願いいします。
2009/12/17 22:09  | URL | 雪風 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://nawagesyouyukikaze.blog81.fc2.com/tb.php/96-408ffd6d

| メイン |